« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

よいお年を

いよいよ今年も押し詰まりました。
今年一年のご訪問と温かい応援を誠にありがとうございました。
どうぞ皆々様、よきお年をお迎えください。

                        水無月右近
                        安孫子 良

|

2007年12月30日 (日)

“ついていったらこうなった2”

明日の午前、お時間が許せば以下の番組をご覧ください。(右近 記)

ついていったらこうなった2007 年末報告会”

詐欺に対する知識を得ながら笑って楽しめる番組にしようと
現在も奮闘しておりますので、
視聴者のみなさんに楽しんで頂けたら本当にうれしいです。

放送日:2007年12月31日(月)午前8:00~10:00
放送局:フジテレビ(関西では関西テレビ〈8チャンネル〉)

              (DテレビのSさんからのお勧めメールを抜粋)

なぜ右近もお勧めするかといえば、自費出版に関する詐欺性を取り上げようと情報提供者を探していたADのSさんが、私の「ひとり言」を見つけて連絡をくださったことがご縁です。出来る限りの情報を差し上げましたが、後日、自費出版のことが扱われなくなったと連絡をいただきました。残念ですが彼の権限で決まることではなく、仕方ありません。

しかしSさんは私とやり取りをするうちに私の本を読んでみたいと思ってくださり、買って読んでくださったのです。感動したという丁重な感想までいただき、恐縮しました。そこで、自費出版が取り扱われなくても見ますと私は宣言したのです。しかし時間が時間で、いつもなら夢の中。録画でもしなければ観ることができません。録画でも観てくださいと仰るので頑張って観ます。たまたま観たことがあるのですが、第一回目も好評だったようです。お忙しいとは思いますが、どうかご覧ください。詐欺の手口は知っておいたほうがためになりますよ。皆さんも是非ご覧ください。

それではひとまずお知らせまで。
清水さ~ん、宣伝しておきましたからね~!\(^o^)/

|

更新しました

「ひとり言」を更新しました。(『日常』のNo.32,33) よろしかったらお読みください。右近が潮時だと感じている道行考の運命やいかに。おやすみなさい。今日もお元気で。

|

2007年12月29日 (土)

雨です

季節はずれの大雨。天気予報ではそんな表現でしたが、皆さんのところではどんな雨ですか。落ち葉を掃き集めたゴミを出しに行って来ましたが、ただいま右近庵近辺は小雨です。午後からは上がるそうです。

私は具合を悪くして一日寝ていましたが、夜中に良くなって書けました。アップはもう少し待ってくださいね。今日は29日、押し詰まってまいりました。(“押し迫って”ではありません。間違わないで) お忙しいことでしょう。お気をつけて。おやすみなさい。

|

2007年12月27日 (木)

穏やかな日

右近庵はきのう暖かく、球根を全部植えてしまいました。今日も東海から西は暖かいそうですが、関東以北は寒いとか。お気をつけて。

ひとり言は2編書いてしまいますね。それからの掲載です。やはり年内に終ったほうがいいでしょう。もう一つ書きますね。少々お待ちを。

あわただしくなってきました。
どうぞ皆さんいろいろとお気をつけくださいね。では寝ます。

|

2007年12月26日 (水)

書き納めはひとり言かな

連載のひとり言を書いています。皆さんがいつ頃からお越しくださっているのか私には判りませんが、もしかしたらご存じない道行考の歴史には興味を持っていただけるのではと思います。最初から同道の皆様には懐かしんでいただけたらと思います。しかしさっき書いていたところはあのアクシデントなのですが、思い出しても腹が立って腹が立って・・。(笑) あんまりカッカすると眠れなくなるね。深呼吸っと。このシリーズは年内に完結と思ってはいますが、書き込みすぎたり大掃除をし過ぎると年越しになるかもしれません。そのときはご了承ください。

朝方は冷えますね。さてそろそろFuton in!(筏じゃありません。筏のある部屋は寒すぎて冬は使用不可) おやすみなさい。今日もお元気で。 

|

2007年12月25日 (火)

年賀状が終った♪

年賀状がやっと終りました。起きたら投函、これで元日に届きます。ふう。  今年はなんだか例年よりも添え書きの文が長めで濃い年賀状となりました。私も現役でHiroshiが居た頃は250枚から300枚くらい買っていたから、随分減りました。今年はミスもいれて丁度100枚になりました。ミス分まで計算していたようなこの仕上がり。とにかく終った終った~。ばんざ~い。

世間ではクリスマス・イブだったとか。(トボケすぎか) 皆さんは楽しいときを過ごされましたか? それとも寂しいときを過ごされましたか? 寂しかった人、人間はみな一人だよ。イブに一人も、なんでもない日に一人もおんなじ。本来のクリスマスの意味を考えたら、恋人が居る居ないは関係ない。なんでもない日とおんなじだよ。だからクサるなクサるな。元気に行こうぜ!イブを恋人となんてどこかの商戦だよ。ドンマイだ。

年賀状が終れば片付けや、おせちの準備に忙しかったけれど、今年はどこまでやろうかな。まずは片付けからやって、台所も片付けて、冷凍庫のスペースを空けて・・・といろいろやることはある。ひとり言の続きも書かなければならなかったね。うむ。呑気にしている場合じゃないな。焼酎をゆっくり呑むのは年末までおいといてっと。すぐに次のことに取り掛からないと。

さて今日が本来のクリスマス。あらためて皆さんにMerry Christmas! すべての人に生き物に、花に鳥に虫に魚に、風に雨に雪に霙に、山に海に平野に荒野に、地球に宇宙にMerry Christmas。では寝ます。
Jhon Lennonがかってきた右近より ♪So this is Xmas And what have you done Another year over And new one just begun・・・

|

2007年12月24日 (月)

ふう・・

やっぱり100枚では足りなかったな、年賀状。現在99枚になってしまいまして、買い足しは必至となりました。なんでこうなるのかなぁ。(笑) 皆さんはもう終わった? 私のように真っ最中?今はひと言を書いている段階だから楽勝。書くのは大好き。

書いているときに相手のことを思っているね。若いときの姿だったり、あったことの無い人はなんとなく風貌を想像したりして。私の場合、半隠遁生活だから、ほとんどの人が長いこと会っていない人たち。パソコンで年賀状を作る時代になっても、やっぱりひと言が嬉しいね。だから“今年から出さない組”は何も書いてくれない“おざなり組”の人たち。

図柄は毎年2パターン用意する。大人向きの“しっとり系”と若向き、親しい人向きの“カワイイ系”。どちらも消費し、現在“しっとり系”が1枚残っているだけになってしまった。買いに行かないと。そうか、今日は振り替え休日でクリスマスイブ。張り切っている皆さん、楽しみですね。素適な一日をお過しください。それでは寝ます。

|

2007年12月22日 (土)

言い出せなくて

私はずっと考えていたことがあります。このトークを毎日楽しみに読んでくださる皆さんに申し訳なくて、なかなか言えなかったのですが、思い切って言いましょう。こうしてどうでもいいことを喋ることはどうなんでしょうか。私は一応、文芸サイトのつもりです。ベラベラと喋るよりは、書くほうがよかぁないですか右近は。あるいは良という人は。えっ、どっちもやれ。ははぁ、それが出来たらいいですが不器用なものでしてね。

書くことと喋ることは同種類のようで、まったく異なるものなのです。対極にあるといってもいいかもしれません。で、私はやっぱり書く人でありたいのですねぇ。もともとこのような場は無かった訳でして、また皆さんとの“交流”も試みたことはありましたが、最初だけで現在はほとんど成り立ちません。啓発サイトでも交流サイトでもないのでそれでいいのですが、本来の文芸サイトに立ち返ろうと思っても、ネットでの作品公開自体に疑問を感じるようにもなってきました。ピンチ也、平成道行考。

詳しくはまた、年賀状が終わればひとり言に書きますが、ザルからこぼれるように言葉を出す自分に少々嫌気がさしています。喋るなんて誰にでも出来るからね。書くのは誰にでもできることじゃないから遣り甲斐がある。だけどずっと空っぽだと感じていたから、ゆっくりと自分に栄養を与えてやって、勉強もして、もう少し生き方や書くことの方向性を見極めてから、書きたいと思ってる。(来年は久々に長編を書くつもり) 何かこう、近頃私は遠くまでものが見えるようになってしまってね。(笑) もっと学んで枝葉末節ではなく幹、つまり自分の核となるものの考え方を身につけながら書きたいと思う。そんなことをずっと考えてる。

なんだか難しい話をしたね。週末から連休、そしてクリスマス。あぁ、half 坊主の右近にはそんなの関係ねぇ、です。しかし日々是好日。つまらないことであくせく悩んだり悔やんだり、マイナス感情に悩まされるあなた、それらから自分を解放してやってごらん。とっても気持ちいいんだから。さて寝るか。おやすみなさい。今日もいい一日でした。

|

2007年12月21日 (金)

年賀状

年賀状の数をどのように減らすか。毎年考えます。切れないのは年賀状付き合いのみの30年選手。今はお互いどんなふうになっているのか判らず、若いままの姿が眼に浮かぶ。きっと私も若い姿を思い出されているんだろうな。なんて考えてると“出さない組”に回せない。回してもまた戻してる。(笑) 今年、30年選手の方から切られてましてね。几帳面で元日必着組の人。けれど私は出してたから、遅れて返事が届いてまた復活。そういうケースもある。その人は現在迷ってて保留。(笑)

それでも今年は百枚に収めようと思って、それだけしか買わなかった。もらって無条件に嬉しいのは教え子からのもの。さっきから今年貰ったのを一枚ずつ見てたよ。あの子がねぇ、お母さんに。あの子がお父さんに。と頬がゆるみます。よし、教え子にはおもいっきりお便り的な年賀状にしよう。みんなビッシリ細かい字で書いてくれてるし。うれしいものです。

年賀状って、面倒だなと思っても来ると嬉しい。無いと寂しい。私くらいかそれ以上になれば、これこそ生存確認ですね。出さなかったらイッたと思われるかも。という訳で、30年選手には今年も全員書くといたしましょうか。私の友人に、来た人しか出さない奴がいます。これはいい考えだと思いましたよ。友人曰く、自分に出してくれた人の気持ちはうれしいから、心をこめて丁寧に書くのだと。いつも凝った賀状が来ますね、お正月が明ける頃に。(笑) 事務的なものを減らし、出したい人にだけ楽しんで書けば年賀状はきっと楽しい。そう思わない?

今日は早めに出てきました。それでは皆さん、お元気に過ごしてください。さて、お茶でもいれて本でも読みましょう。あぁ、今日はよく動いた。よく用事ができた。満足、満足。おやすみなさい。

|

2007年12月20日 (木)

寒さゆるむ

暖かかったので庭作業。春と秋の二回咲くキンモクセイというのがあるようです。苗木を買っていたのをやっと植えました。咲くのは二年はかかるとか。二年先にはココに住んでるかなぁ、どっか行ってんじゃないかなぁ、と思いながら植えましたゾ。側でじいじいが楽しげに遊んでいました。私が庭へ出ると喜んで彼も出ます。のんきなことを言ってられませんね。そろそろ年賀状です。皆さんもですよ。今日もお元気で。

|

2007年12月19日 (水)

初しもやけ

水仕事をたくさんしたら、しもやけになってしまいました。この冬、最初のしもやけです。私は子どもの時から冬にはしもやけや、あかぎれに悩まされていました。膠原病になってからは手指が冷たいのでさらになりやすくなってしまいました。赤くなって腫れて熱を持って、三日くらいしたら今度はヒフがしわしわになります。しもやけ中は手指が温かいから、こっちの方がいいかな。しもやけおててがもうかゆい~♪っと。(呑んでないよ) さて、寝ますかな。今日は夜更かしをしてしまいました。いや、朝更かし。おやすみなさい。暖かくしてお過しください。

|

2007年12月18日 (火)

今年もあと二週間

カレンダーを見ると、あと二週間で今年も終わりですね。昔に比べると師走だという感じは薄れましたね。お正月という感じもね。私が小学生の頃は今はやりの30年代でしたが、年末らしかったし、お正月らしかったですねぇ。今でも記憶は鮮明ですよ。いい時代でした。こんなに世の中がすさんで無かったしね。懐古趣味なことを言うのはトシですかね。いや、よかった、古き良き時代は。昔のこともそのうち書いてみたいなとは思っているけれど。子どもにとっては面白いことだらけでした。

あ、そうそう。このたびのひとり言に書いた旧右近通信は、残念ながらお読みいただけません。それにはふか~い訳がありましてね。そのことは次回のひとり言で判ります。あぁ、思い出しても口惜しいなぁ。

寒くなりましたね。私も朝までは起きていません。冬は冷えるので、日のあるうちにと生活時間を繰り上げて動いています。それでは皆さん、おやすみなさい。今日もお元気で。

|

2007年12月16日 (日)

更新しました

「ひとり言」に“平成潮時考”(その2)を書きました。
よろしかったらお読みください。

よくなって、また冷えのためか風邪気味で、頭痛の右近です。が、書ける程度ですからご安心を。この場が私の体調を知る手段だと昨日また聞き、出てきました。はい、私の心身の様子を知る場、生存確認の場だそうでございます。うれしいですね。確認したいと思ってくださる方が居ることは。あぁ、私は仕合せ者だ。

今日はHiroshiの誕生日でしてね。先ほど一緒にカレーとケーキを食べました。カレーが大好きだったものですからね。
寒さはきのうより和らいだ右近庵です。師走も半ば、お忙しいことでしょうが、お気をつけて。それでは また。

|

2007年12月14日 (金)

よっしゃ

良くなって来ましたよ。よし、この調子この調子。近頃、私はときどき大阪弁で喋っていますね。関西人ですからね。神戸より大阪の方が長くなりましたがね。大阪といえば府知事選の立候補で湧いていますが、私はもちろん自民の公認を取ろうとしている38歳のH氏になんぞ入れませんよ。高村薫氏が朝日新聞でいいことを書いていましたね。もうタレントはゴメンだと。言葉の軽い人や大げさな人はたいてい中身も軽いのでして。だいたい本業よりもタレント活動に忙しいようなことでは弁護士としての仕事も出来ていたのやら。もうおひとかたのタレント弁護士は今や国会議員サン。あぁ、日夜、困っている人たちのために採算度外視で働きづめの立派な弁護士さんたちもたくさんおられることでしょうに。子沢山はいいとして、低俗なバラエティ番組で天狗になっているような方、困るのですけれど。それに彼には品がない。肩書きが何だ。

しかし、お祭り好きな大阪の若い人や浮動票を獲得して、なっちゃうかも、です。私は選挙の日まで声を大にして反対したいと思いますよ。“子どもの笑える町”ケッコウですが、それは前首相の“美しい国”くらいに空回りする言葉でして、高齢者、障害者、低所得者などの弱者はどうなるの?ハシモトさん、あなたにはこの大阪、任したくありません。十年、いや二十年早かないですか。立候補者の人格よりも勝てる人材に走った自民党サン、やめてほしいな。共産、民主ガンバレ、ガンバレ。コドモに政治は任せられない。良識ある府民の皆さん、大阪を思慮分別のある人に託しましょう。H氏は東国原サンとは違います。彼は立派です。あぁ、チョット激しくなってしまいました。政治のことは控えているはずなのに。だってぇ・・。(笑) 元気になってきた証拠かな。それでは筏へ。もうじき書けそうな感じです。寒くなるようです。お気をつけて。

|

2007年12月13日 (木)

少しよくなったよ

今たくさん薬を呑んでいます。ステロイド、唾液の出る薬、口角炎の薬2種とうがい薬、関節痛の薬、それに胃薬です。今日は少し痛みが和らぎました。最近、よく私は口角炎になります。ビタミン不足のはずはないんだけどなと不思議に思っていたところ、シェーグレン患者は唾液が出ないので菌によって口角炎になりやすいのだと分かりました。体が弱るとすぐになります。ちなみに今も両方なってイテテ。耳下腺もイテテ。いろんな症状が出てきてる。寝まぁす。こちら雨。おやすみなさい。

|

2007年12月11日 (火)

まぁだだよ

いったん治りかけて、またぶり返してしまって。まだ寝てる。あちこち痛くて起きられない。元気になったら出てくるよ。風邪ひかないようにね.。

|

2007年12月 8日 (土)

やっぱり

ダウンです。きのうゾクゾクしていたのは気温のせいだけではなかったようです。頭痛と寒気がやってきて、熱もでてしまいました。腎機能も低下し、いつものように風邪と持病のセットです。来るとは思っていましたが、やはり来たか・・。休めということだと思って筏で寝ています。暑いときはよかったけれど、今の季節は筏と聞くと寒っと思いますね。ご心配なく。マイ筏は冬version、温かいですよ。猫炬燵も二個(二匹・じいじいとだっちゃん)を両脇に抱えていることも。こうなれば三日はかかるのですが、焦る用もなし、ゆっくり休みます。皆さんもお気をつけて。

|

2007年12月 7日 (金)

“バウンド”

なんだか疲れが残ってるし寒いので早めに寝ようと思ったら、シネマtripという深夜の番組で「バウンド」をやっていました。知っていますか? 知る人ぞ知るB級映画の名作です。(B級と言ったら叱られるかな)ソノ筋の皆さんには評判のものです。むか~しにHiroshiと一緒にビデオで見たことがありました。女性同士の恋人を中心に(男っぽい方の女性、カッコいいよ)、マフィアの組織が絡んだストーリーです。男の世界は裏切りだらけですが、女達は相手を裏切りません。抜群のチームワークでまんまと大金を手にした女性達は逃避行へ、というところで終わります。ラストシーンで二人がkissをして微笑むと、トム・ジョーンズのなつかしのヒット曲、She's a lady が流れ、真っ赤な車でビューンと走り去ります。いいね。ぜひ一度ご覧ください。筋書きもしっかりしてて面白いよ。見ながら焼酎を少々。さて、醒めないうちに寝るとします。チョットだけ読んで。おやすみなさい。週末ですね。頑張ってください。

|

2007年12月 6日 (木)

やれやれ

無事に投函しました。これでひと安心。
投稿前後の私はいつもどうかなっているみたいですね。イッてるというか、ヌケてるというか。今回もそうでした。あのまま表紙をつけないで送ってしまってたらどうなってたのでしょう。そのままボツだったかな。(笑) 

今夜はさぞかし呑んでるわと思っておられる皆さん、予想に反し、一滴も呑んでおりません。残念でした。  何でしょうね。やっぱりチョット疲れているんでしょうか。晩酌もしませんでしたよ。 ハタとやることが無くなった日は、次に何をしていいか判りません。とりあえず片付けと読書でもいたしましょう。では今から、ピアノ曲をBGMに本でも読みます。
それでは皆さん、今日は早めに おやすみなさいのご挨拶。

|

2007年12月 5日 (水)

てんやわんやの一日

仕上げた原稿を綴じて宛名を書き、昨晩は寝ました。疲れていたのか筏に乗るとすぐに眠りに落ちました。(この辺は常連さんしかイミ判らないかも) 起きたら病院へ行かなければならないから、12時に目覚ましをかけてじいじいいと寝ました。(猫炬燵です。電気代ナシ。湯の取替えナシ。しかもゴロゴロという癒し系の音付きです) ところが目覚ましは鳴らなかったのか私が止めてしまったのか、じいじいに起こされたのが一時。やや、これはいけない。よくぞ起こしてくれたね。すぐに起きて病院へ。

病院の駐車場の入口で、なぜかインターフォンを押してしまい、“しまった”と券の出るボタンをあわて押しなおし、券を取って発車すると“はい、何すか?”というおっちゃんの声。うわっ。と思ったときにはすでに3ートルは進んでいて答えられず、 “ごめんなさ~い”と心の中で言って病院内へ。私はあることを考えていたのです。昨夜投函準備をした原稿に、な、なんと表紙を付けるのを忘れていたことを出かける寸前に思い出したのです。行く途中で投函をと思っていたからガッカリ。表紙はできていたのに・・。その表紙には題名のほか、私の名前や略歴なども書かれています。んなもの綴じ忘れてどうすんの? ばっかだなぁ。コレが無いと誰が出したか判らないよ。と、我ながらドジに呆れ、投函は明日やな、とバタバタと出かけたのでした。そのことがあったので駐車場でもボンヤリしてたのでしょ。おっちゃん、ごめんなさい。

診察カードを機械に通すと、診察の順番を知る番号の書いた紙が出てきます。それを見て愕然。その番号は774。名無しでした。ふむ。そう来るか。ひとりゆえ爆笑もできず苦笑。 それから待合で榊リュウみたいに待っていました。隣の眼科の前でおばちゃんたちが大きな声でお喋りをしているのを聞くともなく聞いていました。片方が引越しをするようで、その準備のことを喋り、ふたりして今の住宅の押入れみたいなものなんやったと思い出すのに四苦八苦して、かなり長い沈黙。クロゼット。と叫ぼうかと思いましたが、一人がようやく思い出して“クローゼットや!”とゼに強いアクセントを置いておっしゃり、一件落着。あぁ、よかった思い出してくれたと私までスッキリし、目を閉じて小説のことを考えるのに戻りました。すると、あることに気がつきました。文中に一箇所、矛盾した点があったのです。が~ん。

相の手を入れていたクロゼットを思い出したおばちゃんは、娘の悪口をまじえて引越しの話をしているおばちゃんを中断させ、突然、毛糸のパ〇〇は要らんか、二枚編んだからあげるでと言う。相手は黙り、しばし話し声が途切れる。そのあと、“もらうわ”と引越しおばちゃん。そしてまた水屋がどうのと引越しの話にもどりました。その「間」(ま)たるや絶妙でして、若手漫才師達は彼女達に習うべきだと感心していた次第です。笑いをこらえて、そーっと彼女達を見てしまいましたが、いわゆる「大阪のおばちゃん」よりはいくらかご年配のおふたり。いいですね、スロウなお喋り。失礼ながら可愛いっと思いましたよ。

小説の矛盾点をどうカバーしたものかと考えていたのを私も中断され、うふっとなりましたが、寝たふりをしてず~っと考え続けました。よしっ。それで行こう。数行を補うだけで矛盾点を解決する方法が見つかり、ひと安心。ギリギリでよく気がついたものだと思いました。現状でもおかしくは無いかもしれませんが、辻褄が合わないと思う人も居るかもしれません。えっ、一人で喋って何のコトか判らない? そ、そうですね。提出版は短期間になりますが、いずれ掲載するつもりです。現在の掲載分は不出来だったので、ぜひ読んでいただきたいです。そのときは、またお知らせします。

という訳でチョット手を入れて、表紙もちゃんと付けて、ようやく完成。本日投函予定です。もう見ないよ、ほんとほんと。起きたら出しに行くよ。サイト掲載後にこんなに手を入れたのは初めて。ストーリーということじゃなくて、文体、文章、心理描写において。来年のD賞には300枚くらいの長編を出したいね。長編の構想は温めているのが2~3ある。久しぶりに長いの書いてみたい。鬼が笑うという来年の話だけど。まずは今、むちゃくちゃ本が読みたくて。それから片付けたくて。いち早く仕事納めをしてしまった感じですが、いずれ「ひとり言」でも書きます。(あれは創作じゃないから純粋に楽しめる) ばっんざ~い!\(^o^)/ これで焼酎が呑める。 あぁ、幸せ。さっき、キリ番開けちゃった。ごめん。では、おやすみなさい。

|

2007年12月 4日 (火)

出来た

本年度提出版やっと完成、めでたしめでたし。もう読まない方がいいので読みません。だって読むとendless。文って触ればいいというものでもなくて、一度書き換えたけど、やっぱり最初の方がいいやっというところもあるし。やっと来ましたね“ま、こんなもんやろ”が。締め切りは十日(消印有効)ですが、まもなく投函します。今日か明日には。

しかし何ですねぇ、拙い小説でも完成させたときの達成感は格別ですね。今年は二作なんてとんでもない。一作でもあっぷあっぷでした。常に手元に出せるものがあればいいんだけど、どうも寡作の遅筆でね。ともあれ今の私の力は出し切りました。ここのところ、お酒も何もかも控えて集中してきました。これで焼酎が呑めるぞ。(笑) 見守ってくださった皆さん、どうもありがとう。 今から原稿を綴じたりエクスパックに宛名を書きます。今日も元気でね。寒くなるらしいから気をつけてください。

|

2007年12月 3日 (月)

削ぎ落とす

やればやるほど無駄な部分を削っていきますね。と言うと残念がってくださる方がおられますが、そうではありません。文章がテンポよく流れることが大切です。初稿の時は浮かんでくるものすべてを書こうとしています。実際、書いてしまいます。(それが連載した状態です) しかし、よく推敲してみると、よけいなことを書いているのが判ります。よけいなものは無い方がいい。ゼイ肉は無い方がいいでしょ。家の中のモノも多くない方がいい。文章だってスッキリしている方が一文一文の重みも出るし、なんてったって読みやすい。

小説は削ってスリムな文章にするかしないかが、出来不出来の分かれ目になります。プロなんて半分くらいにしちゃう人も珍しくないと聞きますよ。長く書くのはいくらでも出来ることですが、簡潔に書くことの方が難しいのです。思い切って削るとその前後の文が際立ってくる。そんなことがよくあります。今で原稿用紙6~7枚削っています。もうそろそろいいかなと思いますが。ちなみに「透けてゆく人」は初稿から60枚くらいを削りましたよ。あれは初めてだったからしょうがないかな。やたら無駄が多かった。(笑) ということで、まだやっています。“ま、こんなもんやろ”がまだ来ません。しかし、まもなく来ると思います。ネバるなぁ・・。

風が吹いて雨戸がガタガタいっています。冬ですね。全国的にお天気は悪い模様です。ここではもう降っています。防寒をして傘を持って、お気をつけてお出かけください。今日はそろそろ寝ようかな。限界っぽいよ。あぁ、疲れた。おやすみなさい。

|

2007年12月 2日 (日)

いよいよ最終

二回目の推敲を終え、すり出した原稿が目の前にあります。これで終わりっと言いたいところですが、あと一回。いよいよ最終の推敲です。ココからは田辺聖子式の“ま、こんなもんやろ”の精神も大切。でなけりゃ終わりが無い。(笑) 

とっても疲れているはずですが、投稿前は疲れを感じる神経はお休みなのか余り感じません。(と言ってもしんどいよ) ひと休みして朝までもう一度読み直しです。うん、ずいぶん良くなったと思うけど・・。提出版、読みたい? アソビ人が最も真剣に遊ぶときです。いま遊ばないでいつ遊ぶ?ふふ。(それにしてもしんどいアソビやなぁ) 頑張って遊びます。

師走に入っただけでもなんだか気ぜわしいですね。有意義な日曜日にしてください。では最終チェック始めま~す。夢の中の皆さんへ

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »