« 雪・・・ | トップページ | 雨の勝ち »

2008年1月22日 (火)

溶けない雪

右近庵では雪が積もると、なかなか溶けません。関西では平地に降る雪はすぐに溶けてしまいますが、こと右近庵の庭の雪だけは例外です。現にきのうから積もった庭の雪はまったく溶けておらず、前庭や庭の芝生は今も真っ白です。気温が低いからでしょうか。表側の道路の雪はすぐに溶けてしまうのに、門扉内となると溶けないのです。今日は日射しも少なかったからよけいに溶けなかった。雪は芝によくないのかどうか。よくないなら無理に溶かしたほうがいいのかもしれない。雪ダルマかなんか造って遊んで雪を消費して。やっと頭痛が治ってきたのにまた風邪をひいてしまうね。(笑) 初めて見る雪に外猫たちはビックリしてタジタジ。ハウスからちっとも外へ出て行きません。でも誰か勇敢なコが雪の上を歩いた跡が・・。可愛い。

私は近頃、本ばかり読んでいます。それから仏教の勉強も始めています。そんな生活を続けたら小説なんて書かなくなってしまうかなとチョット心配していましたが、突然ひらめいて今日は最初の十枚を書きました。ずっと書くのを意識的に我慢していたので久々の充実感を味わいました。重いテーマなので書くのが苦しいですが、頑張って完成させたいです。残念ながら連載はたぶんしないと思います。理由は言ったでしょ、「ひとり言」で。何の制約もなく書き進むのが一番いいと思うので許してください。100枚までの短編か中編になると思います。無事に完成した暁には読んでいただこうかな。ドコにも投稿しなければ。

寒さは続くようです。お気をつけて。陸屋根も家の周囲も雪で冷え冷えし、冷蔵庫みたいな右近庵より  おやすみなさい。

|

« 雪・・・ | トップページ | 雨の勝ち »

右近トーク」カテゴリの記事