« 解説 | トップページ | こんばんは »

2008年1月 8日 (火)

新風舎が破産

自費出版の大手“新風舎”が破産しましたね。きのうの明け方、朝刊で知りました。再生法申請とか。新風舎のサイトでは破産ではないと言っていますが、やっぱり破産でしょう。皆さんご存知かどうか、ネット上ではあちらこちらで新風舎は叩かれています。訴訟も一つや二つではないでしょう。NHKも「クローズアップ現代」で国谷裕子女史が熟年が引っかかる詐欺を紹介していましたが、新風舎の自費出版もありました。新風舎にひどいめにあった方が登場して訴えていましたね。あこぎなことをするとこうなるのです。NOVAやなんかとまったく同じですね。

っということはっと。私が出版した文芸社も危ないかもしれません。そういう素人を食い物にして大きくなって利益を貪る会社は、社会にとって善か悪かというと、やはり悪に属するでしょうから、この際大手自費出版社は解体されるべきだと思いますよ。自費出版を扱うことじたいは悪いことではなく、それをするしないも個人の自由です。ただ出版社がneedsに合わせて納得のいく料金で誰もが本作りや出版ができればいいのですが、暴利を貪ることが問題なのです。松崎クン(新風舎の社長サンです)、観念しましょ。もはやこれまで、栄華は終ったよ。あとは預かってる本と製作中の人たちの面倒だけは、しっかりみてあげてくださいね。

碧天舎、新風舎とつぶれ、次は文芸社がつぶれることはありうることです。つぶれても構わないんだけど、残ってる本の販売ルートだけはキッチリやってもらわないと。まだつぶれると決まった訳じゃないけれど、毎月送られてくる宣伝用の冊子を見てると、幹部サンたちアタマ悪いんじゃないのって思う。今月のなんて、あれだけの費用を客に吹っかけてるのに安い安いとヘタなコントで説明してる。バカみたい。倒産したくなかったら早々にぼったくり路線を転換した方がいいよ。それが生き延びる道ですよって何度か忠告したんだけどな。あぁ、これぞ渇愛。欲を出し、求めてばかりいれば破滅が待っているのにね。

で、シジンさんでもあらせられる松崎クン。あなたなぜ自分ちで詩集を出さないで、二度にわたる製本不良で私がヒドイめにあったあの詩専門の出版社で出してるワケ?あそこだってタカビなわりに危ないけれど。 ちょうどあの頃だったよね。わからないなぁ。自分ちで出したらいいのになんでかなぁ。ふしぎだなぁ。シロウトじゃないからシロウト出版の自分ちでやらないんですかね。皆どんぐりの背比べだと思うけどね、詩なんて。あ、そっかぁ。君んちもう傾いていたんだ。つぶれること解ってたんだぁ。だからかぁ。そりゃぁ自分の本は守りたいよね、誰だって。なぁんだ。そーゆーことだったのかぁ。でもそりゃないよ。(笑) 

おっと、烈しくなってしまいました。ごめんなさい、皆さん。このことばかりはつい力が入ってしまいましてね。とにかくこれから出版しようとしている皆さん、今はいろんな形がありますから大手だけはやめておいた方が身のためですゾ。それでは皆さん、ごきげんよう。

|

« 解説 | トップページ | こんばんは »

右近トーク」カテゴリの記事