« 今日も真冬日 | トップページ | 更新しました »

2008年2月 2日 (土)

“空”ということ

先日、ひとり言に「空」の思想に魅せられたと書きました。それはどういうものですかとのご質問。残念ながら、まだ私には的確に答えられません。ただし空(くう)とは、決して何も無いという意味ではありません。“とらわれ”の無い状態のことです。では“とらわれ”とは何か、です。私たちは日々さまざまなことに“とらわれ”て、悩んだり憎んだり妬んだり嫌ったり落ち込んだり悲しんだり思い込んだり、いろいろな良くない感情に陥ります。そのとらわれをつくる最大の原因は「無明」と「渇愛」です。無明とは智慧の無いこと、渇愛とは諸欲望すべてのことです。求めて求めて欲望の虜になることです。この無明と渇愛から解放されれば、また、解放されるように努めれば「空」が得られるといいます。ちょっと難しかったですか。まだまだ私はhalfどころかquarter(四分の一)坊主です。修行はこれからです。どうぞ私の成長ぶりを、お見守り下さい。(笑)

今日は先ほどまで第三話を書いていました。私は書いたり読んだり片付けたりと、静かな生活を送っています。ものを書くには、できるだけ自身を清浄に保たなければなりません。そう努めています。もちろんお酒も飲みません。(笑) それでは皆さん、よき週末をお過ごし下さい。おやすみなさい。

|

« 今日も真冬日 | トップページ | 更新しました »

右近トーク」カテゴリの記事