« 更新しました | トップページ | 今日のじぃじぃ »

2008年3月 9日 (日)

あなたは何を

右近に求めてくださるのですか? 詩ですか。文ですか。詩ならどんな詩ですか。文はどんな文ですか。それともトークですか。求められているものが判らない。何もかもはできないんだ。詩を書く右近は文が書けない。文を書く右近は詩が書けない。先生モードで前向きの右近は小説が書けない。小説を書く右近は狂って激しい人になり、先生モードになれなくてトークでも喋れない。不器用なんだ。あなたは右近に何を求めてくれてたの?

自然でいい。ありのままでいい。その言葉はありがたいけれど、つかみどころが無くていちばん難しい。なぜなら自分のために道行を運営している意識が薄れていて、あなたが喜んでくださるから、あなたのために書き、あなたのために喋ろうと思ってた。そう、いつも来てくれるあなたのために。自分のためなんかじゃなく。心のままにという言葉ほど曖昧でいい加減なものはない。心を律して何かをする方が楽な人間にとって、心のままにがもっとも難しい。判らない。自分の中の核が見えない。感じない。

ひとり言を読んでくださって残念メールがいくつか届いた。言っとくけどね、いちばん寂しがっているのは右近だからね。 じゃぁなぜやめるのって不思議?それはね、ホラ、なんであの人気グループ解散しちゃうのって思うときがあるよね。外からは見えないけれど、本人たちは悩んでいたりする。いろんな理由で、もう頭打ち、これ以上進めないって思ってる。だから惜しまれながら解散する。それと似ている。惜しまれるうちが花。やっぱり今が潮時だと思う。

寂しいけれど、今はこうするしかない。自分の中で一つの時代が終った気がしていた。こんな気持ちで道行を運営するのもあなたに申し訳ないと思う。だから決断。許して。ごめん。フツーのおじサンに戻ってみるよ。フツーに飽きたら何かをするんじゃないかな。(笑) そろそろ寝るよ。寝ようか一緒に。いや、酔ってないない。呑んでもない。確定申告書いてたよ。さて、寝るか。おやすみ。雨になるらしい。

|

« 更新しました | トップページ | 今日のじぃじぃ »

右近トーク」カテゴリの記事