« 梅雨入り | トップページ | 五月雨 »

2008年6月 3日 (火)

梅の雨

きのうから降り続いた雨は昼頃にあがりました。
江戸時代には「梅の雨」という言葉が梅雨の異称としてあったそうです。「梅」という文字を使うのは、梅の実がなる頃の雨だからでしょうか。梅干をつくったことはありませんが、梅雨の晴れ間にいっせいに干すのだとか。梅雨には晴れた日が貴重でもあります。

嫌われものの梅雨時ですが、雨もいいものです。私は雨をブログのタイトルにするぐらいの雨好きですが、なぜこうも雨が好きなのでしょうか。いつもいつも同じことを言っていますが、静かだから、落ち着くから、まぶしくないから、外出しても人が少ないから、無理に活動しなくてもいいから、雨に煙る景色が好きだからなどなどです。思いませんか、なぜか雨の日は心がやすらぐと。それは雨の日には副交感神経が休めというサインを出すからです。皆さんは休んでばかりもいられないでしょうが、雨の日はちょっと控えめに。頑張りすぎないで過してください。

今日、私は起きられたので乾いたラベンダーの花とミントの葉をほぐしました。初めてのポプリ作りに挑戦です。眠れない時、ラベンダーの香りを嗅ぐと不思議に眠れるので、花がたくさん咲いたことだし、自分でつくってみようと思って。指先にまだラベンダーの香りが残ってる。うまくできるといいな。あまり動けない日は、こうやって小さな楽しみを見つけて遊んでいます。私のsmall worldで、いろんな楽しみが見つけられるようになりました。
明日は右近庵近辺では晴れるようです。いい夢をみてください。
あなたが元気で明るく過せますように。それでは おやすみなさい。

|

« 梅雨入り | トップページ | 五月雨 »

右近トーク」カテゴリの記事