« What is this? | トップページ | 英語のLesson »

2008年6月11日 (水)

右近の傘

0531008_256 こんばんは、右近です。
今日は午後五時過ぎに雨が降り始めました。小雨が今も降っています。

私は近頃、日本はつくづく長い国だなと感じています。 先日、関東以北ではまとまった雨が降ったようですが、こちらは降りませんでした。前日には降りました。最近はテレビを見ることが減っていますが、天気予報はかならず見るようにしています。そうか、九州地方は雨、四国・中国は曇のち雨、近畿は曇、関東以北は晴天などなど頭にいれます。狭い国なのに、ずいぶん天気が違うものです。同じ大阪でも違うことがあります。右近は右近庵に雨が降ったら会いに来ます。あなたのところが雨でも来ないとき、右近庵では降っていないのでしょう。その代わり、あなたのところで降ってないのに傘をさしてやって来るかもしれません。どうぞご容赦を。あぁ、長い国だ。それに“天気予報は当たらない”。笑

私はなんとかレポートを1つ完成させ、writingのテキストも三分の二くらいまできました。レポートは2つめにかかっています。勉強を始める前は頭がついていくかどうか心配でしたが、始めてみると頭より目でした。細かい本の文字を追う、練習問題をする、パソコンで清書をする、などで目を酷使、私の目はウサギに“やぁ”と挨拶されるくらい赤いです。赤いだけなら自分で見えないし、人と会うこともないので驚かれもしませんが、目にいくつもゴミが入っているような痛みがあってたびたび中断し、時間のlossを強いられます。しょうがないか、シェーグレンだから・・。と目を冷やして休めます。

昔は6月は1年でいちばん体調がよかったのですが、病気をしてから6月に目の不調があります。雨が降るのになぜ?と思うでしょ。外側の湿気ばかりではなく、体内で病気が活動したり、ストレスがかかると渇きが強くなってトラブルが起きます。楽しいのにストレスなのかなぁ。いや、やっぱりこれは酷使しすぎだと思います。大丈夫。さっきまで目を休めていたから今はちょっと楽。だって雨が降るのを待ちわびていたよ。人恋しくて。だからもう少し喋らせて。

勉強も楽しいですが、ふと、“小説書きたいッ!”と思うことがあります。禁断症状がでてきたかな。いい文章が頭に浮かんだりする。コレ、いい。と書きとめようとするけれど、そうするときっと勉強がヤンなっちゃう。だから我慢してる。(ありがとう。我慢しないでぇって言ってくれて。聞えてくるよ) でも溜めも大事だから今は溜めの時と考えようかなあと思って。勉強してばかりいたらまた先生やりたいかなって思ったり、でもやっぱり書きたいやって思ったり。ひとまず来月始めに2教科提出できるように頑張ります。うむ、どう書き進めようかなぁ、英語と米語の違いについて・・。

私は傘をたくさん貼りましたが、自分のはこれです。右近カラーで気に入っています。開くといい匂いがするよ。ところで“かさはり”を調べると“傘張り”と“傘貼り”の両方がでてきます。“リンクをはる”もいまだに判らなくてね。“リンクを張る”か“リンクを貼る”なのか。どっちなんだろな。どっちでもいいか。

この下のエノキについてのご質問にお答えします。
Answer  エノキはナマで干してください。煮てからではありません。
シイタケだってナマでほしているのですよ。可愛い質問でしたね。
それでは皆さん、明日も会えるといいですね。

|

« What is this? | トップページ | 英語のLesson »

右近トーク」カテゴリの記事