« 夜明けに雨 | トップページ | 今日も会えたね »

2008年7月 8日 (火)

やっと雨

やっと雨が降りました。起きたら小雨、レンガタイルが濡れていました。雨だ。うれしい。やっと会える。きのうは七夕だったけれど、こちら雨でないと君に会えない雨右近。どこかでは土砂降りで雷とテレビで言ってても出て行けない。ココで降らなきゃ出てけないんだ。こっちも降れぇ、降れぇと願っているときもよくあるよ。やっと降ってうれしいよ。

お久しぶりです。お元気でしたか。暑くなりました。土日あたりは蒸し暑さに猫たちも私もバテていました。右近庵が夜中でも蒸し暑い日はそうそうなく、7月の初めではや酷暑がやってきました。今日は雨は昼にはあがり、夕方は蒸しましたが、夜になって涼しくなりました。ずいぶん過しやすい夜です。

今夜は何を話しましょうか。といっても単調な生活をしているので、面白い話ができるかどうか・・。晴れの日なんかに、ふと思いついて、よし、今度はコレを喋るぞなんて考えていることもあるのですが、イザとなったらどこかへ飛んでっちゃう。それにちょっと間があくと、皆さんと会うことがなんだか恥ずかしい。照れてる。どうにかならないかな、この性格。

っでっと。今していることでも話しましょうか。レポート3つ出したことは言いましたね。その日は病院でいろいろ検査がありました。ちょっと良くないのもあって、月末に再検査があります。でもあまり気にしていない。その日は奇しくも発病記念日でありまして、めでたく12年が過ぎまして、13年目に突入した次第です。年々弱ってきていますが、出来ないことではなく、出来ることを考えて暮らしています。アレもまだできる、コレだってできるというふうに。とても前向きでしょ。でなきゃビョージャク系をやってられない。

すぐにもひとり言か何かを書きたかったし、実際書き始めてた。でも来月の科目最終試験が気になって。6項目の記述式問題のうち、全部を勉強しておかなければならないのが頭から離れない。次の教科の教材や参考文献も読み始めているし。それから秋に出版する本の改稿を進めてる。これも来月に出版社へ出す約束だから。と、いろいろ考えて、動ける時にするべきことからしなければならないと思ったのです。それで、やっぱり勉強、「言葉屋」の改稿。これが先かなぁっと。だって書く人宣言を何度もしてきて、少しでもいいものを世の中に送り出さないと。書く人は「本」が真剣勝負の場だからね。うん、シロウトは素人なりに。

あの時はこれが最高!って思って投稿したけれど、いま読むと、なんだココ!とか、くどいってココ、と感じるところがたくさんある。そんなところを直しながら3分の1くらいまできたよ。楽しいなぁ。なんて楽しいんだろう。感動してしまったよ。違うよ、自分の文にじゃなくて、しばらく敢えて遠ざかっていたから何だかうれしくて・・。お~い、ミツロウ待ってろよ~。キミを世の中に出してやるぞ~、遥子ちゃんと一緒にね~。宇宙の涯で返事したかな、アイツ。笑

そんなわけで、勉強してるか、改稿作業をしているか、しんどくて寝てるか、寝て本を読んでるか、庭へチョット出てるか(暑くなって、あまり出来なくなっちゃった。体力を消耗できないし。)、猫の喧嘩の仲裁してるか、食べてるか、寝てるか、それからそれから仏教の本を読んだりお経を勉強しているかです。退屈でしょ。でも本人はちっとも退屈じゃない。一日がアッというまに過ぎてしまう。体力がない分、休憩の時間が長いので少々不利。でも私は私のペースでいい。そう、君も君のペースでね。

こんな生活ですから、誰とも会わず、誰とも話さず、焼酎も呑まず、甘いものも以前ほど食べず、最少限度の食べ物とたくさんの水分を摂って暮らしています。weightは落ちてるみたいだけどとくに痩せていないし。自分で言うのもなんだけど、鏡を見てケッコウいい顔になってきてるなと思う。心が虚しかったり、ヤケを起こしたり、投げ遣りな気持ちでいるときは情けない顔してるけど。心の中のことは顔にでるっていうのは本当だね。いまの顔、シゴク満足。ロマンスグレーのステキなおじ様になれるかな。ちょっとテツガク的(いやボーズ的かも)。(えっ、見せろって?おい、じぃじぃ、たまには飼主を写してぇ)

久しぶりなのにバカなことを言っていますね。ごめんなさい。誰かと話すことがほとんど無いので、バカを言うのに飢えているかもしれません。やっぱりひとりではバカは言えません。それで思い出しました。私は漫才をやってみたいのですが、相手が必要です。相手が見つかれば役割りを決めなければなりません。で。皆さん。私はどちらだとお思いですか? ふむふむ。ふむふむ。え~っ、やっぱり~! 私の役はボケの方だという人が多いのに驚きました。自分ではツッコミだと疑わなかったものですから。そーなんだ。ふうん・・・。両方できそうと言ってくださる方もチラホラいましたが、間髪を入れず「そりゃぁボケでしょう」と言った方々が意外に多くて自身を認識し直しましたよ、ほんとうに。

あ、そうだ。「間髪を入れず」ですが、「カンパツを入れず」ではなくて、正しくは「カン ハツを入れず」と読んでくださいよ。間に髪の毛一本も入らないくらいの短い時間をいいますね。間違って読んでいる人が多いようです。カン ハツです。カンとハツの間に少しマをおいて。そうですね。君とっても上手です。カン ハツを入れないくらいの短い時間で結構ですから間をあけましょう。

なんとなく落ちがつきましたね。落語もやりたいのですねぇ。落語ならひとりで出来るし、上達すれば人を楽しませることも出来ますからね。あぁ、いつまでも喋っていたいですけれど、そろそろお時間となりました。御あとがよろしいようで。テケテンテンテンテンテ~ン。ではまた右近庵に雨が降る日に。暑さには気をつけてくださいね。今週も頑張ってください。はい私も。では、おやすみなさい。勉強を始めます。

お知らせとお詫び:「右近メール登録」のフォームにトラブルがあり、大変ご迷惑をおかけいたしました。直りましたので、お手数ですが再度のご登録をお願いいたします。気づくのが遅れ、申し訳ありませんでした。お詫びいたします。ごめんなさい。

|

« 夜明けに雨 | トップページ | 今日も会えたね »

右近トーク」カテゴリの記事