« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

いきなりの雨

今日は晴れて暑い日でした。日射しがうれしいのか猫たちは外遊びに夢中です。ご飯を食べに帰ってきては、またすぐに出て行くという有様。明日も晴れマークで雨は一段落したと思っていましたら、急に午後七時半に雨の音。驟雨です。という訳で出てきましたが、私は今夜いよいよ最終原稿の仕上げがあり、長々のお喋りができません。

八月最終日になってしまいましたが、右近メールにご登録の皆様には夏限定のの官能的な小説が読めるURLをメールとともに送信いたしました。どうぞお楽しみ下さい。尚、今後、右近の短編小説をお読みになりたいとお望みの皆様は、ぜひ右近メールにご登録ください。ご登録は右近メール登録フォームよりどうぞ。それでは今日はこのへんで。
お元気に一週間をお過し下さい。

|

2008年8月30日 (土)

今日も雨

未明に土砂降りになりましたが、日中は曇がち、そして夕方からまた雨になりました。今は上がっているようです。まったく降らないのも困りますが、あまり続くのも困りますね。なんでもほどほどがいいですね。

私は今月中に本の後半の原稿を仕上げなければならないため、相変らずやっています。といっても一日に2、3時間かな。早く仕上げてしまって次のことをしたいですね。次のこととは、右近庵の庭は芝生のスペースが広すぎて管理が大変だし、もう少し植物をふやしていこうかと思いまして。あれこれ構想を練っているのは楽しいです。もう少し住まなければならないなら楽しいほうがいい。だからテラスなんかも考え中。年中植物を絶やさないようにして楽しむ。しかし反面、そんな柄じゃないなぁとも・・。あ、今うなずいた? うん、自分でも分かってる。ほんとうは一切合切やってもらって、眺めているほうが好きかもしれない。コーヒーでも飲んで。だって庭仕事ってとっても体力が要る。だだっ広いのも良し悪しですね。たちはその方がいいみたいだけれど。はるかちゃんなんて、全速力で走って遊んでる。(今日のブログ「猫」見てくださいね。面白いから)

さあ、あしたのお天気はどうでしょう。近畿地方では局地的に明け方頃に大雨といっています。皆さんのところは如何でしょうか。それでは日曜日をゆっくりお過ごし下さい。

|

2008年8月29日 (金)

豪雨

東海・関東地方で豪雨のため被害が出ています。皆さんのところは大丈夫ですか? 右近庵では昼間は曇でしたが夕方から雨になりました。強い雨はおさまり、今は弱い雨ですが、これから朝方まで断続的に降るようです。雨は好きですが、このように被害が出るような豪雨は困ります。北日本から南日本まで激しい雨が降るとのこと、皆さんお気をつけください。

|

2008年8月28日 (木)

小雨でした

豪雨のような雨だった地域もあったようですが、右近庵では起きると小雨、日中は曇でした。今年は関東以北でほんとう雨が多いですね。
災害や思わぬ事故にお気をつけください。

単調な生活をしているので、皆さんが面白いと思うような話題が最近なくて申し訳ありません。勉強の話なんてつまんないでしょ。次のは英文法の予定だったけれど、先の二つで疲れたので好きなものに変更。米文学の戯曲について2つのレポートです。こういうのは大好きです。英語学とか文法などは面白くないよ。文法といっても中高で習ったのとは全く違うよ。文法論みたいなの。だからつまんない。 

しかし、こう外界と接しない、人と接しない生活をしていてもいいのかなとちょと考え込むことがあります。言葉は忘れないでしょうが、感情の起伏が小さくなっているようには思います。文字を追うのは相変らず好きだけど、猫としか話さないのってちょっと問題だよね。どう問題なのかは分からないけれど、どんどん奥へ奥へ入り込んでいってるように思います。どの奥へ、ですか? 私の精神世界へです。

小説の話をしようか。今度のはソフトカバーでいくつもり。値段はやっぱり1500円くらいかな。いくらでもいいんだけどね。それから携帯読書に登録をする予定。今度の本は前回に続いて20代30代の人にもウケるんじゃないかなと思って。もちろんWebで購入できるようにします。書店では予約という形になると思います。当然ですが、私からも買っていただけます。ほとんど楷書体の下手なサインでよろしければさせていただきます。さて、いつ頃できるかなぁ・・。

別の話。私は最近田舎暮らしがしたくてね。ソコじゅうぶん田舎じゃないかですって? いえいえ、裏の棚田だけ見ればとっても田舎ですが、表玄関の方は普通の住宅街ですよ。しかも坂ばかりのね。だから野山を散策してスケッチしたり、川の清流に足を浸すだとか、そんなことにとっても憧れます。しかし田舎暮らしといえば私一人ではとうてい無理なことがいろいろあることでしょう。そういう面においては暮らしを共にするパートナーがいないので見通しは暗いです。

もう一つは都会暮らし。こちらにも憧れます。といっても東京や大阪のど真ん中はごめんです。庶民的で暮らしやすく、できれば寺社が近くにたくさんあって(それなら京都か?でも暑い)、それからできれば美術館もいろいろあって、図書館も映画館もあって、24時間あいてるcoffee shopがあって・・・なんて考えます。(もともと神戸の下町育ちだからね) 住むとしたら年々夏の暑さがひどくなっているので、クーラー無しで夏が過せるのはやっぱり北のほうかなぁ・・なんて思いをめぐらすことが多いこの頃です。すべては猫中心に考えなければならないから、しばらくはココにいるしかないけれど少々右近庵に飽きてきた右近です。(笑)

ものを書く人間は引越しをする人が多いようですが、その気持ちは分かりますね。住む所が変われば心機一転、視野も開けるような気がするものです。身軽であれば私もそうしたいところですが、猫、猫、猫・・・。 いつかどこかへ越すときに身軽でなければと思うので、とりあえずモノ減らしに頑張りますか。(笑)

週の終わりですね。あとひと頑張りです。ひどい雨にはお気をつけて。大阪もたぶん雨。あしたもお会いできそうです。それでは皆さん、おやすみなさい。

|

2008年8月25日 (月)

今日も降ったよ

涼しい日が続きます。今日は庭仕事に精を出しました。タマネギを植えようと思ってね。今植えると12月か1月に収穫できるよ。右近庵の庭の土は粘土質で湿気が多く、タマネギの生育に適しています。植えたらあとは何もしなくていいし、手がかかりません。それに常備野菜です。30球入りのを買ってあるので植えます。植える前の、土を耕して苦土石灰をまいておく作業をしました。汗もそれほど出ず、動きやすかったです。畑で元気に育っている野菜はサツマイモ、サトイモ、ミニトマト、ニラ、ネギなどですが、手がかからないものが楽でいい。

今日は気になることがあります。午後七時過ぎにパンや牛乳やバナナなどを買いに出た帰り、小雨の中を道路にゆっくり出てくるものが見えました。大きなハスキー犬でした。ふらふら道路に出て、また歩道へ戻りました。こういうの見るとじっとしていられない。ゆるい上り坂だったけれど、ハザードランプをつけて停車。しまった、ドッグフード買ってあるのに積んでいなかった。それならと買物の袋からミンチのパックを取り出してラップを破り、ひとつかみ与えてみる。肉だから食べてくれるかと思ったけれど、クンクンと匂いを嗅いで食べない。じゃ、と他のものをと思っていると、その大きなハスキーは、またふらふら、ヨタヨタと歩道を下っていくのです。何かを探しているのでしょう。痩せてはおらず、毛のせいかもしれないけれど太って見えた。でも、かなり弱っている様子。連れて帰るにはあまりに大きいのでとても無理。車にだって一人じゃ乗せられない。それに猫たちが大騒ぎをするだろうから・・・。

ハスキー君は放してもらって散歩をしているのか、迷ったか、捨てられたかのいずれかでしょう。雨の中、あちこち匂いを嗅ぎながら歩いていきました。歩道に置いたミンチを片付け、ヌルヌルの手をハンカチで拭き、気になりながら帰ってきました。もし捨てられたか迷い犬なら可哀想に。犬は猫よりも大変です。体が大きくて食べなければならない量も多い。それに人間はすぐに通報するから捕らえられるし。そのハスキーはとってもおとなしく、危害を加えるように見えませんでした。あんな足取りでどこまで行くんだろ。家に帰ってからも気になって・・。そのハスキーが捨てられたのかどうか分かりませんが、野良犬も野良猫も、元はといえば人間の身勝手な飼い方によるものが殆どです。今や飼うペットにも流行があるようで、流行遅れや勝手な都合で捨てる人もいると聞きます。いったん動物と関われば責任を持って最後まで飼いたいものです。あの疲労困憊のハスキー君に幸あれと祈るのみです。

今の隠遁生活になって、捨て猫にも捨て犬にも遭遇することが殆どなくなりましたが、会ってしまったときは辛いですね。猫なら連れて帰るだろうけれど、大きな犬は無理です。とにかく車にドッグフードとキャットフードを積んでおかないと。

昨夜は真面目に原稿と取り組みました。次の教科のテキストも読み始めました。休憩に永井荷風を読んでいると、面白くて入り込んでしまいもしましたが。 文庫本の字が小さくてキツいので、読書用のワイドルーペを今日注文しました。夜は視力が落ちてよけいに見づらいです。 同じことをしていると飽きるので、いろいろなことをしながら今夜も読み書きを楽しみます。それでは皆さん、ごきげんよう。

|

2008年8月24日 (日)

終わったね

オリンピックが終わりました。開催中、ずっと楽しんでいましたから、ちょっと寂しいです。華やかな閉会式をご覧になっていた皆さんも多いことでしょう。中国にとっては大成功に終わったオリンピックですが、少数民族の弾圧や反対集会の抑圧など表には出ない陰の部分が憂慮され、課題を残しました。ともあれアジアにおける北京オリンピックが終わりました。大阪が候補地に立候補していたことを思い出すと、何を考えているのでしょうかと思いますね。見込んで造りかけた施設にも無駄が出ています。負債だらけなのに、なぜ名乗りを上げたのでしょうね。分からないなぁ・・。それはともかくオリンピックが終わりました。全世界の選手の皆さん、関係者の皆さん、お疲れ様でした。

あのあと雨は結局豪雨にはならず、すぐにやみました。しかしやっと庭全体が潤っていい気持ちです。涼しい一日でした。昨夜あれから私は原稿手直しをサボり、映画を見てしまいました。ニュースでもと付けたら“バリー・リンドン”が始まるところでした。私はああいう歴史モノの映画に目が無いのでして。1975年の映画で主演は“ある愛の詩”でおなじみのライアン・オニール。これは観なければと。186分の二部構成の映画ですが、退屈するヒマなし、さすがキューブリックです。面白かったですよ。全編通じて流れているピアノ曲やチェロなどのクラシックな音楽もとってもいい。アカデミー賞で音楽賞をもらっただけありますね。歴史モノの映画についてサイトに載せている方がおられました。コレです。http://www.actv.ne.jp/~yappi/eiga/EC-05barry%20lindon.htm

というわけで今日は起きるとすぐに原稿にかかりました。そしてこれから続きです。あしたから一週間、また頑張ってくださいね。それではまた右近庵に雨が降る日に。

|

これから激しく降るみたい

こんばんは、右近です。ご無沙汰しています。皆さんはお元気でしたか。お盆を過ぎて一週間すると、こうも暑さが和らぐものなのですね。ずいぶん過しやすくなりました。

やっと今朝方四時半くらいに雨が降り、昼頃に起きるとやんでいましたが、午後四時半くらいにまた弱い雨が降り始めました。雷もすこし鳴りました。近畿地方ではこれから明け方にかけて激しい雨になるそうです。関東以北はよく降っているようですが、大阪では八月の降水量が例年の30%だとか。いやぁ、降らない夏でした。ですから恵みの雨です。芝が元気になってくれるかもしれません。

さて、皆さんは暑い夏をいかがお過しでしたか。私のほう、去年ほどにバテなかったのは、することがたくさんあって追われていたせいでしょう。それらをひとつひとつ片付けながら、多少の(いぇ、かなりの)無理をしていたのか、まだ疲れが取れません。暑さにめげずしていたことは、原稿の手直しとテスト勉強を始め、生い茂る夏草の草抜きや猫の世話です。相も変わらず同じようなことに飽きもせずに追われました。

日中は暑くて体がだるく頭が回らないため、書いたり考えたりは夜中にしていました。元気なときは昼間にできるだけ動いて汗を流しましたが、動きすぎると疲れて夜には何もできなくなってしまうこともありました。ひとつひとつ“ほどほどに”を守らなければうまくいかなくなりますね。しかし、「言葉屋」は出版社の人がベタ誉めしてくださるくらいの仕上がりになり(かれら誉めるのもおシゴトでしょうけれど)、17日には二科目の試験も終わりました。ここでは小雨だったのが、神戸へ行くとカンカン照り。電車も試験場の大学構内も冷房ガンガンで気持ちいいけれど、指はレイノー、目や鼻や口は渇いてきっと来るだろうなぁ・・と思っていたらやっぱり夜からいつもの症状が来てしまいました。それから3日間は頭痛とだるさで起きられず、あちこち冷やして寝ていました。

ともあれ試験は終わったとオリンピック漬けになり、大いに楽しんでいたようなことです。先ほどの韓国・キューバ戦、面白かったですねぇ。ご隠居状態の私はオリンピックに無茶苦茶詳しくなっていますが、そんな話題は飽きているでしょうからしないでおくね。でも、ソフトボールは夢中で見てた。野球はどうもいけなかったね。と、どうでもいいようなことを打っているうち、雨がひどくなってきました。この夏初めてじゃないかな、こんな降りの雨。カエルではないけれど、あぁ、気持ちいい。

そのあと私は別の原稿の手直しを始め、ちょうど半分ほどできたところです。こんなにノンビリ進めていたら、10月中に間に合うのかなとチョット心配ですが、皆さんも無理をしないでとよく言ってくださるように(私は「無理はするもの」という考えでしたが)、ソコソコに頑張ることにして作業を続けています。まだ少ししんどくてね。締め切りもナシ、“いい文章に”を第一に考えて手直しを進めていきます。疲れていると文がマズくなるのでbest conditionで臨みたいと思います。

そんなこんなで花や猫のブログも滞りがちになっていてごめんなさい。雨が少なくてココにもなかなか出てくることができませんでした。やっと会えたときには何を喋ったらいいのかと戸惑います。あれれ、雨の音がしなくなって、また小降りになったみたい。そうそう。雨といえば、雨の短編小説ばかりの本がいつか出したいなと思ってる。雨って、小説にはすっごく強力な小道具なのです。歌でも映画でもそうですね。あ、またひどく降りだした。うん、今日の雨は注意報や警報が出ているようだからひどい降り。只今、土砂降り中。

根をつめて原稿を直しているけれど、最近ほんとに集中力が続かない。気候のせいもあるのでしょうが少々なさけない。今月中に原稿を送って、それから次の教科の勉強を始めてと、片付けやモノ処分も再開しなければ。うわ、すごい雨。秋・冬は小説が書きたくなるのに今年は勉強もあって、どのようにすれば両立できるのかなと思案中。近頃capacityが小さくなって、複数のことがうまく出来ない。先のことを考えてもしょうがないね。書けたら書く。書けなければ書かない。それだけ。でも本音は勉強よりも書きたいよ。

また小降り。今夜は朝までこんなでしょうね。いいね、雨。好きだな、雨。今日ははかどりそうな気がします。それではコーヒーでもいれて、続きを始めます。 西日本以外は雨の所が多い日曜日、お元気でお過し下さい。あ、長く書きすぎて日付が変わっちゃった。23日のつもりで読んでください。マラソン男子、2人になったけどメダルなんて気にしないで頑張ってほしいですね。それでは また。すごい雨・・・

|

2008年8月18日 (月)

無事終了

日付が変わってしまいましたが、きのうは起きると小雨でした。カンカン照りよりもいいやと思って朝から出かけました。はい、試験です。なんとか二科目無事に終了しました。やっと試験が終わったので久々のビールで少し酔いました。今日は疲れているので、これで失礼いたします。

|

2008年8月12日 (火)

降りました

今日は午後七時前頃に強い雨が降りました。庭や山の芝や植物、木々がうれしそうでした。しばらく降ってほしかったのですが、10分ほどでやみました。でもよかった。少しは土に染み込んだでしょう。恵みの雨、まさに慈雨でした。

雨好き右近は、どうやら雨が少ない地域に住んでいるようですね。同じ大阪のどこかで降ってもここは降らない。神戸や阪神間で大雨だといっても降らない。雪はよく降るのにどうしてかな。大阪府の地図が頭に浮かびますか。縦に長いです。私は端っこの和歌山に近い所に住んでいます。和歌山も南の方になると雨や台風の被害が多いところです。奈良と三重の境あたりも多いです。大台ケ原など雨が多いので有名です。大阪の北部で降り、和歌山で降り、ここでは降らない。降っている地域に挟まれても降らない。なぜかなぁ。雨好きなのに。金剛・葛城山系や岩涌山が関係しているのかもしれない。とにかく、雨が少ないです。雨の多いところに転居しようかと調べてみたことがあります。“雨の多い所”で検索すると、三重県の尾鷲市(おわせし)がたくさん出てきました。屋久島も多いといいますね。うむ。縁もゆかりもないけれど、本当に多いなら引っ越してもいいなぁ。猫が雨嫌いだからダメかな。 

と、呑気に喋っていますが、いまケッコウいっぱいいっぱいの右近です。来週になったら休めるからゆっくり喋ります。お盆休みに入った皆さん、明日からの皆さん、そんなもの無いわいつもどおりやわ の皆さん、残暑は厳しいですが、暑さも今しばらくかと思います。どうぞお元気にお過しください。

|

2008年8月11日 (月)

チョー立派

やりましたね北島クン。立派、立派。チョー立派。観ましたよLIVEでね。何というのでしょうか、彼の強さはとにかく凄い。強さというのは勝負強さだけでなく、精神力、肉体、それに思考力など彼はすべて備えていますね。そもそも勝負強さはそれらに鍛錬を加えて実現可能となることでしょう。アテネ・北京で「金」しかも今日はWorldRecordで。すごい。感服。拍手。200mも頑張ってほしいですね。日本中が沸きました。

0806001_256 今日も36度ほどあったようですが、右近庵では夕方から気温が下がって過しやすくなっています。大気が不安定な日が多く、遠雷がよく聞えますが降らないですね。今日は午後七時前に、パラパラっときたのでよかった!と思ったら、ほんの1~2分でやんでしまいました。 今年は雨が降らないために芝が茶色く枯れかけています。裏山の木々も例年とはちがう色です。青々とせず、茶色がかった木が目に付きます。 水遣りに精を出していますが、ちょっと降ってほしいな。求ム

|

2008年8月10日 (日)

ごめんなさい

今日は夕立が降ったのに、気がつくと零時。日付が変わってしまいました。ごめんなさい。また出てきます。あぁ、うっかりしてたなぁ。

また出てきました。こんにちは、右近です。今日は雨が降りそうにないですが、きのうの分を。(10日夕方 記)

昨日は長崎の原爆記念日でした。オリンピック一色の雰囲気の中、長崎ではしめやかに慰霊式が行われる様子をニュースで観ました。オリンピックも平和でなければおこなえないことです。核廃絶を世界中が叫ぶなら、8.6と8.9を世界中が鎮魂の日にしてもいいと思います。

悲惨な写真はほとんど海外で公開されることがなく、放射能漏れの事故があった国以外、一般の人々には本当の核の恐ろしさが分からないと思います。そんななかで、アメリカにおいて小規模ですが写真展が開かれることがあります。観ているアメリカ人たちは初めてみる写真のあまりのむごさに言葉を失っていました。とにかく情報をどんどん世界へ持ち出さなければなりません。他の国々も、もっと知ってほしいですね。でも、まず日本国民がもっともっと原爆や戦争に反対する意識を高めなければなりません。

オリンピック。残念でしたね、亮子さん。あんな負け方ぜったいに納得できないでしょうね。でも口を真一文字に結んで堪えていた谷選手。頭の中では「なんで・・」がグルグル回っていたでしょうね。それを抑えて残りの試合へと精神集中し、3位決定戦でみごと「イッポン」で勝ち、場外へ降りたとき、一瞬表情が変わり、涙をこらえた彼女の姿にこちらも涙目でした。スポーツに感動するのは勝利ばかりではありませんね。

私は彼女ほどすばらしい柔道選手を、いえ、女子スポーツ選手をほかに知りません。あんなに強い精神力と優れた人格は、どうしたら育つのでしょう。きっとご両親の教育だと思いますね。“ママでも金”を目指していた彼女は、「銅」でも立派という誉め言葉を本当は好まないでしょう。口惜しいのは彼女自身です。この口惜しさが、前人未到の華々しい過去の成績をもつ彼女に、今後の人生においていっそうの人間的な大きさを与えるものと信じています。夫の谷選手の胸でおもいきり悔し泣きしてください。お疲れ様でした、ヤワラちゃん。ありがとう、谷亮子さん。

|

2008年8月 6日 (水)

ひさびさの雨

やっと雨が降りました。昼過ぎから雷がゴロゴロ。大阪でも東の方では大雨になったとニュースで知りましたが、降るのかな降らないのかなという空でした。午後3時すぎ、やっと降りました。強い雨ではありませんが、カラカラの庭の植物や芝が喜んでいるようでした。30分ほどの雨でしたが、そのあと涼しい風が吹きました。南大阪では連日35度を越える猛暑でしたから、ほんとうに有難かったですね。今夜は涼しいです。

さて皆さん、今日は原爆記念日です。広島に原爆が投下されて63年目の日です。皆さんは黙祷をなさいましたか。その時間でなくても、あぁ、今日は原爆の日だ、多くの人が地獄の苦しみを味わい、命を奪われた日だと思いを馳せましたか。

近頃、8月6日が何の日か知らない人が多いそうです。もちろん9日もでしょう。嘆かわしいことですね。いつも思うのですが、唯一の被爆国である日本で、なぜもっと原爆に関することを教育現場で教えないのでしょうか。教科書に出てくるのは知っています。英語の教科書にも出てきました。しかしそれらの大部分は情的に書かれすぎており、ではこれから自分たちが何をすればいいのだろうというところまで踏み込んでいません。昨夜遅くNHK放映の「ヒバクシャからの手紙」という番組を観ていましたが、被爆された方々の切々たるお手紙に胸が痛みました。同時にいろいろなことを考えました。なぜこのような番組を深夜の人が眠る時間に放送するのかということです。いわゆるゴールデンタイムに放映すればいいではないか。そうすればもっと観る人が増えるはずだ。そう思ったので番組中のメールを募集していたのでそう書いて送りました。それと教育現場でもっとなぜ教えないのかということも。ヒロシマ・ナガサキの日は国民が黙祷を。修学旅行も最近では原爆の地へ訪れず、生徒をいかに遊ばせるかと工夫する学校も多いようですが、ヒロシマ・ナガサキを訪れることを各学校に義務付けてはどうでしょう。なぜなら63年経ってはいるけれど、現地へ行くと資料館で目にするモノに何かを感じるでしょうから。そういう私はまだ広島へ行ったことがありません。怖くてまだ行けません。沖縄もです。怖いというより辛くてまだ行けないのです。しかし長崎で見た黒焦げの少年の遺体、炭になったアルミ弁当箱、ひん曲がったラムネのビン・・。原爆の凄まじさを感じずにはいられませんでした。

親が子を、子が親を殺したとか、むしゃくしゃするから誰でもいいと思って殺したなど、そんなニュースに我々は驚かなくなっています。自殺者がうなぎのぼりだということにも耳が慣れてしまっています。なぜ、このようなことになったのでしょう。その原因を考えると、私は戦争を、原爆を教えなかったというところに行き着きます。命の大切さを学ぶ機会が無いのです。私たちは学校で戦争や原爆についていかほど教えられたでしょう。少しばかり教科書に出てきたところだけ表面をなぞる程度に教えられ、系統的な反戦教育を受けてきませんでした。戦争放棄は日本の誇ることですが、あとは教えなくていいのではなく、一貫して平和や戦争についての教育をするべきなのです。戦争責任を明確にしなかった日本、戦争を子どもたちに教えない日本。自由、自由と誤った自由が氾濫し、それが今の倫理観や道徳観の低下を招き、軟弱な人間をつくり、無茶苦茶な迷走を始めている日本を形成し、どうすることも出来なくなっている理由の一つだと私は考えます。自国を愛さない人は居ません。自国への熱い思いをオリンピックだけでなく、毎年やってくる戦争や原爆の日にも持たなければならないと思います。

私は「言葉屋」の3度目の校正にかかっています。文章はかなりよくなってきましたよ。(自画自賛) 「とび」との組み合わせはやめようかと考えています。あまりにもカラーの違うものなので。それじゃ何と? それがね、まだ未定です。まもなく科目履修テストがあるから、その勉強も今日から始めてるし、もしかしたら10月1日には出版が間に合わないかもしれません。試験は17日。それが終われば急いで組み合わせを考えてその原稿の手直しにかかります。道行考の中で自分が好きな作品をゆっくりと形にしていこうと思っています。capacityが狭くなったなと認めつつも、何をっと認めたくない私も居て・・・。がんばりまっす。

あなたは元気ですか。暑いけれどくたびれていませんか。あれやこれやと考えず、とりあえず今日することだけに全力投球。私は相も変わらず猫たちに手をやきながら、気楽に毎日過しています。はい、私も今日のことだけを精いっぱい。人生はその延長、このやり方で頑張ります。それではまた。 元気に毎日を過ごしてください。 右近

|

2008年8月 5日 (火)

雨乞いでも

こっち雨じゃないんだよ。ちっとも雨が降らなくて。 だから出てきたいんだけど出てこられない。一応、ルールをつくったものだから。 ゴメン。来てくれてありがとう。逆さテルテル坊主でも下げようか。今週も元気でね。君も君も君も君も君も・・・ 雨の神様、どうか右近庵にも降らせてください。

|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »