« 降ってきました | トップページ | ジュリーの威力 »

2008年9月18日 (木)

今夜はジュリーの話でも

昨夜は閉会式を観ていましたが、気になっている番組がありました。SONGSです。この番組は私たちの世代にとって懐かしいmusician(ひとつめのiにアクセントを置いてね)を取り上げるので、ときどき観ています。昨夜は沢田研二さんでした。チャンネルをNHK総合に変えると、そこに映っていたのは昔とはほど遠いお姿のジュリーでした。まずそのことに驚いてしまったのですが、彼の話すことや歌う曲に聞き入ってしまい、閉会式を中断してそちらを最後まで観てしまいました。そこで今夜は趣向を変えて彼に即興で手紙を書くということをして、この場を楽しもうと思います。

拝啓 沢田研二様

突然に手紙を差し上げる無礼をお許し下さい。
昨夜、あなたをテレビで拝見し、言葉を届けずには居られずこの場よりお伝えいたします。わずかなお時間を頂戴し、お目を通していただければ幸甚です。

私はあなたのファンではありませんでした。若い頃は洋楽一辺倒で、ビートルズ、ストーンズをはじめとするリヴァプールサウンズや、ビーチボーイズ、ボヴ・ディランなどのアメリカから入ってくる歌にシビレていました。ですから日本でのグループサウンズブームには無関心のまま大人になりました。その頃はテレビを観ることもほとんどなく、貴方の所属するタイガースにも全く興味がありませんでした。申し訳ありません。けれども貴方たちが京都出身の人気グループであることを知らないはずはなく、貴方が並はずれた美貌をもった青年であることは、もちろん知っていました。

解散をしていたのかどうか、貴方はグループとは別に沢田研二として歌うようになってからも大ヒットを飛ばしましたね。「勝手にしやがれ」や「時の過ぎゆくままに」など阿久悠さん作詞の曲は私も好きです。「勝手にしやがれ」の貴方ときたら白いスーツに白い帽子、それを客席にポイッと投げる姿もさまになり、ほんとうにカッコよかったです。「時の過ぎゆくままに」の物憂い感じの表情も、好き嫌いは別としてそれは美しいものでした。これらの曲が大ヒットした頃、私は100%女であり、最初の子どもの子育てに多忙な日々でした。

美しいけれどもとくに惹かれはしない。私にとって貴方はそんな歌手でした。最近、私はテレビを観る時間が昔よりふえました。懐かしい人たちが出ている歌番組なども時々観たりもします。ところが貴方のお姿は観ることがなく、阿久悠さんがお亡くなりになったときでさえ、出演されずに他の歌手が貴方の曲を歌っていました。タイガースの他のメンバー全員が出ている時にも、主役の貴方は居ませんでした。ですから貴方はもう歌手活動をやめておられるのかと思っていました。関西弁で人情ものの芝居などに出演されていることは新聞の広告で知っていました。もしかしたら藤山寛美路線を突っ走っておられるのかとも考えました。劇場の広告に写っているあなたはふくよかで、ずいぶんお太りになられたものだ、これは芝居に出るためだろうかなどと思ったりしました。

そして昨夜、現在の貴方のお姿をとくと拝見いたしました。実にお太りになられました。驚きました。しかし、私は貴方から最後まで目を離すことができませんでした。いいえ、太っているからではありません。還暦を迎えられたという貴方は、いろいろなものを吹っ切られたのか美しいままでおられたからです。たしかに太られました。でも、貴方の目はあの頃のように澄んでいましたし、声も歌い方も大きく変わってはいませんでした。大きく変わったのはただひとつ、あなたが太ったことでした。けれどもそれも今の自分だと貴方は受け容れ、自信に満ちて美しかったのです。

貴方は色白で、妙に鍛えたりせず、中性的な感じの美しい人でした。天性の美貌と歌唱力、というよりもあの伸びのある素晴らしい声をご両親から授かり、当時は呼び名も無かったビジュアル形の歌手のハシリで、いまだ貴方を超える人は居ないと私は思っています。近頃は中途半端な化粧をしたり、よく喋って精神性をこねまわしたりする歌手は居るようですが、貴方は違いました。見せる、聴かせることに徹し、一部のスキもないファッション、動き、表情で女性達を魅了しましたね。(男性達もかもしれません) あなたはよけいなことを語ることをせず、職人のようにひたすら見せ、聴かせ、魅せたのです。貴方のまねをして人々は歌い、のど自慢大会に出場し、貴方のまねをしてカラオケでウサを晴らしたのです。どうあがいても、逆立ちしても、貴方ほど美しく歌えないにしてもです。

そんな貴方は自身の美しさに、ナルシスのように恋をしたかもしれません。その貴方が、敢えて言うなら、見るも無残にお太りになった・・・。そしてそのお姿で全国ネットのテレビ番組に出演されました。唖然としたのはおそらく私ばかりではないでしょう。多くのかつてのジュリーおよび沢田研二ファンが少なからず驚いたことでしょう。けれどもテレビのこちら側のことなど関係なく、あなたは爽やかに話し、コーラスをバックにのびのびと歌い、少年のような瞳で言いました。歌をやっていてよかった。もしやっていなかったら、ろくな人生を歩んでいなかっただろうと。

私は貴方が好きになりました。美しかった自分を皆が覚えているのに、お腹を出し、ゴムが入っているような股上の長いズボンを穿き、太った貴方はそれでも動き回って歌いながら、わざわざ上着のボタンを外し、振り回してみせ、最後には放り上げて「勝手にしやがれ」を歌い終えました。そんな貴方が私は大好きになりました。恋ではなく、人生や社会を歌うようになっている貴方も好きです。「私の窮状」という歌、いいですね。今から私は貴方のファンになりましょう。CDも初めて買いましょう。美貌の沢田研二ではなく、今の自分をそのまま出し、社会に対して言葉を出していこうとする60歳の沢田研二が好きになりました。貴方はステキです。今の貴方がいちばんステキです。いろいろありましたという貴方。それはそうでしょう。それらを超えて60年生きてきた貴方自身で堂々と表に出る貴方は素晴らしくカッコいいですよ。

ところで貴方はご飯が大好きだそうですね。ご飯ものにとにかく目が無いのだと、何年か前にそう話しておられるのを観ました。どおりで・・。 でも、貴方はこれからもステージを続けたいと仰っていました。あと5年は大丈夫だとも。いえいえ、もっと続けてくださいね。その為には、それ以上お太りになってはいけません。もちろんファンの皆さんは、貴方が山本山のように252キロにまでなられたとしても貴方のことがが大好きでしょうが、ダメなのです。ミック・ジャガーを見てください。恐るべきカラダです。コンサートを続けるためだそうです。ずっと歌いたいなら、ステージを続けたいなら、どうか大好きなご飯を少しだけ減らしてください。下半身が大事だと仰るならば歩くもよし、走るもよし、それから寝る前には腹筋運動もしてください。貴方の歌声をいつまでも聞き続けたい人たちのために。

私は昨夜、貴方の魅力をいくつも知りました。田中裕子さんは、それはそれは貴方が可愛くていらっしゃることでしょう。ご飯だって、貴方がお茶碗を差し出しても、「おかわりは、もうダメ!」なんてとても言えないでしょうね。でもお気をつけください。肥満からさまざまな病気が起こります。ある日とつぜん帰らぬ人となることもあるのですよ。ですから、まだまだこの先もずっと歌いたいなら飲食の節制をしてください。最後にそのことをお願いして長い手紙を終わります。ネット上では私のほかにも貴方の姿に感動したと言っている人たちがいましたよ。頑張ってください。私も応援しています。11月の京セラドームには行けませんが、東京ドームとともにライブの成功を祈っています。それでは来週もSONGSⅡを楽しみにしています。

                               敬具

                    団塊の世代を尊敬する右近より

★還暦ジュリーの「勝手にしやがれ」

http://jp.youtube.com/watch?v=jZlC11iT_sU&feature=related

★昔のジュリーの「勝手にしやがれ」

http://jp.youtube.com/watch?v=qtjoGFmcUtk&feature=related

今日はすこし雨が降りました。あしたはたくさん降るようです。
それでは今夜はこの辺で。   右近

|

« 降ってきました | トップページ | ジュリーの威力 »

右近トーク」カテゴリの記事