« かわいいお客様 | トップページ | Speech上手なオバマさん »

2008年10月26日 (日)

おかえりなさい「透けてゆく人」

3年間の文芸社との契約期間が終了し、先日、残っている本が届きました。150冊です。コネなし、バックボーンなし、宣伝費を余分にかけずに一匹狼でこれだけ売れたら上々です。(^.^) あ、拍手をありがとう。応援してくださったり販売に協力してくださったり買ってくださった皆さん、どうもありがとう。あらためてお礼を申しあげます。m(__)m

現在まだ書店やWeb書店にいくらか在庫が残っている所もあるかと思いますが、やがて買えなくなると思われます。ということで、今後の「透けてゆく人」のご購入は、著者から直接かAmazonのe託販売のみになります。(注文が入れば私に連絡がくる仕組みです)また、「平成道行考」内に本の購入コーナーも設けました。お買い求めの際には、そちらからかAmazonのサイトよりご連絡ください。

さて、図書館への寄付でも始めますか。幸いあの本は「選定図書」なので、どこの図書館も置いてくれます。暇な折にでもセッセと送るとしましょう。もちろん未購入の皆さんには、買っていただければ、これほどうれしいことはありません。

玄関に詰まれた四つの箱を見ていると、「おう、おう、お疲れさん。ご苦労だったね」とリュウとナオちゃんをねぎらってやりたい気持ちです。破損や汚れのカバーなどを取り替えて化粧直しを施されては書庫で眠っていたものです。でも、これでB社と縁が切れたと思うとなんだかホッとします。とりあえず、二人には温かいお風呂にでも入ってもらい、手料理でもてなし、作者ともども一杯やりますか。笑

レポートが一段落し、土日はノンビリしました。清書や、本の二度目の校正もあるので、今夜からまた頑張ります。右近庵ではよく降った土日でした。明日からまた一週間、月末まで頑張ってください。それでは皆さん、ごきげんよう。

|

« かわいいお客様 | トップページ | Speech上手なオバマさん »

右近トーク」カテゴリの記事