« 蜜蝋ろうそくで静かな夜を | トップページ | おかえりなさい「透けてゆく人」 »

2008年10月23日 (木)

かわいいお客様

今日は右近庵に訪れるお客様のことでも話しましょうか。

その1. この雨が降る前に晴天が続いていたときある日、敷き布団を干しました。夕方近くになって取り入れました。押入れに納めて居間へ戻ると首筋に何かあたりました。電気の紐かなと思ってふり向くと、紐までは30㎝ほどあります。なんだ紐じゃなかったんだ。気にとめずに台所へ行きました。右下の方の視界に何か入りました。肩に大きなカマキリがいました。 

ふつうなら、ここで「キャーッ!」とか「ギャーッ!」かもしれませんね。私の反応は「なんだ君だったのか」。おそらくふっくら脹らんだ布団にでも居たのでしょう。いきなり部屋の中へ連れ去られ、カマキリ君は迷惑そうでした。見ていると、私の肩から飛び降りました。床を歩くのですが、家の中では長生きできません。そこですぐに捕まえて、庭猫が居ない所へ逃がしてあげました。

その2.きのうのことです。食器を洗おうと流しへ行くと、何かが跳ねました。見るときれいな色のアマガエルです。あれあれ、また入ってたの? カエルを家の中で見つけることはたびたびあることで、戸を開閉する時や、猫のために開けている間に入るのでしょう。こちらのお客様も家の中では乾いてしまいます。乾けば困るのは私の比ではないでしょうから、どうしても捕まえなければなりません。捕まえようとするとピョンと飛び跳ねます。強く押さえることもできません。そこでいつものごとく袋です。袋の口を広げて封じ込めます。そして外へ。元気でね。

右近庵に住んで11年。いろいろなお客様がやってくるので、かれらと仲良しになりました。ヘビ、コウモリ、ムカデ、モグラ、カブトムシなどには最初は驚きましたが、今では何が出てきても驚きません。むしろ、やってきてくれることがうれしいくらいです。あのカマキリ君は冬をどう越すのかな。カエル君はそろそろ冬眠準備だなぁ。

昨夜は一晩じゅう雨の音がしていました。私はあれからジャズも聴かず、出来上がったレポートを見直しているうち、後半の納得できない仕上がり部分を直したくなり、また勉強をしてしまいました。なんで、「ま、こんなもんやろ」の心境にすぐなれないのかな。今日は今日で二度目のゲラ刷りの校正紙が到着。もうほとんど直す箇所はありません。ないはずですが、見るとまた直したくなるので、とりあえず今日は見ないでおきましょう。

降ったりやんだりの雨の一日でした。今も降っています。皆さんの所も雨でしたか。まもなく週末です。そろそろお疲れ気味でしょうか。がんばってくださいね。今夜はモーツァルト。それでは また。

|

« 蜜蝋ろうそくで静かな夜を | トップページ | おかえりなさい「透けてゆく人」 »

右近トーク」カテゴリの記事