« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

無事終了

試験、バッチリでした。やっぱり「英文法」は一番簡単なものが出ましてね。米文学のほうは自信もあったし、これも確実合格。これで今年度の取得予定18単位のうち、14単位が取れそうです。あとは年が明けてから一教科、4単位の取得予定です。

きのうは仕上げをバッチリしようと濃いコーヒーを飲んだせいか、ちっとも眠れず、明け方になり明るくなってしまいました。いつものことですが、朝の十時には家を出ないといけないのに、6時になても7時になっても眠れない。半ばアキラメて、目だけでも休めてればいいやとじぃじぃと寝床にいましたが、完全に朝になり、起き出しました。結局、一睡もせずに出かけることに。(-_-;)

こういうことはよくあることで、昔から、明日は早起きをしなければと思っただけで眠れなくなる。もし寝坊したらどうしようという気持ちのえいでしょうか。それとも自分ではわからないけれど緊張して眠れないのでしょうか。いずれにしても軟弱なことです。こんなんじゃ芸能人にはなれないな。(笑) 眠ることには神経質でね、旅先でも初日はまず眠れない。次の日からは疲労で眠れるんだけれど。

久しぶりの神戸もとんぼ帰りでした。今日は右近庵も神戸も寒かったですね。ウサギ目の腰痛の私でしたが、ふるさとは歩いているだけでうれしくなります。電車の窓から見える山並みが続く神戸の街は秋色できれいでしたよ。しかし午後二時半には会場を出て、四時半には家に帰ってきました。ウサギ目の右近です。あぁ、疲れた・・。

頑張れメール、お疲れ様メールくださった皆さん、ありがとう。今日はぐっすり眠れると思います。それでは皆さん、御機嫌よう。
 びゅわ~ん びゅわ~ん びゅわ~ん!0系さん、お疲れさま~。 

 お知らせ  右近メールは疲れがとれたら送信いたします。ごめんなさい。

|

2008年11月29日 (土)

何とか行けそう

夜になって通り雨か、強めの雨が何度か降りました。風もあります。
きのうまで安静にしていて、何とか私は歩けるようになりました。といってもシャンシャンと歩ける訳ではありませんが、神戸の試験場までなんとかたどり着くことは出来るでしょう。いえ、這ってでも、飛んででも行かねばならぬぅぅぅ。(あぁ、フルイフルイ三波春夫サンになってしまった)

2日間、寝床で最後の勉強をして12問中どれが出てもいけるかな、というところまできました。あとは電車の中での復習と、着いてから教室で確認するばかり。6問は4つの戯曲からの出題で、これは論述式だしどれが出ても自信アリ。あと1教科の6問はちょっと厄介だけどほぼクリア。夏には難しい問題ばかり必死でやってて、これはいいっかとサラリと流したのが出た。そんなもんなんですねぇ試験って。でも、ヤマかけるのは昔からできない主義でね。準備が足りないとすべてに自信がもてなくて落ち着かない。で、今回も一ヶ月みっちり勉強しました。コレが終わるとひと安心。明日の今頃は解放感に浸っていられるかなぁ。きっと疲れて寝てるだろうなぁ。

スケートでは真央さんはじめ、日本女性が表彰台を独占。偉いよね、彼女達。スポーツ選手って技を磨くこともだけれど、常に自分に克つ精神力を鍛えなければなりません。尊敬しますね。 なんだか励まされましたよ彼女達に。あしたは男子ですね。こちらも頑張ってますよ。終わったら急いで帰ってこようっと。

右近庵近辺では、あしたは気温が下がるようです。もう冷えてきましたね。皆さんのところはいかがでしょうか。それでは明日、朝から起きて行ってきます。頑張ってきま~す。   本番にはツヨイ右近より  

|

2008年11月27日 (木)

Amazonで「言葉屋」の予約開始です

夕方から降り始めました。雨です。
今日はさっき初めてパソコンを開けました。出版社からの連絡が入っており、アマゾンが受注を開始したそうです。私の所には4日に本が届くそうです。以外に早くできますね。どうぞ宜しくお願いいたします。
〈「言葉屋」 安孫子良 パレードブックス 1365円〉

私は二教科12項目の試験勉強のめどが立ちました。坐ってばかりで体がナマってしまったかなと昨日いろいろと体操をしました。会場への往復にも体力が必要だからです。ところが急にやったのがいけなかったのか、夜中から腰痛が・・。(-_-;) 今日になって痛みが強くなってしまいました。(バカだなぁ) で、温めて、コンドロイチンを呑んで、寝ています。まとめたレポート用紙を寝床で読み、ブツブツ言いながら暗記しています。

暗記は得意。コツがあります。アタマ出しってやり方です。項目や文章のアタマの文字だけを呪文のように縦に覚えてしまいます。もちろんアタマ出しで後が続いて出てくるようにはしておかなければなりませんが。試験って、なんといっても理解が先だけれど、項目を挙げよといった類はどうしても暗記しなければならない。その方法は学生時代からやっています。ふぅ。あと2日あればよくなるだろうという希望的観測のもと、只今“寝て勉強”の右近です。

明日は近畿では雨だし風も強いそうです。天気の悪い地域が多いようです。皆さん、どうぞお気をつけください。はい私もおとなしくしています。

お知らせ  本日、右近メールにご登録のお知らせをくださった方、文字化けしていて読めません。なんらかのトラブルがあるようです。よろしかったらHomeの赤いポストからのメールで再度ご連絡ください。

|

2008年11月24日 (月)

「平成道行考」6周年

雨です。一日じゅう降ったりやんだりで、先ほど強く降りました。

きのうですか今日ですか、「平成道行考」は6周年を迎えました。昨年、ちょうど5年の節目を迎え、潮時だと考えて終了するつもりでいたのですが、更新もほとんどないままに、さらに1年が経ちました。月日が経つのは早いものです。

今は道行考に訪れる人もほとんど無く、開店休業の状態です。組み込んでいるブログの方にのみご訪問のお客様がわずかばかりおられます。更新をしないのですから、仕方のないことかと思いますが、更新があっても無くても、毎日かならず表玄関からお越しくださり、ご挨拶してくださる貴方、誠にありがとうございます。

私は本来ブロガーではなくHP運営者でありまして、時間ができればまた「ひとり言」など書きたいと思っていますよ。昨年、完全に終了しなかった理由のひとつに、「ひとり言」が途中になるからというのが私の中にありました。ものごとを中途半端に終わらせるのがあまり好きでなくて。それにあのページは気楽に書いて、自身もっとも楽しんでいますから続けようかと思ったわけです。と言いながらもほとんど更新ができない一年でした。ごめんなさい。来月はかならず何か書きますからね。日頃から、もの申すといった題材はたくさんあるのですが、いかんせん、今は時間が無くて申し訳ありません。

私は次の日曜日、二科目の試験を受けるため、只今、猛勉強中です。真夏と違って勉強しやすい時候ですが、しんどいことに変わりありません。それが終わると、「終わった~っ!」とひとまず休養と言いたいところですが、近所の本屋さんへの挨拶やら、知人、友人への協力依頼の文書作りおよびチラシ郵送など、いろいろすることが山積です。

右近庵の裏山はようやく色づき始めました。此処へきて11年めですが、紅葉、落葉の時期は確実に遅くなっており、温暖化が進んだんだなぁと小さな自然のなかにも感じます。
連休でしたが、雨の中、紅葉狩りへ行かれたかたもおられたことでしょう。一日短い一週間を、お元気でお過し下さい。
それでは皆さん、ごきげんよう。

|

2008年11月21日 (金)

若かりし日のジュリー

相撲が終わる頃に雷の音。冬なのにね。それから雨。
私の風邪はよくなってきました。今夜、8:10よりBS2で沢田研二の若かりし頃の映像がたっぷり見られるようですよ。前回SONGSを見逃して残念がっておられたかた、今度はお見逃しなく。私はやっと起きられたので勉強です。それに今のジュリーの方が好きなので。とりあえずお知らせまで。この下も読んでくださいね。↓ では、御機嫌よう。

|

2008年11月19日 (水)

「言葉屋」出版情報

雨ではないのですが出てきました。出版社からの報告があり、販売予定の書店のリストが一部送られてきました。なんとなくうれしくて、早くお知らせしたくて出てきたわけです。皆さんのおなじみの書店がありますか?

まだ営業の日が浅く、販売予定の書店はこれからふえます。とりあえず、これだけですが。《「平成道行考」のhomeの、“「言葉屋」出版情報”をクリックしてください。》 関西地区から始めたようで、大阪・京都が多いですね。神戸は三宮駅前ジュンク堂がありますが、もっとふえてほしいなぁ。関東地区も徐々にふえていくと思います。リストにある書店ではすでに予約が可能かと思われます。もちろんリストにない書店でも予約は可能ですし、取り寄せてもらえます。

サイトにご訪問の皆様はWeb書店をご利用のかたがたも多いことでしょう。そちらの方は今しばらくお持ち下さい。出版社へも待ってくださいとのことです。今週中に印刷に入り、本が手元にそろってからのご注文だそうです。私のほうへはすでに受け付けています。

寒いですね~。今日は霙が降ったようです。私はずっと風邪ひきかけをkeepして踏ん張っていたのですが、ついに寝込んでしまいました。でもなんとなくうれしくてお知らせにきました。これから本が出るまで、雨が降ってなくても、お知らせがあるときは出てきます。どうぞ皆さん、よろしくお願いいたします。では私は寝床へ戻ります。皆さんも気をつけてね。

|

2008年11月17日 (月)

通り雨

カレーを食べているとザーッという音。通り雨でした。文学的には驟雨<しゅうう>です。 

今回の出版社がどこかというお問い合わせがありましたが、本が準備できてから販売の対応をするそうです。自費出版専門の出版社です。本社は大阪、支社が東京です。社名の発表は今しばらくお待ち下さい。

私は「透けてゆく人」の販売方法を模索しているのですが、とりあえずすぐに手続きができるAmazonのマーケットプレイスに登録しました。もう上がってきますよ。咄嗟に書いた出品者名が“オフィス右近”。オフィスも何もないのですけれど。はい、私がひとりで自著を売ろうとしているだけです。こうしておけば、おひとりでも、おふたりでも、まだ読んでいただけるかなぁと思って。私が自身で買った(買わされた?)ものもまだ手元に数十冊あるので、これをお売りしたいかなぁと。大事にとっておいても仕方ないものね。文芸社から戻ってきたものは図書館への寄付を考えています。

近畿では明日から冬型の天気で冷え込むとか。皆さんのところでも冷えるのではありませんか。暖かくしてお過し下さい。それではこれで失礼いたします。

|

2008年11月16日 (日)

「言葉屋」の出版について

出版のことですが、来月半ば(正確には発行日は12月16日)です。出版社名その他の詳細につきましては近々正式に発表いたします。今しばらくお待ち下さい。道行考の常連様に関しましては、サイトよりご注文いただけると有難いです。もちろん出版社、Web書店、一般書店のいずれにてもお買い求めいただけるようにいたします。私へのご注文はすでに受け付けております。サイト内の「安孫子 良の本」よりお申し込みください。刷り上った本が私のところへ届き次第、いち早く発送いたします。以上、よろしくお願いいたします。

 お願い: 本の販売に協力していただける皆さんがおられましたら嬉しいです。何冊でも結構です。ご連絡をお待ちしています。

私は今日はツイていません。だるさで動けないところへ、今度はヤケドです。左足の甲を半分ほど。いでででで・・。ちょっと疲れていますね私は。皆さんもいろいろお気をつけて。夜中にひどい降りになった雨は起きると上がっていました。それでは、ごきげんよう。一週間をお元気で。

|

2008年11月15日 (土)

校正終了

夜中に雨が降ったようです。起きると庭のレンガタイルが濡れていました。日中は陽が射して降りませんでした。あしたも雨とか。でも天気予報は当たることもあるけれど、当たらないことも多いので、どうでしょう。

最終の校正を昨日終えて修正箇所を送信、やっと終わりました。ばんざ~い。\(^o^)/ だいたい普通の回数の3度で終えることができました。もう私のすることはありません。やれやれ。 ところで、このたびの出版社はオプションで書店営業が頼めまして、300部を頼みましたところ、一週間で60冊の注文がとれたとか。出足は好調です。ではとばかりに、もう300部を頼みました。それらは名古屋・東京を中心に営業してくださるそうです。ということは、その方面に住んでおられる皆さんが行かれる本屋さんに並ぶこともありうるということです。書店名の詳細を知ることができるかどうか現時点では分かりません。また訊ねてみます。

本のことがやっと一段落したので、落ち着いて勉強できます。戯曲2編を読んで試験に出題される問題に対し、要点をまとめます。「楡の木陰の欲望」、「セールスマンの死」。前者は初めて読みましたが、すごい。後者は名優滝沢修のウィリーを観たことがあります。戯曲をあらためて読んで、これもすごい。どちらも今の時代にもっと読まれてもいいと思う名作です。皆さんも、読んでみませんか。「ガラスの動物園」や「わが町」も。

私の小さな畑では、サツマイモとミニトマトが終わり、サトイモや芽キャベツが元気です。何か菜っ葉の苗でも買ってきて植えないと。
雨の日曜日となる所が多いようです。どうぞいい日曜日にしてください。それでは、ごきげんよう。

  おたずねいたします。昨日、右近メールにご登録のメールをくださった方へ。文字化けして読むことができません。もしイタズラでなければ再度送信してみてください。また、現在は正規のメールアドレスでのみ登録していただけます。(フリーメールでは不可) セキュリティのレベルを上げているので、もしかしたらフリーメールでのメール受信そのものができないかもしれません。あしからずご了承ください。

|

2008年11月 8日 (土)

雨続き

今日も雨でした。いったん降るとしばらく続きます。今夜は冷え込んでもいます。私はどうやら夜中に勉強しているときに、少々風邪をひいたようです。早めに葛根湯を呑みました。この葛根湯、コタローという会社のものなんですよ。かかりつけの病院で処方されるものですが。コタロー。おかしいですね。うちの小太郎はずいぶん立派になりましたよ。でも相変らず姉妹と共に庭に住み、どこへも遠征する気配はありません。

きのうの記事がためになるとのメールを頂きました。その日、気ままに書いていることが、何らかの形で参考にしていただけるのはうれしいことです。ご連絡ありがとうございます。私のほうこそ、勉強したものをもう一度復習できてよかったです。

雨の週末です。関西では紅葉が年々遅れています。京都など見頃は下旬か来月初旬とか。ここにも温暖化の影響ですね。ただ、台風が来なかったので、みごとな紅葉が期待できるそうですよ。それでは皆さん、よきお休みを。ごきげんよう。

|

2008年11月 7日 (金)

協調の原則

昨夜、勉強していると、テキストにこんなことが書かれていました。それは「会話の含意」という章の中にあるもので、グライスという学者による理論です。グライスは会話による含意を説明するために、協調の原則と4種類の会話の公理というのを定めました。協調の原則を彼は以下のように言っています。

「あなたが参加している会話で、その場にいる誰もがこの会話では当然のこととして認めている方向や目的にそむかないよう場面場面で協力せよ。」

そのテキストを書いた先生は、私たちが日常生活のどんな場面においても常に共通の了解事項に基いて行動する。たとえば車を運転するとき、他の人も同じ規則に従って行動しているだろうという前提のもとに運転をする。そういう前提が成り立たなければ、交通システムは機能しなくなってしまうという例を挙げて説明しています。

会話についても同じです。一つの共同体の中で、人は共通の基準に従って振舞うのであり、そうすることで会話はおおむねうまくいく。だが、たとえば相手が幼児や酔漢であれば、社会の基準を満たさない場合もある。また、別の文化圏に属する外国人などであれば、違った基準に従って話すかもしれない。その場合はそれが予測できるとあります。

協調の原則を提案したグライスはまた、以下の4種類の会話の公理を提唱した。それは量・質・関係・様式である。

1.量(quantity)の公理:必要とされている情報をすべて与えよ。必要以上の情報は与えるな。
2.質(quality)の公理:真実ではないと思っていることは言うな。充分な証拠がないことは言うな。
3.関係(relation)の公理:的外れなことは言うな。
4.様式(mannerrs)の公理:不明確な表現は避けよ。あいまいな言い方は避けよ。簡潔に言え。よく整理した話し方をせよ。

ふむふむ。KYサンではいけないわけですな。文章を書く上でも同じことがいえます。勉強になります。近頃の若い人に、(若くなくても)話すのが苦手という人がふえています。これは話す訓練をする機会をあまり持たなかったせいだと思われます。そうですね、テレビだとかゲームだとか、それから受身で聞くばかりの学習などのために。会話はキャッチボールだとはよく言われることですが、相手が投げているのに受け留めようとしなければ、ボールは転がってどこかへ行きます。また、相手が取れないような投げ方をしても受け留められません。会話も同じです。相手を思い遣りながら、言葉のやり取りをするのです。それがつまり協調の原則でしょう。

そういった訓練が出来ていない人は、自分の鬱屈した気持ちを表現するのが苦手で、いわゆるキレたり、また会話の暗黙のルールを身につけていない人は人との円滑な関係を築くことが不得手です。そう考えると、言葉は大切ですね。「三つ子の魂 百まで」と言われますが、「三つ子の言葉 百まで」も言えるんじゃないでしょうか。言葉=思考です。言葉でものを考え、言葉で人と関わります。現代の荒廃した社会は、言葉を軽視したり、ぞんざいに扱うようになってしまった結果という側面があることは否定できませんね。

隠遁生活になってしまった私には大きなことは言えませんが、家庭での言葉教育、社会においての言葉でのコミュニケーション。それが基本ではないかと思います。子供たちの心の荒廃、それはまず、大人の言葉の乱れや心の荒廃を何とかしないかぎり改善はないでしょう。

テキストからとんでもなく飛躍してしまいましたが、英文法を学んでいるはずが、英語だけではなく、こうして様々なことを学びます。それがまた学びの楽しさです。今日はシーズン初のひとり鍋を食べていると、ザーッ!と雨の音。すぐにやんだようです。週末ですね。それでは皆さん、ごきげんよう。

|

2008年11月 6日 (木)

Speech上手なオバマさん

予想通り民主党の大勝利でしたね。オバマさん、相変らず演説がお上手です。演説といえば、歴史上に残るリンカーンのゲティスバーグでの演説があります。ご存知、Four score and seven years ago で始まる有名な演説です。暗記させられた人も多いのでは?また、キング牧師の I Have A Dream!のスピーチも有名です。オバマさんはリンカーンの演説からgovernment of the people by the people for the people(「人民の人民による人民のための政治」)の部分を取り入れていましたね。誰もがわけへだてなくというくだりで、「ゲイの人も」という言葉を用いたのも歴史的なことではないでしょうかね。そんな大統領は今までどこにも居なかった。できればLGBTすべてを言ってほしかったけれどね。けれどHappy ChristmasでJohn Lennonも言っていない境遇の人を公の場で口にしたのはオバマさんが最初でしょう。拍手。
今の日本にはオバマさんのように強力なリーダーとなる資質をもつ人が居ないのは残念なことです。私は一定所得層に自己申告させての一律に還付金受給をなどと本気で議論している与党が信じられませんよ。まずはせっぱつまっている貧窮にあえぐ人たちの救済からでしょう。そんなことをして国民の機嫌をとろうとしている自民党、揚げ足ばかりとってパッとしない民主党。二大政党さん、しっかりしてくださいね。

“ひとりちゃんちゃん焼き”(←初めてしてみたけれど、とっても美味)の夕食をとっていたらザーッと雨音。本降りになってきました。明日は広い範囲で雨だそうです。秋は頭が冴えて勉強がはかどります。
それでは皆さん、ごきげんよう。 勉強三昧の右近より

|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »