« 思い出を少しずつ | トップページ | 私はいったいどっち? »

2008年12月21日 (日)

何を話そうか

Deji_100 残り少ない日々を、何を話そうか。なるべ有意義なことを話したいと考えつつも、ココログをひらくと気ままなお喋りになっています。それでいいよね。だってココは誰もがくつろぐ場所だと思うし。それで、さっきから気になってる、左の小さな画像? あぁ、これね。今から話すよ。皆さん、コンパクトデジカメで写真を写すでしょ。そのときですが、左手はこのようにしてカメラを持ちましょう。そうすると手ブレしません。よく写真を撮っておられる方の手元を見ると、たいていカメラの両端を並行に持って写しておられます。その構え方ではシャッターを下へ押すので、そのときに両手のバランスが崩れて手ブレが起こりやすくなります。左手の親指と人差し指で直角を作り、そこにカメラを載せると安定し、シャッターを押したときもカメラ本体が動きません。右手首にはストラップをかけて落下防止もしてください。一度お試しください。こうすると、とっても撮りやすいですよ。「言葉屋」の表紙の蝋燭もこうして撮りました。ブレない右近の手ブレ防止撮影法。

なんでちっちゃいの? それにモノクロだし。 それはね、左手指にシモヤケができ始めてみっともない指になってきたから。ホラ、色が変わってるでしょ。薬指と小指。血行の悪い指からいつもこうなる。これも末梢の血液の循環が悪くなるため。それでモノクロ。それでちっちゃい。わかった?でもコレ右手にケイタイ持って写してたときに、デジカメちょっと傾いてしまってる。もちろん皆さんは撮るときには傾かないように。

思いつくままに話すね。まず、今年は神戸ルミナリエに行けなくて残念だった。いろいろな疲れが溜ってて、とても行ける体力が無かったよ。あぁ、残念。来年はきっと行くぞ~。

次。今日、アマゾンを開いてみたら「愛別離苦」が出てきました。赤い字で「現在、入手できません」と出てはいたけれど。なんでアマゾンに出てくるの?書店流通させていないのにな。アマゾンのe託販売というのを考えて、質問のメールはしたけれど、申し込んではいないのに。うむ。なんでかな。 もしかしたら二冊の小説がアマゾンの検索で出てくるからかな。このたび出版の「言葉屋」ではProfileに著書に「透けてゆく人」「愛別離苦」があるとしたので、同じ著者名でアマゾンさんがどこかから画像を持ってきての掲載でしょうか。これはどうしたものかな。e託販売しかありませんね。売り上げはすべて「むくげの会」にということでe託に登録しましょうかね。しかしすごいですね、アマゾンは。何でも早い!ところでアマゾンってギリシャ神話の女神様です。勇猛な女武人族とか。弓を引くのに邪魔だから、右乳房を切ったと言われています。余談ですが。

次。そうそう、今年は五月に母を亡くしたので私は喪中です。年賀状を毎年くださる皆さん、お伝えしておきます。なぜココから? 実は「言葉屋」の刊行があったので、私はHiroshiのときにしたようには喪中欠礼のハガキを出しませんでした。親戚は分かっているのだし、年賀状をやりとりする友人や生徒たちは遠く離れていて会わない人たちばかり。でもその人たちに本のことを知らせたい。それで喪中ハガキは敢えて出さなかったのです。現役時代も父の喪中に70人くらいの生徒全員に出しました。それは互いに元日に届くように出すという生徒との約束事だったからです。このたびも、母はきっと、それでいいと言っていると思います。皆さんは本のことをご存知なので失礼いたします。ごめんなさい。

それからっと。そうだ。“思い出”だった。何でもそうだけれど、過ぎてしまえば苦労したことや嫌なことは、忘れているか小さくなっているよね。ブログもそうでね。書くこととはまた違った形で、喋ってる自分自身が一番楽しんできたように思ってる。私がまだ人間的に今よりも未熟だったために、不本意な書き込みやメールに対していちいち心身消耗をしたことは何度もありました。その結果、どのブログも結局は皆様に参加していただけないことになってしまいましたね。

しかし、きのう私は“心無い書き込み”と表現しましたが、コメントやメールで私が困ることをする人たちにも心が無いのではなく、そんな形でしか表現できないという哀しさがあったのでしょう。全然興味のない人間にはワルサもしようとは思わないでしょうから。私はいちいちへこまずに、もっと大きな心で歪んだ形の表現も包み込むべきだったのかもしれません。けれども言葉を操ろうとする人間でありながら、私はたぶん、文字から伝わる激しい言葉や感情的になった人の姿に、普通の人の何倍も打撃を受けてしまうのです。もちろん嬉しい言葉はその何十倍も何百倍もいただきました。何もかもがいい思い出です。

ところでこのブログっていう呼び方、なんだかピタッと来ないね。タイトルの“雨右近”も言いにくい。やっぱり“右近トーク”がいちばん言いやすかったね。最後はまた“右近トーク”に戻そうか。今月は雨じゃなくても晴れでも毎日出てきてるんだし。 いい考えだと思わない? なつかしの“右近トーク”に。電車の運転手になる前のコーナーに。

なんだかんだと喋っているうちにけっこう書いてしまったね。右近庵は今夜は風が強いです。明日は寒くなるらしいです。きっと皆さんのところでもそうでしょう。さあ皆さんは、一年の最後の忙しさに突入ですね。頑張ってください。私は今日少しおせちを作って冷凍しましたよ。それでは今夜はこの辺で。Ukon Barのマスター右近でした。(ウコンって飲んだことないけれど)

|

« 思い出を少しずつ | トップページ | 私はいったいどっち? »

右近トーク」カテゴリの記事