« 書店への自己営業 | トップページ | 只管打坐(しかんたざ) »

2008年12月16日 (火)

穏やかな冬日

右近庵ではそれほど寒くもなく、穏やかな日が続いています。北日本では寒いようですね。これからの長い冬。大変ですね。

目指していたことを終えたとき、瞬間的に達成感は感じますが、今まで没頭していたことが無くなると、ハタと何をしていいのか戸惑います。片付けや庭仕事をする体力も現在は持ち合わせず、一日の大半を寝床の上で過している私ですが、次に何をすればいいのかなと考えます。温めている長編の構想を練ったりしているのは楽しいことです。しばらく距離があいてしまった仏教の勉強もしようと思います。道元について学びたいと常々思っていましたから、まず本を探しましょう。病弱な私には、netで本探しができることは本当に助かります。きのうの様に私はまだまだ憤る気持ちが芽生えることがあります。もっともっと修行をしなければなりませんね、私は。

近頃私は同時にあれもこれもといくつものことが出来なくなっているので、他の事を締め出して選んだわずかなことに力を注いでいます。そのやり方は正しいと分かりました。世間や人間関係に気を使いすぎずにものごとを進めることができます。今はまず、体力を快復させなければなりません。焦燥感を生まれさせる交感神経を鎮め、副交感神経に働いてもらい、のんびりしたいのですが、それが私には難しい。(笑) 今夜は久しぶりに太宰の全集からいくつかの小説を布団の中で読んで過しましょう。それが何よりのHealingかな。

けれども今日はタマネギの苗を少しばかり植えました。それだけでうれしい。庭へ出るとはるかちゃんが喜んでくれ、走り回っていました。先に植えたものは随分育っていましたね。それもうれしい。
それでは皆さん、今日はこの辺で。

|

« 書店への自己営業 | トップページ | 只管打坐(しかんたざ) »

右近トーク」カテゴリの記事