« 面陳列第一報 | トップページ | 書店への自己営業 »

2008年12月14日 (日)

東京からも

081213_203252_256 東京の方からも写メールが届きました。ブックファースト新宿店さんだそうです。ありがとうございます。プロの“男性作家”のところに並んでいるそうです。 Web書店の分類でもその扱いのところがあります。うむ、余は満足じゃ。

今日はお知らせがあります。どのように取り扱おうかと考えていた“まぼろしの詩集”「愛別離苦」ですが、決定いたしました。200冊ばかりあったのを、これまで身近な人たちに貰っていただく形をとってきたのですが、残りの100冊足らずをこのたびご希望の皆様にお分けすることにいたしました。ネット上には出てきますが、作者からのみ入手可能の詩集です。
ただし、お譲りする際に1500円をカンパとしてお願いいたします。(実価格は1800円) それらは大阪西成でホームレスの方々に食事を提供する活動をしている団体に全額寄付いたします。尚、すでにお渡しした皆様からの温かいカンパも大歓迎です。どうぞよろしくお願いいたします。

事情があり出版をみなかった詩集ですが、現在は私の元での長期にわたる桐の箱での保存により、湿気や歪みはなくなっています。読むのにも持っておくにもなんら不都合はありません。どうぞ皆様、購買にご協力ください。詳細とお申し込みはHomeの“安孫子良の本”からどうぞ。
     赤穂浪士の討ち入りおよび右近庵への引越し記念日に

|

« 面陳列第一報 | トップページ | 書店への自己営業 »

右近トーク」カテゴリの記事