« 「赤い蝋燭」 | トップページ | こんばんは、右近です »

2008年12月28日 (日)

思いつくまま

こんばんは、右近です。とご挨拶するのもあとわずかです。ちゃんとしたことを毎日喋ろうと思いながら、いま私のアタマは空っぽのようで何も気の利いたことが浮かびません。映画漬け、焼酎漬けの毎日です。(そんなことやってないで何か書けば?)そうだね。そうすればシャキッとするかもしれない。(笑) 体は動かないし、元来の映画好き。毎日観てる。時には一日に2本観る。アルコールも何ヶ月か我慢してたから久しぶりに楽しんでる。

春からの禁欲生活で、いろいろなことを抑えてたけれど、その間は今までの自分とは違うヒトになってた。性格まで変わっていたように思いますよ。あのままいっそ坊さんへとまっしぐら、というのもよかったかもしれない。ヒトもモノもシャットして、見えてくるものがあったね。それは何って? そうだなぁ、ここでは書ききれないからまた「ひとり言」にでも。ひとり言、ひとり言ってちっとも書かないじゃない。そうだね。ごめん。では、今夜あたり書いてみましょうか。片付けも料理も体がいうこときかなくて出来そうにないし。

で、今日は何を話せばいい? じゃ、“自分のことを話すこと”について話そうか。結論から言えば、ここ2、3年ほど前から、自分のことを話すことの意義を見出せなくなっていたよ。自分のことを話して楽しい、聞いてもらって嬉しい。そういう時代を過ぎたんだろうね。むしろ個人的なことなんか、こと細かく人に話すことじゃないし、話しても仕方がない。

私はコレがブログという形式ではあるけれど、いわゆる「ブログ日記」的なものだとは思っていないし、そうはしたくないと思っていた。私の中ではそれは自分のノートに書けばいいことであって、何も人様にお見せしなくてもいいものだと思ってる。だから、いつも皆さんに話しかける形で喋り続けてきました。それが右近トークの特徴かな。

猫とはたびたび話しますが、人とまったく話さない日も多い私には、ココで喋ることはその日に唯一人間に話す場だった日もたくさんありました。その意味において、人と接する場所は重要だったと思います。それがなくなると私自身に少し変化が起こることはじゅうぶんに想像できます。言葉を出していた分を、書くほうへのエネルギーにできればいいのですが、いっそう世間から孤立し、悪い方へと向いてしまう可能性も大いにあります。つまり閉じこもってしまうかも。けれども修行と考えればそれもいいかもしれません。(笑) ま、どうなりますやら、やってみないとわかりません。(ちょっと待ってね、一度アップするね。時間がかかることがあって日付が変わってしまうから)

O.K。じゃ、続き。つまり、こうして言葉を出していることは、私にとって相反性、英語で言うambivalenceっていうのかもしれないと思ってた。反対の感情や価値を持っているのかもしれない。しかし、書くことだけに限れば、やっぱり溜めて溜めて寡黙になって、もうダメ!というくらいまで書きたい熱や欲望を高めて書くのがいいのは確実なことでね。恋と似てる?そうかもしれない。(笑)

あ、右近、また揺れてるって?そうじゃないよ。ブレない右近がブレにブレた右近トークだけど、もうブレない。何ごとも退け時が大事だけれど、時期を逸した感も無くは無い。だいたい皆さん、私の話なんかどこが面白くて毎日読んでくださったのかなぁ。なんにも特別なこと喋ってなかったように思うけれども。たくさぁんたくさぁん居られるブロガーでなく、なぜ右近なのかなぁ。いたって単純な生活をしていて、猫か花か野菜か、何をしたとか作ったとか。たまにイカっていることもありましたね。 (笑)

でもこんな人居ませんか? あ~ぁ、このヒトしゃべらないほうがいいのにぃ、黙ってたほうが謎めいてずっとカッコよかたのにぃ、という人。そしてまた黙ると決めて、あ~ぁ、よかった。このヒト書いてるだけのほうがよっぽどいいから良かった良かった、という人。(笑) そういうご意見もちょっと嬉しいかな。 読み物がお好きなかたはソッチ派かもしれないね。

いずれにせよ、今回は以前から考えていたことで、なかなか踏み切れなかったワケです。この決断には単純に「書きたいから」だけではなくて、つまり、あのぉ、そのぉ、いつかまたゆっくり書いて伝えます。すべてのものごとは様々なことと絡んでですねぇ・・。うむ。また書きます。しかし私自身も4年間も喋っていて、ピタリと辞めたあとの自分がどう変わるか、とっても楽しみなんですね。

やりたいことはたくさんあります。とりあえずは右近庵でできることを愉しみます。予定では、今の生活はあと数年で、その後は大きく変わるかと思います。(のつもりです) 体が動けなくなってしまう前に、まだ行きたい所、やりたいことがあるのでね。右近庵を娘に引き継げば晴れて自由の身となり、私はその日を待ち焦がれています。私はとても旅が好き。欧米にはもう興味はなく、日本の原風景を求めて旅をしたり、アジア諸国へも行きたいです。何もかも未定ですが、猫たちのことを一番に考えて今後のことを決めていきます。

そんなこと言って、ずっと書いてくださいよね。はいはい、ありがとう。食べることより眠ることより、書くことは楽しいばかりじゃないけれど、映画より読書より音楽より好きであるかぎり書いていると思いますよ。それに私には皆さんという読者が居てくださる。これってプロだろうとアマだろうと、とっても幸せなことなんです。ほんとうに感謝しています。書くエネルギーになってるよ。あ、そうそう。作家を集めて掲載しているサイトにこんなの発見。“安孫子 良(純文学作家)を(リストに)加えました” うわっ、じゅ、純文学作家ぁぁぁぁぁッ!(ホホ染めて、ひゅ~んと小さくなった右近)

やっとオチらしき形になりましたところで、おあとがよろしいようで。年賀状まだの人、早く、早く。大掃除まだの人、がんばれ~。おせち作りの人、がんばれ~。お仕事の人、がんばれ~。帰省する人、がんばれ~。旅行する人、楽しんで~。さて、ワタクシはっと。なんにもしないしドコへも行かないから、原稿用紙でも出してくるか・・・。それでは、おやすみなさい。

 

|

« 「赤い蝋燭」 | トップページ | こんばんは、右近です »

右近トーク」カテゴリの記事