« 今夜も太宰で | トップページ | “イマジズム”の詩をどうぞ »

2009年6月23日 (火)

沖縄戦終結から64年

島民を巻き込み、国内で唯一激しい地上戦がくり広げられて20万人にのぼる犠牲者を出した沖縄戦終結から今日で64年です。兵士ばかりでなく、ひめゆりの少女達や、集団自決へ追い込まれたの民間人たちの悲惨さは、想像を絶するものだったといいます。私たちは学校でこの日のことを教わったのでしょうか。教えられた記憶がありません。習ったとしても教科書にさらりと書かれていた程度だったでしょう。

こういったことも現在ではニュースで流れなければ知らない人の方が多いし、沖縄の人々が受けてきた苦しみ悲しみを知る機会が少なすぎると思います。現在、沖縄は観光の島でもあるわけですが、若い人たちには遊びに行くだけでなく島の歴史を知り、その上に今で私たちが幸せを享受していることを知らなければなりません。

時代は変わり、繁栄の陰に様々な悩みをもつ人が多いのも事実ですが、戦いで命を落とした人々のご遺族、子どもを、親を、愛する家族を自分の手で殺めなければならなかった人たちの苦しみと、長い年月の懊悩を越えるものは無いでしょう。集団自決に関しては、なぜ政府はデマのビラで洗脳して島民を追い詰めたのでしょう。軍部は早めに降伏して捕虜となる指示を、なぜ島民に与えなかったのでしょう。そういう時代だった。それだけでは割り切れないものがあり、憤りを覚えます。

あなたも今日は祈ってください。生きたかったのに生きられなかった人たちのために、安らかにお眠りくださいと祈ってください。

|

« 今夜も太宰で | トップページ | “イマジズム”の詩をどうぞ »

右近トーク」カテゴリの記事