« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

今夜はBeatles♪

私がBeatlesが好きなことはすっかり知られているようですが、好きだといえば年じゅう聴いていると思われるそうです。いえいえ。彼らの歌をきちんと聴くのはせいぜい年に数回。私が彼らの歌を聴きたくなるのは天にも昇る思いがする日か、奈落の底へ真っ逆さまに落ちて行きそうな日のいずれかだからです。どちらもそうたびたびあるものではありません。それくらい彼らは私にとって、ココ一番の存在なのです。

それとは別に、調子のいい曲をハナウタで歌いながら掃除や片づけをすることがあります。今夜はそのハナウタBeatlesの一曲ご紹介しましょう。1967年に出たアルバムMagical Mistery Tourに収められたノリのいい曲です。私は当時、中学生でした。歌詞もとっても簡単で、同じフレーズが何度もくり返されます。え、和訳も? わかりました。

Your Mother Should Know

「君のママなら知っているはず」
   右近 訳

立ち上がってみんなこの曲で踊ろうよ
ママが生まれるずっと前にはやった曲だよ
ずいぶんお年になったけれど
君のママなら知っているはず

もう一度唄ってみてよ
立ち上がってみんなこの曲で踊ろうよ
ママが生まれるずっと前にはやった曲だよ
ずいぶんお年になったけれど
君のママなら知っているはず

心はずませてこの歌を唄ってごらん
ママが生まれるずっと前にはやった曲だよ
ずいぶんお年になったけれど
君のママなら知っているはず
君のママなら知っているはず

もう一度唄ってみてよ
ずいぶんお年になったけれど
君のママなら知っているはず
君のママなら知っているはず
君のママなら知っているはず

ではおちゃめな四人の懐かしい映像とともにお楽しみ下さい。
リード・ヴォーカルはポールです。

 Your Mother Should Know  ↓

http://www.youtube.com/watch?v=1eBT4PH_zbQ&feature=related

|

2009年7月29日 (水)

因幡晃もお気に入り

このブログの名前が変わっていることにお気づきですか? 長っ!
これには訳があります。ネット上で右近という名をよく見ます。歌舞伎の市川右近さん、白戸三平氏のカムイ伝に水無月右近。こちら本当に、偶然この名前をハンドルネームにしてしまったのは「ひとり言」に書いている通りです。

それ以外にも右近さんという苗字の人がいます。私は水無月だけ決めて迷っていたときに、不動産屋のチラシを見ていて、地域の担当が右近さんという人だったので、コレにしようと決めたのも書いた通りです。また苗字ではなく、名前の人もおられたり、割烹の名前もあったり、和菓子もあります。下駄も桜もありましたね。そして私のように右近をハンドルネームにしている人も、水無月右近を使っている熱心なカムイ伝ファンらしき人もおられます。

つまり、ネット上は右近だらけなのであります。それを知りながら、今まで名乗ってきましたが、ちょっとまずいかなと思います。というのは、市川右近さんが最近トークイベントををよくおこなわれているようですが、そのことに関するブログやHPで頻繁に、右近、トークの言葉が出ています。これはワタクシなんぞがチョロチョロそのあたりで出入りすれば、ご迷惑だと思います。市川右近さんだ と思ってファンのかたが開いてみれば、なんかヘンな奴が出てくる。迷惑な話でしょうよ、そりゃ。またコイツか。みたいな・・。

というわけで、このブログの名前を誰ともカブらない我がオリジナルブランド「平成道行考」の名をいれるのがいいと思ったわけです。愛別離苦のブログをブログ愛別離苦としたのと同じ発想です。ただ、元の名前が長いため、前後にカタカナ語がつくとさらに長くなってしまいました。後のトークをとればいいかと思いましたが、まず手始めにフルで名乗ってみました。また変更するかもしれません。とえりあえず今はコレで。あ~あ、説明も長かった。

ところで、先日のガロの曲ですが、たくさんのアクセスがありました。1日で150ほども。地味で目立たない私のサイトは毎日それほどアクセスはないので驚きました。これはウダウダとつまらない話をするよりは、皆さんの琴線に響く曲をお持ちしたほうがいいということですね。それで今夜も懐かしい曲をお持ちいたしました。当サイトの常連様は40代半ばより上、50代を中心に最近は60代の皆様もおられるようです。懐かしんでいただけたらうれしいです。ダッコはこの曲も気に入った様子で、聞き入っていましたよ。

因幡晃。なつかしいでしょ。私は彼のLPレコードを持っていますよ。あの時代、こんな暗めの人が受けていました。彼もその1人でしょう。彼は秋田の人で民謡を早くから歌っていたというので声の伸びがいいですね。声量もあっていい声です。今でも活躍されているようですが、昔の歌を歌うとき、どの歌手も少し歌い方を変えているでしょ。やっぱり最初のがいいよね。この動画のジャケットはシングルレコードのかな。現在の風景や人物の映像を持ってきても合わない曲は、こんなふうに静止画面のほうがいいね。では、お聴き下さい。会うは別れの始めとか、悲しい別れがやってきた。もう会うことはないのでしょうか。涙、涙のプラットホーム。それでは別涙<わかれ>、因幡晃さんです。玉置宏になっている右近でした。あ、また言っちゃった右近って。これは許して。

 因幡晃 「別涙」 ↓
http://www.youtube.com/watch?v=tGoSn-o2ZzI&feature=related

|

2009年7月28日 (火)

『ハピネス・マサオ』7話掲載

よろしかったらお読み下さい。どんどん長くなるショートストーリーです。少しずつ近づいていますね。謎のマサオさんの正体解明に。
それではお楽しみください。

|

2009年7月25日 (土)

誕生日。そして更新も

今日は私の誕生日でした。めでたくもありませんがね。ありがとう。 
ところで誕生日といえばガロの『君の誕生日』という曲が70年代初めにはやりました。別れちゃう哀しい内容ですが暗い時代でしたからね、あの頃は。今日はその曲をお聴き下さい。なつかしいと思う皆さんもおられることでしょう。若い人は初めてかな。途中で『学生街の喫茶店』のメロディも入りますよ。

それから「ひとり言」を更新しています。
題は『誕生日のプレゼント』です。よろしかったらお読み下さい。

それではお聴き下さい。ほろ酔い右近でした。
私はもう少し飲みませう。では皆さん、ごきげんよう。

『君の誕生日』 ガロ ↓  

http://www.youtube.com/watch?v=ZWZGt6omc08

|

2009年7月23日 (木)

『ハピネス・マサオ』第6話掲載

お待たせしました。第6話を掲載しました。これも長くなってきましたね。100枚ではとても収まりそうにないなぁ。ショートストーリーっていうタイトルにしたけれど。(-"-) ま、いいか。書きたいことはこれからですよ。この辺まではほんの序章です。それでは皆さん、ごきげんよう。右近&良 
 ココからも→ http://abikoryo.cocolog-nifty.com/shortstory/

|

2009年7月21日 (火)

元気なミニトマト

0718002_3 去年の種が落ちて芽を出したミニトマト。とっても元気で大きな実をつけました。はじける前にそろそろ赤いのを収穫。10個を摘んで食卓へ。甘っ!私でも平気で食べられました。

頭痛がとれてうれしい。ちょっとフーっとするけれど、書き始めないといけない。

右近庵方面、明け方に豪雨とのこと。皆さんもお気をつけて。

|

2009年7月20日 (月)

夏風邪に御用心

この暑いのに私は風をひいてしまいまして3日ばかり寝込んでいます。考えられる理由は夜中との気温差、それからあまりの暑さにゆるくかける扇風機の風で乾燥し、気がつけば咽頭系が乾燥して例によって左側の肩や背中の凝りとひどい頭痛となりました。これは3日頭痛と呼び、かならず3日で治ります。眼にもくるので真っ赤に充血、これでは書けずお手上げです。\(-o-)/ ズキズキズキズキ イテテテテ。 

小説いつも読んでくれてありがとう。読んでくれてることが伝わればガゼン張り切れる。テレビでいうと視聴率にあたるのかな。がんばるね。明日は起きられるといいなぁ。早く書きたいよ。皆さんも夏風邪には気をつけてくださいね。今週も元気で頑張ってください。

|

2009年7月16日 (木)

『ハピネス・マサオ』5話掲載

雨は降らなかった。昨夜とけさの明け方で天気予報が違ってた。予報官には急な変更が許されるんだね。今は降りそうでまだ降っていない。だから先に小説で降らせたよ。 よろしかったらお読み下さい。

|

2009年7月15日 (水)

涼しげな色の花

Dscn0828_400

アガパンサスが咲いています。今年は太い茎が8本。1本の茎にこのようにたくさんの花がつくので長く楽しめます。これも植えっぱなしで年ごとに株を大きくしています。株分けをしなければならないんだけれど、横着しています。この花の色は涼しげでしょ。

暑い日が続いています。西日本では明日は雨。私には待望の雨。哲学的なカエル君はまだ住んでいて、雨が近いと私と共に喜びます。『猫庭』という名前に変えたブログで猫や花を掲載しますが、こちらにもときどきそれらを掲載します。

私は相撲やら試験勉強やら、小説やら庭やら猫やらと、いろいろと忙しいことですが、並行して進行中です。暑くなってきたね。水分補給は怠らないようにね。では また。(^o^)丿

|

2009年7月11日 (土)

『ハピネス・マサオ』第4話掲載です

よろしかったらお読み下さい。書き始めたらここでは喋らなくなるね。ごめん。今、資料の本を読むのに懸命。頑張るね。じゃ、また。(^o^)丿

|

2009年7月 7日 (火)

『ハピネス・マサオ』更新です

3話です。よろしかったらお読み下さい。今夜はお知らせだけ。
君のところから天の川が見えるといいね。 ☆    (^o^)丿

|

2009年7月 6日 (月)

「いきものがかり」もお気に入り

0630005 だっこは音楽の好みがハッキリしています。トクナガ様と、“エリーゼのために”などが入っているクラシックのCDばかりかけさせられますが、新しくお気に召したものがあります。「いきものがかり」の“ふたり”です。

和洋を問わず女性の声は好きでないダッコですが、彼女の声は好きのようです。曲の盛り上がりも気に入っているのかな。だって「いきものがかり」の人たちが歌ってる。(^_-)-☆ 笑

YouTubeで探して聞かせると、いつぞやのトクナガ様みたいに身を乗り出して画面を見ています。たびたびかけるのも面倒でCDを注文、楽天から届いてさっそくかけてやると、ウットリ。

でもこのpromotion videoよくできてるよ。何度か見てるとストーリーがはっきりわかる。みんなが恋するモテモテのまさみサン。中でもFTMっぽいコがとってもせつない。せつなくていい。見てごらん。 なんで知ってるの若い人の曲? はいはい、それはね、たまたまつけたテレビでジュニアが出ていてね。お笑いの彼は見たことがないけれど、小島聖サンと出ていた“ヒステリック”という映画を夜中にこれもたまたまやってて見たことがある。それで俳優としての彼のファンになった。いいね、ジュニア君。どうしようもない与太者の役、最高だった。それから彼のファンになった。お笑いより俳優やればどう? しかし彼はやはり大阪弁でやらせてあげないとね。ドラマ自体がさんざんだったね“ぼくの妹”。ジュニアの出番がなくなったところでつまらなくなった。最後なんて肩透かしもいいとこだった。あれじゃ役者さんたちが可哀想。でも主題歌のこの曲はいいね。videoはそのドラマとはまったく関係ないストーリーだけれど、YTでケッコウ感情移入してしまいました。照

ショート・ストーリーは3話がきのう書けてるよ。今は突っ走れるところ。後半はしっかり書かなければならないから資料の本を取り寄せて読み始めてる。いい加減なことは書けないからね。ちゃんと調べないと。 更新の間隔はどれくらいがいいかな。明日かな。それから「花」のブログにショートストーリーを入れ、「猫」に花や野菜も入れることにしました。有料のを3つ借りてるから使わないと。そちらも時々のぞいてください。では、ごらんください。あぁ、若いっていいな、うらやまし・・・。
「いきものがかり」の“ふたり”↓

http://www.youtube.com/watch?v=do6SQQd5ESw&feature=related

|

2009年7月 4日 (土)

『ハピネス・マサオ』更新

『ハピネス・マサオ』第2話を掲載しました。どうぞお読み下さい。

ホームページやブログの更新を知るためにRssリーダーに登録しておくと、更新したことがわかります。いろいろあるようですが、Gooのフリーソフトを以下に紹介いたします。

GooのRssリーダー ダウンロードはこちらから →http://reader.goo.ne.jp/

|

2009年7月 2日 (木)

ブログ小説連載スタート

お気づきのように今月からブログでの小説を始めました。さっそくお読みくださったかたも居られるようです。今日はその小説について少々。

昨日、ガクセイ右近は最後のレポートを土砂降りのなかポストに投函しました。そのレポートが書けた日、Wordを閉じたときでした。突然にひらめいてふたたびWordを立ち上げ、いきなり書き始めたのが『ハピネス・マサオ』です。それから一気に一話を1~2時間くらいで書き上げ、昨夜ブログで公開しました。

お読みになったかたは今までの私の作風とは違うと思われたかな。(笑) 物語のつかみの部分は軽めですが、けっして軽いものにはならないですよ。安心してください。私は軽く書こうとしても重くなってしまうのです。 この話も先のストーリーを考えただけで自分でウルウルなってしまいました。 

近頃、私は手首や指関節の力が弱り、相変らず肩も痛み、パソコンで書くほうが楽になりました。パソコンと言っても、私はかならず原稿用紙の画面に縦書きで書いています。そうすると紙の原稿用紙に書いているのとあまり違わない。だから同じ感覚で書けます。

しかし、初めてブログに掲載してみたけれど、Wordの明朝体からブログのゴシックになり、縦書きが横書きになってしまうと、同じ文章でも軽く見えてしまうのは仕方がないことなのかなぁ。縦書きだともうちょっと落ち着いた文なんですがねぇ。それに行間もあまり無いからスラスラすら~っと読んでしまう。でも、あれで原稿用紙12枚。書体や横書きに、その他に負けない文章を書かなければね。

でも利点もあります。アップが簡単だということです。それは頻繁に書いて掲載するには魅力です。私は寡作でめんどくさがり屋。ひらめいた時にどんどん書いて掲載するには都合がいいと思うので、初めての試みとしてやってみます。うまい具合に本のテンプレートがあったから使いました。スクロールしていくと、なが~い本になる。おもしろい。

何でもそうだけれど、書くことも自分がいちばん夢中になって楽しむべき。(^_-)-☆そういう風にして書いたものは、のめり込めて出来がいいのか嬉しい感想をいただいたりするよ。この『ハピネス・マサオ』も楽しみながら書き進みます。読んでくださる人がいるから書ける。そのことも充分わかっています。いつも読んでくれてありがとう、君、君、君。

筋書きは言えないけれど、さっきも言ったようにこの小説は決して軽くない。でも楽しんでもらえると思う。恋もちょっと入れようか。あったほうがいいね。うん、わかったよ。やっと勉強が一段落したので今月はどんどん書くよ。今も『ひとり言』書いていたんだ。ハピネスの二話も昼間に書いちゃったし。楽しいよ。

きのうは豪雨みたいな雨だった。今日は涼しい右近庵です。だから猫たちもスヤスヤ気持ちよさそうに眠っています。私はちょっと目を休めます。それでは今夜はこの辺で。いい夢をみてください。

|

2009年7月 1日 (水)

文月です

今日から七月、文月です。月も改まったところで、この下の大切なお知らせとともに、新しいこともひとつ。(^_-)-☆ さぁて、何でしょう。 

恋愛詩集の申し込みフォームを本文と切り離してわかりやすくしました。よろしくお願いいたします。

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »