« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月29日 (火)

『ハピネス・マサオ』13話掲載です

よろしかったらお読み下さい。ちょっとドキドキするscene。

|

2009年9月28日 (月)

反省中

Dscn1035_400

とても賢いダッコは、きのうは反省をしていたのかおとなしかったです。わかるんですけどね、彼女の気持ちも。
「あら、そうなの。それなら怒らないで貰いたいものね。私だって若いときみたいに自由に走り回ったりできなくなって、体も思うように動かなくなって・・。苛立つことだってあるのよね。なるべく噛み付かないように気をつけるけれど、また噛んじゃったらごめんなさい」

体が思うようにならない、あちこち不都合があっても人間のように伝えられない。そんな思いがあるのはじゅうぶんにわかります。噛んだ瞬間に、いけないことをしてしまった!と身を縮めるダッコ。抑えられなくてやっちゃったあと、反省しているようにも見えますね。

許すも許さないも、なが~い付き合いで、いまさら何が変わる訳でもなく、きのうほどひどくなくても普段から噛むことは、わかっています。日頃から噛むタイミングを察知するように私もなっていたのですが、まったく噛みそうな感じではないときにやられるとお手上げです。

私が残りの人生で「するべきこと」の項目のトップに、ダッコを看取るというのがあります。この稀にみる気性の荒い猫との関わりも縁でしょう。22年前、掌に乗るほど小さかったダッコを竹やぶから拾ったのが縁の始まりです。噛まれても噛まれても、私はこの猫を最後まで可愛がります。甘えてきたときだけ彼女が望むことを遠慮がちにさせていただくといった関わり方で。

皆さん、ほめてやってください。ダッコは野良猫生まれの誇りを捨てず、今でも野生を内に秘めています。その気骨が22年という、猫にしては珍しいほど長生きをさせているのでしょう。こんな猫、めったに居ないよなぁと、おそるおそる今日も背中をお撫でさせていただく右近です。

|

2009年9月27日 (日)

噛まれた・・

0927008 今日、起きていつものように昼食兼朝食のトーストなど食べていたら、ダッコがベッドの上でガォー、ガォーと鳴きました。膝に乗りたいのかと思って抱き上げると、いきなりガブリ! またまた噛まれてしまいました。彼女の牙にかかると大変、ボス黒も頬を食いちぎられたほどの威力です。あわれ私の右人差し指から血が飛び散り、ポタポタとしたたり落ちる始末。押さえたティッシュもみるまに赤く染まります。ヤバいかなコレと考えつつ、傷口を強く押さえて心臓より高く腕を上げていました。何とか血はおさまったので救急へ駆け込まなくてもよかったですが、傷は深く、爪の際あたりから約1.5㎝の長さのものと、他の歯が食い込んだ痕が2ヶ所。やれやれ。いででででで・・

ダッコはめでたくこの8月に22歳になりましたが、この22年間、こんなことは数え切れないくらいありました。彼女は野生そのものを維持している貴重な種類のネコ属ネコ科ネコなのかもしれません。イリオモテヤマネコの血が混じっているのかもとさえ・・。剃刀ダッコ健在なり。22歳の快挙をカシャ!この写真、ケイタイを逆さまにし、左手で押しました。今日は熱があるのでいくぶん赤みがあり、相変らずオトコのように血管が浮き出てている私の手の甲です。こんなもの見せてどーゆーつもり?いえ、ダッコの凶暴さを証明しようと。いつもおとなしそうな写真ばかりお見せしているので。笑 ダッコはその後一時間ほど別室で反省していたようですが、まもなく出てきてすり寄りました。さすがに神妙な面持ちではありました。でも、悲しいかな動物はすぐに忘れてしまうとか。ま、しょうがないか。老いて回数は減りましたが、今日のは強烈でしたね。

大相撲は朝青龍に軍配。しかし本割の白鵬の相撲はすばらしかった。決定戦の朝青龍の集中力とスピードも凄かった。二番とも勝つのは両者にとって大変なことでしょう。いやはや、見ごたえありましたね。よかった。よかった。鳩山ご夫妻もお見えになり、めでたく千秋楽は終わりました。あぁ、明日から寂しいなぁ。ところで、凶暴ダッコ様は強い朝青龍の大ファンです。それでは明日から一週間お元気でご活躍ください。

|

2009年9月26日 (土)

“ア、秋”

0926001 秋ですね。
庭では毎年、二種類のコスモスが咲きます。薄いピンクと濃いピンク。植えた覚えはないけれど、どこからか種が飛来して一度咲き、それからは、かならず芝生や花壇に芽を出します。コスモスは生命力旺盛で、ひとつの株が木のようになりますよ。

秋といえば、“ア、秋”という言葉をご記憶でしょうか。何年か前、ビールか何かの宣伝にあったキャッチコピーです。これね、“あっ、秋だ”ではないんですよ。実は太宰の超短編の題名です。詩人になったつもりで書いた3ページばかりのいわば彼のショートショートです。冒頭をご紹介しましょう。(また太宰)

「本職の詩人ともなれば、いつどんな注文があるか、わからないから、常に詩財の準備をして置くのである。『秋について』といふ注文が来れば、よし来た、と“ア”の部の引き出しを開いて、愛、青、赤、アキ、いろいろのノオトがあって、そのうちの、アキの部のノオトを選び出し、落ち着いてそのノオトを調べるのである。」

このあといくつかのメモが続き、五行めに「コスモス、無残。と書いてある。」とある。なぜ無残なんでしょうね。想像してみると、コスモスは大きくなりすぎてよく倒れます。植えたもののひとつは倒れて折れてしまいました。この写真のも倒れました。支柱をしなければと思いつつ、体力が無くなって庭仕事も思うに任せぬようになり、放置していたためです。

でも、コスモスは主軸は倒れても天に向かって枝はまっすぐ伸び始め、きれいな花を咲かせました。しかしこのコスモス、きれいなのは1日かせいぜい2日。花びらを落とすのが早くて、何枚か落ちてしまい、花びらの欠けた花もよくあります。倒れたコスモスか、花びらが散ったか散りかけのコスモスを無残と“詩人”はメモしたのかなぁ。(-"-)

私は一日のうちでベッドに居る時間がほとんどの生活になり、読書に最適の季節到来で喜んでいます。昨夜は相撲の本を読み、力士はその昔、“相撲人(すまいびと)”と呼ばれていたと知りました。“おくりびと”みたい。展覧相撲を始めたのは、聖武天皇だとか。その頃は年に一度、たった一日しか相撲は行われず、七月七日だったそうです。祖とされる人たちは垂仁天皇の頃の人たちで、何と二人のうち、一人は死んでしまった。これには相撲が現在よりも深い意味を持っていたと知ると頷ける。日本書紀や続日本紀にも記されているとか。うむ、なかなか奥が深い。(^_-)-☆

あまり横になっていると運動不足になるので、夕方はかならず一度は庭へ出るようにしています。急いで水をやり、写真を撮ってすぐに家に入るのですがね。今日も大阪は昼間30度を越えたようですね。花を増やしているコスモスと、秋色になった空がきれいだったのでカシャッ!思わず、ア、秋。(だから違うってばぁ) さて相撲もいよいよ明日は千秋楽。朝青龍の全勝優勝なるか、白鵬が2勝して賜杯を抱くかお楽しみ。それでは今夜はこの辺で。相撲中は落ち着かない右近より

|

2009年9月24日 (木)

小説・シルバー・ギンモクセイ

秋めいてきましたね。といっても今日の大阪は昼間は30度ほどあったようです。しかし、確実に秋が近づいてきています。北の地方では紅葉がどんどん進み、しだいに南下しています。私の小さな桜の木は、すでに紅葉も終わり、葉を落としました。

右近庵の庭では春に咲いた桔梗や薔薇がまた咲き、コスモスが咲き、ギンモクセイも咲き、いい香りを放っています。キンモクセイではなくてギンモクセイ。知っていますか?『猫庭』の方に写真を掲載しています。地味な花ですがいい香りです。そう、キンモクセイと同じ香り。
 http://abikoryo.cocolog-nifty.com/

金と銀。シルバー・ウィークという大型連休が終わったばかりでお疲れの皆さんもおられることでしょう。春の連休に対して、この秋の連休を、いつからこう呼ぶようになったのでしょうね。またテンネンがばれてしまいますが、私は今年初めてシルバー・ウィークという言葉が春のそれに対して秋の連休のことをいうのだと知りました。じゃ、何だと思ってたのって?

あのね、敬老の日の休日がまだ15日だった頃、お年寄りを大切にしましょうと強化する週間だったと思うのですよ。あるでしょ、ほかにも読書週間とか交通安全週間とかそういうの。それで敬老に日の前後をいうのだとばかり・・。ちがうのですね。といいますか、違ってきたのですね。なんだか祝日をまとめてしまおうってことになってから、本来のその日の意味が薄れてしまい、若い人や子どもたちは何の日なのかも知らなかったり、困ったことですね。ワタクシ的には、日本中が興奮の渦だった東京五輪の日を記念する体育の日は、ぜったい10月10日しか考えられない。敬老の日もやっぱり9月15日だと思ってる。皆さん、いかがですか?

この“シルバー・ウィーク”中にも、あまり高齢の皆さんのことをメディアでは取り上げず、おおかたの人々は大型化した休みが有難く、もっぱら話題は行楽や旅行、帰省といった事のようです。ご存知でしょうか。日本はとっても休日の多い国なのですよ。それぞれの大きな出来事を記念して祝日はできたのですが、それを忘れてしまって大型化することはいかがなものかと考えてしまいます。まとめてもこま切れはこま切れ。それよりも、イギリスみたいに就労時間の軽減をはかればどうでしょうか。公務員さんだけでなく、民間の企業も定時に帰るのを奨励するのはいいことです。鳩山さん、いかがでしょうか?日本じゃ無理か。

それから、高齢の皆さんを“シルバー”と呼ぶのは日本独特のものです。白髪からそう呼ぶようですが、あまりいい表現とはいえませんね。そのシルバーも、GWにならって秋休みのSWということになってしまうのでしょうか。これじゃ単に休みのことしか印象になくなってしまいます。戦後の復興に大いに頑張られた高齢者の皆さんに感謝する日がなくなっちゃう。 あれれ、またイッチョカミをやってしまいました。この辺でおくちチャック。

『ハピネス・マサオ』12話を掲載していますよ。よろしかったらお読み下さい。ここでお知らせしなければ気づいていただけない方々もおられるようです。なるべくこちらでもお知らせするよう努めます。
それでは今夜はこの辺で。(^o^)丿皆々様、ごきげんよう。

|

2009年9月18日 (金)

「ひとり言」を更新しました

『太宰の「佐渡」にご案内』(その2)を掲載しました。
よろしかったらお読み下さい。

|

2009年9月17日 (木)

新しい時代

新内閣が発足しましたね。昨夜は午前二時前まで新大臣の所信表明をテレビで観ていました。夜型の私は、スポーツでも政治でも、同じ時間に起きている人がいると何だかうれしくなります。昨夜は17名の大臣の言葉をじっくり聞いていました。

大臣達は各分野のエキスパートばかり。大いに期待したいところです。何が違うって、国会では官僚が書いた紙を渡されて読むだけの発言、居眠りをしたり野次を飛ばしたりはするけれど、いったい勉強しているのかなと思う人、もう引退すれば?という人たちが多かった前与党。昨夜の新大臣たちの緊張気味のお顔や述べる言葉から“fresh”という印象を受けました。あぁ、時代は本当に変わるかもしれないと具体的に感じました。今日もさっそく後期高齢者医療費の問題、母子家庭の母子加算復活などここ数年で改悪された事柄の是正から動き始めましたね。頑張って欲しいものです。

海外でも大きく取り上げられたわが国の政権交代、国内外で未知数の新内閣を、日本も各国も見守っています。この国の政治を変えたいと選んだのは私たち国民です。性急に結果を求めないで見守りたいものです。とにかく私は、頭がよくて品のある人がやっと総理大臣になったので良かったと思っています。新しい時代の到来です。さてさて、公の場で政治はあまり語らないほうがよいと思いますから、この辺でやめておきましょう。

めっきり涼しくなりました。おかげで水遣りも夏ほどくたびれなくなりました。私は何とかやっています。皆さんはお元気ですか。小説の11話を掲載していますが、お気づきでない皆さん、よろしかったらお読み下さい。それでは今夜はこの辺で。

|

2009年9月11日 (金)

必見!今夜のBeatles&更新も

6日の日曜日、夕方に掃除を終えてテレビをつけたら何とBeatles!「よみがえるビートルズ」という番組で、その前日にイギリスで放映されたばかりという本邦初公開のフィルムでした。膨大な曲のなかの何曲かのエピソードを語る彼らの肉声に感激しました。今夜はその完全版ということです。ぜひぜひお見逃しなく。午前2時3分まであるので、眠くなるかたはぜひ録画を。眠らないで観るかたも、貴重なフィルムにつきぜひ録画をされてはいかがでしょうか。

必見今夜11日深夜0:55よりNHK“よみがえるビートルズ”

 「ひとり言」の更新もしていますよ。『太宰の「佐渡」へご案内』。

|

2009年9月 9日 (水)

涼しくなりました

今日は涼しくて秋を思わせる一日でした。ご無沙汰しました。
「猫庭」の方へは近頃よく出かけているのですが。ごめんなさい。 
こちらへお越しの皆さん、お元気でいらっしゃいましたか。

私は体調がよかったり悪かったり、動いたり休んだり、また溜っている雑事に追われたりの毎日です。ベッドでは、本を読んだり映画を観たりし、調子のいい日は「ひとり言」なども書きためています。小説は気分がノッた日に、一話分を一気に書きます。今夜はノるかな。どうかな。

涼しくなると庭にいるのが気持ちよく、雑草引きも苦になりません。小半時しか作業はできませんが、赤とんぼが飛んできたり、秋祭りの太鼓の練習が風に運ばれて聞こえてきたり。秋がすぐそこまで来ていることを感じます。今年はたくさん植えたサツマイモの育ちがいいのが嬉しくてね。\(^o^)/  あぁ、楽しみだ。http://abikoryo.cocolog-nifty.com/

音質きれいだね、Beatlesの新CD。買うかどうか考え中。(-"-) (笑)

明け方は冷えるそうです。今も寒いや半袖じゃ。風邪にBe careful!
もちろん“新型”にも気をつけて。それでは またね。(^o^)丿

|

2009年9月 4日 (金)

『ハピネス・マサオ』10話掲載&お願い

昨夜、書きました。よろしかったらお読み下さい。
大阪では残暑が厳しい日々で、今日も昼間は31度もありました。
皆さんのところではいかがでしょうか。

「ブログ更新のお知らせ」に関するお願い

現在、私は3つのブログを運営しています。HP「平成道行考」に組み込んだ形で皆様に可愛がっていただいております。しかし、ブログとホームページは本来しくみがまったく異なり、ブログは各ひとつひとつが世の中に出ていきます。「右近トーク」時代、まだブログという形式ではなく掲示板でスタートし、HP「平成道行考」の掲示コーナーとしての役割をになっていました。しかし現在はプロバイダーの変更により、やむなくブログへと移行し、続行しています。

つまり現「ブログ平成道行考」「安孫子良の小説ブログ」「猫庭」は独立しています。HP「平成道行考」ともども各ブログを愛読していただいております皆様には、このたびお願いすることにいたしました。Homeの青い文字で明記していますことを守り、以後はブログの更新はお知らせいたしません。通常、ひとつのブログで他のブログの更新を必ずお知らせすることはおこなわれません。それぞれ別の存在だからです。私としましても、ソフトのホームページビルダーから入ってNewマークを付けたり、他のブログで別のブログの更新をお知らせする手間が省けましたら誠にありがたい次第です。HomeのNewマークや右近の喋りを他のブログ更新の目印になさっていた皆様には、とりわけご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

したがいまして、今後はHP「平成道行考」のHomeにNewのマークが付くのは「ひとり言」などホームページの更新のみとさせていただき、ブログの更新はとくに私からお知らせはせず、皆さんの方でお気に入りの直リンク、またはGoogleなどいろいろなRSSに登録されるなどして更新をお確かめいただければ幸いです。いつも皆様の暖かいご支持を頂戴し、HPや各ブログは成り立っています。この場を借りまして御礼を申し上げるとともに、なにとぞ今後の皆様のご協力とご理解、さらなるホームページとブログへの応援をお願いいたします。

さて週末です。ゆっくり休養なさってください。
お休みでない皆さん、ご苦労様です。
それでは今夜はこれで。ごきげんよう。右近&良

|

2009年9月 3日 (木)

なんとか復帰

0824002 風邪をひいてしまいまして、それがけっこうひどくなって長びきましたが、今日から起きてなんとか復帰しました。ご心配なく。“新型”ではなく、いつもの乾燥から起こる風邪です。

一日のうちで温度差がある時期はどうも苦手です。暑いと思って薄着でいると、夜中には冷えて気がつけば風邪気味に。そんなことがたびたびです。私は“新型”と関係なく年じゅうマスクが必要で、しかも家の中で必要です。乾燥予防のためにです。暑いので取ってしまい、そのまま眠ってしまったらもうダメ。(-"-) だんだん生活が制限されて不自由なことがふえました。

この夏は妙な夏でした。例年ならば8月の初旬に咲くユリの花も下旬にやっと咲きました。日照不足のせいか花は小さく、数も少なかったです。しかし、こうしてきれいに咲きました。私は不精で体力も足りないから、球根の植物はありがたいですね。その家は右近庵ではなくお隣さん。この日は晴天で青空に白がきれいでした。

さぁて、書かないとね。皆さんも夏風邪、新型、いろいろお気をつけて。それでは今夜はこの辺で。

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »