« 人間みたい | トップページ | SONGSで陽水♪ »

2009年11月 9日 (月)

小説 『ロリータ』

私は今、小説『ロリータ』を訳しています。そう。皆さんよく耳にされたことがある、あの“ロリータ”の源となっている小説です。ロリータといえば少女愛の代名詞となっていたり、ファッションでもこの名がつくものがありますね。しかし、元はアメリカに住んでいたウラジーミル・ナボコフの難解な小説の登場人物、ドロレス・ヘイズの愛称です。

これが今度のスクーリングの教材で、一生懸命に訳しているというわけです。むずかしい・・・。(-_-;) 当日までに送られてきたところまでは訳して臨みたいものですから、毎日、必死です。こまかい字を見続けるので目が疲れて困ります。(*_*; でも、がんばらないと。やっと半分くらいまできた・・。あぁ、しんど。

近頃いくつものことが同時に出来なくて、体力も無いし、今はこれに専念しています。下旬までこれにかかりきりになるので、あまり出てこられないかもしれませんが、ときどきは出てきます。まったく現れないと心配してくださるでしょうから。(^.^)

筋書きがすべてではないけれど、Wikipediaでこの作品について掲載がありました。興味のある方はこちらからどうぞ。 小説『ロリータ』↓

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF

雨になるらしいです。
皆さん、お元気にお過しください。それでは また。

|

« 人間みたい | トップページ | SONGSで陽水♪ »

小説」カテゴリの記事