« また京都 | トップページ | 日米開戦の日 »

2009年12月 7日 (月)

3分の1終了

最終教科の連続3回日帰りスクーリングの第1回目が終わりました。
つまり3分の1が終わったということです。\(-o-)/

前夜は少しでも眠っていこうといつもより早めにベッドに入りましたが、うまい具合に眠くなってきたと思ったら、午前3時半頃にじぃじぃが「にゃにゃにゃにゃにゃん」←(彼は帰ってきたときこんなふうに鳴きます。)と外で言うではありませんか。仕方なく起きて入れてやり、エサなどやっていたらも眠気が吹っ飛んでしまいました。それでもと頑張って眠ろうとしていると、今度は1時間後くらいにダッコが「ガォー、ガォー」と鳴いて起きてきました。この時点で私はもう眠ることを諦めました。

そんなわけで一睡もしないで六時半に家を出ました。日曜ということもあったのでしょうが、さすがにその時間の電車は空いていました。梅田で阪急京都線に乗ったときは行楽の人たちが増えてきましたが、ポカポカと暖かい陽が射す車内で私は眠くなりました。そして不覚にも眠りについてしまったようです。大丈夫。ショルダーバッグは肩にかけたまま、おまけに抱え込んで寝ていました。突然グラリと横に倒れかけて目が覚め、恥ずぅ・・でした。(^^ゞ 

四条烏丸から地下鉄に乗り換えて北大路へ。しかし、時間がギリギリです。駅から学校まではいつもタクシーですが、それでも間に合うかどうかという時間です。しかも初日だから、着けばまず教室確認の紙を受け取りに行って確めないとならないし。おまけにわざわざ正門に行ってくださった運転手さん、通用門よりうんとこさ遠い。その旨つたえると、メーターをそこで止めてグィ~ンと回ってくださった。お蔭でなんとかギリギリセーフ。先生はもう教壇に立っておられましたけれど。(゜_゜)

予習はしていたのでバッチリでした。でも、三時間目にもなると急激に睡魔が襲ってきました。うッ、眠い。なんで昨夜眠くならないで今なんだぁ・・。と思っても、どんどん眠くなるばかり。バッグからお茶のボトルを取り出して飲んでみたり、みんなで音読のときには出来るだけ大きな声で読んで眠気を飛ばすようにしてみたりしました。その甲斐あって、なんとか教室でゆらりゆらりとなることは避けられました。

帰りの電車では坐れた時はすべてバク睡だったことは言うまでもありません。ハイ、しっかりバッグを抱え込み、サングラスをかけてハンチングをかぶって熟睡でした。怪しき哉。(-"-) 駅まではムコが迎えに来てくれ、童謡を聴きながら家に着きました。マゴが生まれてからはチョージョ夫婦の車のBGMはいつも童謡。“めぇ~、めぇ~、もりのこやぎぃ~”という具合です。家に着いたのは午後3時半くらい。

出かける前に納豆御飯を食べただけでしたが、何か食べたいよりも、とりあえずコーーヒー。そうか、貧血気味なので敢えて朝にコーヒーを飲まなかったのがいけなかったかな。やっぱり朝はコーヒーですね。缶コーヒーも甘かったり濃かったりするので休み時間に飲まなかったし。でもやっぱり飲めばよかった。こんどはどこかでかならずコーヒーをはさみませう。眠くならずに受講する必須アイテム。

先に入浴、それから晩御飯を食べて「坂の上の雲」でも見ようとテレビをつけたのはいいけれど、まもなくまた睡魔到来で眠ってしまい、これはいけないと思ってはやばやベッドに入りました。目が覚めると何時かサッパリ分からずに、時計をみると日付が変わって午前零時半。しまった。ブログに登場できなかった。ごめんなさい。 よく眠ったなぁと猫のエサをやったり世話などゴソゴソして2時頃まで起きていたかなぁ。また眠くなって、もう寝ることに。次に目が覚めたら昼近くでした。な、なんとワタクシは、totalで13時間ほども眠ったのでした ふ、2日分も眠ったぁ・・。

おかげでスッキリ、今日は絶好調でした。それで起きてすぐに予習を開始。 だって先生は、今度はもっと早く進みそうだとほのめかしておられましたから。たっぷり眠った私のアタマは冴え渡り、訳もスイスイできました。5ページ分を終わったところで今日の予習を終えました。大変だった学生生活も、この教科でいよいよ最後だとおもうと、チョットだけ名残惜しい気持ちも芽生え、有終の美をめざして精一杯頑張って終わりたいと考える右近であります。頑張ろぉっと。(^_-)-☆

皆さんはいかがお過しでしたか。寒くなってきましたから、お気をつけください。それではまた。(^o^)丿新型インフルエンザのワクチン接種済みでコワイものナシの右近より

|

« また京都 | トップページ | 日米開戦の日 »

右近トーク」カテゴリの記事