« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

ありがとう

Dscn0352_640

今年もまもなく終わり、新しい年がやってきます。本年も大変お世話になりました。来るべき2010年が、皆様にとりまして幸い多き年となりますよう祈念いたします。

さて、このブログを含め、運営中の全ブログを諸事情により本日をもちまして終了させていただくことにいたしました。これまでの同道に、心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。尚、引き続き“本家”であるホームページ「平成道行考」では、「ひとり言」の更新のみ予定数まで細々と継続いたします。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

             2009年12月31日

                               水無月右近

|

2009年12月29日 (火)

サザンカ

Dscn1250_400

寒くなるのを待ちかまえて咲くのが前庭のサザンカ。
昨年よりも木が元気です。たくさん花を咲かせてくれることでしょう。

押し詰まってきましたね。今年も残すところあと2日となりました。私は大掃除などできず、もっぱら料理です。おせち料理で今まで作ったことのないものに今年は挑戦しています。それは黒豆です。作る機会がなかった理由は、義母が毎年上手に炊き上げ、それはそれはおいしい黒豆だったものですから、戴くばかりだったのです。

『今日の料理』で観た方法はとっても簡単。あの故土井勝氏が考えた炊き方です。次男の土井勝晴氏が披露していました。ひと晩水に浸けたりせず、調味液を温めたものの中に直接黒豆を入れてしまい、ひと晩置くというやり方で始めます。

そして明日、アクを取りながら約8時間ほど強火で煮ます。もちろん火を止めることがあってもかまいません。合計で8時間ということです。アク取りと差し水を2、3度くり返し、弱火にして落し蓋を二重にします。圧力鍋は短時間でできるけれど、時間をうまく調節しないと煮すぎてやわらか過ぎたり、潰れたりしないよう注意が必要ですね。それで私は厚手の普通の鍋で煮てみます。どうせあしたも一日じゅう台所に居るでしょうから。

明日、煮汁が少なくなると熱湯を足します。このとき、必ず熱湯です。どの豆料理もそうですが、水だと豆が驚いて皮に皺が入ります。(*_*; 指先で豆が潰れるくらいになれば火を止めて味をなじませます。そしてその翌日、古クギを取り出します。

今年は自家製サツマイモがあるから、きんとんも久しぶりに作ります。きんとんはケッコウ体力が要るのですが、頑張ります。うまく照りが出るといいなぁ。 さて、今からあした作る煮しめの下ごしらえをしたり、解凍できたのでホタテを煮ます。料理は楽しいね。しもやけだらけになってしまったけど。(-"-) もしも黒豆のレシピがご入用な方、どうぞメールでご連絡ください。それでは今夜はこの辺で。(^o^)丿 

|

2009年12月27日 (日)

さて次はっと

今夜、私は年賀状を投函しました。迷っていても仕方ないので、とにかく動こうかと刷り始め、刷ったら“ひと言”を書き添え、どうにかレギュラーメンバーを例年通りに書き終えました。それでも絞って約50枚。結局いつもと同じようなことでした。教え子たちは申し訳ないけれど、くれた人にのみ出すということに。そうと決めたらすぐに動き、何ごとも仕事が早い右近です。というわけで年賀状終了。返事用のハガキも刷りだしておかないと。

やっぱり暮れのお決まりのことを終えると気持ちいいですね。遅い晩御飯には褒美に焼酎を一杯つけました。今夜は居眠りしないで「坂の上の雲を」BSでの再放送を10時から観ました。さっきまで観てた。面白いね、うん。役者が皆いい。第二部は来年の12月だって。来年の今頃、私はどうなっているのかな。3年がかりのドラマって観るほうも長期で構えないと。

さぁ、これで明日から心おきなく料理が出来ます。掃除も少しはしなければなりません。体力が無いものだから、一日の動きをよく考えて行動しなければ。すぐに疲れちゃうもので。(-"-) 皆さんもお忙しいことでしょう。昔ほど年末の雰囲気がなくなりましたが、気ぜわしさを楽しむのもいいものですね。一年に一回のことですから。

大学から封筒が届き、卒業の予定が決定したとありました。やれやれ。うれしいですね。先週までは地獄だった。しんどかったぁ・・。笑  
それでは今夜はこの辺で。(^o^)丿

|

2009年12月26日 (土)

来年はボクの年

Dscn1283_320

2010年はボクの年。何かイイことあるといいな。さしあたって彼女が欲しい。ボクは男前だと言ってもらうんだけど、なぜか彼女ができない。どうしてかな。お姉ちゃんたちや妹と日向ぼっこをするのと、食べているのがいちばん幸せ。そんなこと言ってるからモテないんだよと庭の主はいうけれど。でも来年こそは頑張らないと。えっ、来年はトラ年だよだって? わかってるよ。だからボクの年なんだよ。ん、何か・・?

さてクリスマスも終わり、あと数日で今年も終わります。ところで皆さん、年賀状はもうお済みですか? 私はですね、イブの日にとりかかろうとし、去年の年賀状を出してこようと思ったら、無い。探しても見つからない。毎年のようにゴムで束ねてしまっているはずなのに、無い。平成8年とか、それくらいのからずっと置いてあるのに、ここ二年間のものが無い。当たりが数枚あって、切手をもらったりもしたし、捨てるなんて考えられないから、本当に不思議。

私は片づけると、モノがどこへ行ったかわからなくなり、探すのに往生します。きっときちんと箱か何かに入れて仕舞い込み、それがどこにあるか判らなくなっているのでしょう。探すのにくたびれ果てて、あぁ、厭だな年賀状は。毎年、毎年暮れになると気が重いなぁと溜息になりました。けれど今回は、いつも考えていることを実行しろということかもしれないと気づきました。

若い頃に関わっていた人たち。少なくとも20年~30年ほども前に関わっていた人たちとは、まったく年賀状だけのお付き合いです。こういう関係ってどうなんだろう。いつもそう思ってきました。向こうもそう思っていることでしょう。なんとなくレギュラーメンバーだから当然のように元日着で出す人たち。けれどもかれらとは今後、おそらく会うことはないでしょう。けれども来る。けれども出す。ハガキを見て若い頃の姿を思い浮かべる。今がどんなふうになっているのか想像すら出来ない。お互いに。

たまにそれらのメンバーから賀状が元日に届かないことがあります。しかし、後日すぐに届きます。元来、几帳面なグループの人たちです。私にいったん見切りをつけても、私から元日に届くと慌てて書いてくださる。そうしてまた延々と、未来永劫、どちらかがこの世に居なくなるまで続くと思われるのであります。

もしも過去にこだわらないで今を生きるなら、すでにこのような終わった関係は必要ないかもしれません。しかし、来る。しかし、出す。相手の出方を見ながらもやはり出す。そうしているから引退してもそれなりの数の賀状をいただきます。実は減らしたいと切望している私は、毎年、やっぱり出してしまう。出すのなら元日着にして出す。切りたい人は仕方なく私に出し、翌年はその人から元日にまた届く。こうしていつまでも賀状の数を絞れないのです。

私の親友のように、来た人だけ出すという主義を貫けたらどんなにいいだろうと思います。当然、彼女からは元日に届くことはありません。しかし、凝った賀状にひと言書き添えて、嬉しい返事をくれますね。それを真似れば数は絞れると思います。しかも、元日から届くように私にくださる意思をお持ちの方々です。ありがたいことではありませんか。一度、その方法を試してみようと思いながら、勇気が無くて出来ずにいます。

話を戻しましょう。イブの日、去年の賀状が見つからないので、見つからなくてもハガキソフトに住所もあるし、毎年チェックもつけてあるからメンバーはわかるけれど、現物がないと落ち着かず、書く気になれませんでした。一度、‘もらった人だけ出す’を試せということかな。そう考えたとたん、そうしようとばかり、やぁめたっとぉ、となり私は料理を始めたのです。鶏肉ロールにミートローフ、それから鶏肉団子をたくさん作って揚げて冷凍。そうしておけば和風に味をつけておせちに入れたり、甘酢をからめると中華風にもなるので便利です。いかにもクリスマスの料理みたいなものを、お正月用に作って明け方まで楽しみました。(^.^) 

明けて25日。しかしなんとなく落ち着かない。デザインだけでも決めておこう。そう思って楽しく作成。いつになく、洒落て愉快な賀状の図案が小一時間で出来ました。しかし、刷りもせず、元日に来た人から順に出すのだと自分に言い聞かせています。テレビでは25日までにと言っていたが、なるべく早く出しましょうに変わっていますね。さて、いいのかな。一旦、決めたのに妙に落ち着かない。毎年、それが終わってから怒涛の年末で料理三昧の私が、なんとなく手持ち無沙汰です。そうしてボーっとしているならサッサと動いて例年通りにするべきか。決断するタイム・リミットであります。皆さんはどうしているのかな、年賀状。

上の画像は小太郎です。何種類か図案を作って遊ぼうかと思って彼の風貌を拝借してみました。昼間、庭で彼を間近で激写すること20数枚。これが一番凛々しくてイイ。トラ吉に負けて逃げてばかりいるふうには見えない。この写真入りのハガキも今から作って遊びます。そうだね。何でも義務感からだと面白くない。うちの小太郎が寅年のご挨拶になる図案作りは楽しいぞ。あぁ、結局、私は元日着に間に合わせるような気がします・・。

昨夜はシャンパンを飲みすぎて、久しぶりに酔っ払ってしまいました。洋酒系には弱い右近です。焼酎や日本酒ならそれなりに呑むのですがね。あぁ、のんびりといいですねぇ。勉強から解放されてリラックスできますねぇ。昨夜も夜中にBSで映画を楽しみました。今夜も午前一時から「タクシードライバー」がありますよ。74年作の名画で、ロバート・デニーロ主演です。何回か観たけれど、また観ようっと。♪ 焼酎を呑みながら。ピーナツを食べながら。

長々と書きました。今宵もお付き合いくださってありがとう。
忙しいでしょうが、いろいろお気をつけて。それではまた。(^o^)丿

|

2009年12月24日 (木)

Merry Christmas!

こんばんは。Eveの夜までご訪問ありがとう。
きっとあなたもひとりだからかな。笑

どんな曲がいいかなと考えたんだけれど、今夜は楽しい曲を選びました。マゴの誕生以来、また童謡に再接近している私ですが、この動画は大人でも見ていてほんわかとしますね。では、ご覧下さい。ひとりの君、平気だよ。うんとひとりを楽しもう。じゃ、またね。

 “サンタがまちにやってくる”     

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=K03ZAmN8Eck&feature=related

|

2009年12月22日 (火)

終わった・・・

あれから私は少し風邪をひき、それでも頭痛に悩まされながらもレポートを作成し、本日、投函することが出来ました。終わった・・・。ポストにコトンという音をさせて封筒が落ちたとき、そう思いました。でも、それだけ。ですから地味にばんざいっと。\(-o-)/

いつもそうなんだけど、とってもしんどい時に、これが終わったらどんなにいいだろうとか、どんなに嬉しいだろうと思うけれど、いざそうなってみると、それほど感慨深くも無い。そうじゃない? さて次はっとぉ、って考えていると、やることいっぱいあって浮かれてる場合じゃないしね。それに浮かれるほどのことでもない。笑 ただ、予定通り進められたことは嬉しい。しんどかったけど、自分に勝てた。それが嬉しい。

さて、終わったので陽気な音楽でもと棚を見ていると、スタイリスティックスのアルバムが目に止まりました。この中でも1974年の“CAN'T GIVE YOU ANYTHING(BUT MY LOVE)”(日本語題は“愛がすべて”) はキムタクのCMでもおなじみですが、懐かしいですね、同世代の皆さん。昔の曲は歌詞がシンプルですね。では、お聞き下さい。Refrainのところだけでもご一緒に歌ってみませんか? 題名の前に“I”をつけてサビのところを歌ってみてください。(^.^)

愛がすべて               
                   和訳 右近      

もし僕が大金持ちなら
毛皮を買って女王様のように飾ってあげよう
運転手付きのリムジンに乗った僕らは
きっと素敵に見えるはずさ

でも僕は平凡な奴なんだ
ポケットの中は空っぽだし
本当にただの平凡な男なんだ
でも僕は、死ぬまで君のもの

僕は君に何もあげられない
この愛のほか   
何もあげられない
愛のほか   

未来を約束することなんてできないし
どんな高価なモノも買ってやれない
ダイヤモンドの指輪だって買えないし
真珠のネックレスも買えっこない

でも僕の愛を捧げるよ
すべてを君のために捧げるよ
僕が生きているかぎり
ずっと君に愛を捧げる

僕は君に何もあげられない 
この愛のほか 
何もあげられない 
愛のほか   

CAN'T GIVE YOU ANYTHING (BUT MY LOVE)

                        by THE STYLISTICS ↓
http://www.youtube.com/watch?v=nlQ8te4BOhY&feature=related

|

2009年12月20日 (日)

貫徹\(^o^)/

1220004_320 私はなんとかスクーリングの全行程を無事に修了することができました。あとは今回のスクーリングでの課題レポートを1週間以内に提出するだけです。

ただいま私は疲労がピークであります。今日も寝ないで行ったので帰りの京都線ではバクスイでした。しかも一番前、運転手さんのすぐ後でのバクスイは、なかなか気持ちのいいものですね。気がつけばもう梅田でした。

この画像は始発であり終点である梅田に、早朝、阪急電車が入ってきたところです。停まって乗客が降りると、乗り込んで私は京都まで運ばれます。午前7時29分発の快速急行、京都河原町行きです。日曜のこの時間はまだ特急がありません。私はとりたてて鉄道ファンではありませんが、電車は好きなほうです。べつに珍しくもありませんが、撮影だけにまだ使っている前のケイタイで馴染みのある阪急電車を写してみました。

これが京都烏丸(からすま)に着くのが8時15分くらい。それから地下鉄に乗って北大路、そしてタクシーで佛教大学です。あぁ、それもやっと終わった終わった。今日は駅伝があったので、京都は人が多く、華やいでいましたね。やれやれ、こうして皆さんに話していると、しみじみ~と終わったんだなぁと感じます。おわったぁぁぁぁぁっ! \(^o^)/

今日は御飯のあと居眠りをし、「坂の上の雲」はなんとか見ることができました。かなりの大作ですね。あまり見る機会がない日清・日露戦争のことがよくわかります。3年がかりのドラマなんて珍しいですね。名優をそろえているし、見ごたえがありますね。近頃、大河ドラマが頭でっかち尻すぼみでつまらないので、NHKはこういうドラマの方がよほど優れています。時代物をヘンに現代風にアレンジして視聴者に媚びるよりも、史実をきちんと見せてくれる歴史ドラマの方がずっと見ごたえがある。

もう暗いうちから寝ないで家を出て京都まで行かなくていいんだ・・・。いや、きつかったよ。ホント、きつかった。うん、きつかった。(*_*; 今日は早めに寝て、あしたからレポートにかかります。早く仕上げないと。年賀状もしなければならないし。がんばろぉっと。

今日も寒かったね。しかししかし、私は底冷えで有名な京都よりも、まして神戸や大阪よりも、私の住む和歌山に近い大阪府の端っこが、数段寒いことを知りました。私の降りる駅が近づくと、ドアの開閉で外から入ってくる空気の冷たさが違ってきます。気温も何度か低い。それに京都や大阪では晴れて太陽が照り、暖かくなっていたのに、なんと右近庵近辺は、空は雪雲、そして雪がちらちら。。寒いわけだ。(-"-) あしたはさらに冷えるとか。皆さん、お気をつけて。それでは今夜はこの辺で。ふぅ、つかれた・・・。でもよかった・・・。貫徹できた・・。おやずびだざい・・・fade out・・

|

2009年12月19日 (土)

いってまいります

いよいよ明日で最終のスクーリングです。相変らず寒く、空気が乾燥しています。少し風邪気味なのかノドと頭が痛いですが、そんなこと言っていられません。頑張ります。寒いですね。皆さんお気をつけください。暖かくしておやすみください。 

|

2009年12月18日 (金)

初雪

Dscn1232_400

寒さにも負けず、食欲旺盛な今日の庭猫たちです。左がトラ江、手前の大きなのはトラ吉親父、右がトラ美です。小春と小太郎は家の中で食べています。

このグループのリーダーを務めていた小トラが10月末から姿を見せなくなりました。トラ吉が居すわり、小太郎をいじめてケンカが絶えず、嫌気がさしてこの縄張りを出ていったのだと思います。あるいはリーダー不要と判断したのかな。彼女はもともとどこかにスポンサーが居たようなので、あまり心配はしていません。でもチョット寂しいですね。猫のことは別のブログ「猫庭」で語るのですが、あちらへはあまりお客さんがお越しにならないので、こちらでご紹介しましょう。=^_^=

向こう側に雪が見えています。この冬はじめての積雪です。日陰になる右側は地表の温度が低いため、雪が長く残ります。ここへ住んだ頃、よく雪が降って積もりました。積雪のため、バスも車も通れないこともよくあったものです。それは12年ほど前のことです。温暖化が進み、12月に積雪をみることはここ数年前からなくなっていましたが、このたびの寒波は全国的に降らせているようです。右近庵も冷え込んでいます。北風も強く、冬らしい気候です。

私はあれから立ち直り、気を引き締めてきのう予習を完了しました。ここまで訳しておけば大丈夫だろうというところまで進みました。あとは、体調を調えて出向くだけです。また3時間目に眠くってたまらなくなるかもしれないけれど。また帰りの電車ででバクスイになるかもしれないけれど。(-"-) 最後まで気を抜かずにがんばりまっす。

寒い日、ダッコはコタツから出てきません。じぃじぃ&はるか親子は専用ホットカーペットで寝ています。ストーブもつけないのに私があまり寒くないのは、やっぱり気合いが入っているからかもしれません。あとできっと寝込むと思うけど。(゜_゜) それでは皆さん、寒さにお気をつけて。徐々に寒波は移動しています。暖かくしておやすみください。 

|

2009年12月16日 (水)

寒くなりました

北国では雪、雪、雪。南では、阿蘇や桜島までも冠雪とか。たしかに冷えます。でも、でもです。こんなもんじゃない。右近庵の真冬の寒さは。まだまだ序の口。

あと一回で修了できる嬉しさからか、まだ終わってもいないのに終わったような感覚でいるのか私は早くもたるみモードです。心なしか体もなんとなくだるい。だから和訳をしていてもなかなか頭に入らない。それほど難しい文章でもないというのに。あきらかにたるんでいますね。(゜_゜)

この前の日曜日、たくさん予習をしていったのに、先生といったら2章分を「ここは飛ばします」なんてさらりと仰る。あぁ、先に言っていただきたかったなぁ。それ以来、なのかもうすぐ終わるからなのか、どちらかわからないけれど、とにかく集中力に欠ける右近です。(-_-;)

勉強がしんどいときは、終わったときにはアレをするぞ、コレをするぞといろいろ思い浮かべてはそれを愉しみに奮起したものですが、今回は終わらないうちからもうリラックスムード。終われば何を自分にご褒美として与えようかななんて探し始めたり・・。私はこんなではなかったはずなのになぁ。どうしたのかなぁ。(-"-) 笑

あまりにキツかったからでしょうかね。(だからぁ、まだ終わってないってばぁ)そ、そうだった。ツッコミありがとう。しかし、したいことよりも、しなければならないことから取り掛からなければなりませんね。まずは“ダニー”の続きを書かないと。後半をね。ここまであいてしまって申し訳ありません。とにかくなるべくすぐに書きますよ、「ひとり言」。

近畿あたりの寒さはたいしたことありませんが、皆が寒い寒いと言っているのに、私が今年少しも寒さを感じないのは、筋肉の量が増えているからだと思います。外を歩いたり走ったりすると風邪をひくので、スクーリングの体調維持もあって家の中でそれなりに鍛えていました。

冬は体温を高めるのにも筋肉を増やすのがいいんですよ。皆さんも鍛えてくださいね。スゴイことをするんじゃなくて、四股を踏んだり(皆さんはやらないか・・)、正しくスクヮットをしたり、腹筋・背筋・大腰筋などを鍛える運動を軽く。椅子に坐って足の甲を上げたり下ろしたりもいいね。鍛えれば全身の血行もよくなります。

というわけで今日はたるみモードの右近です。右近といえば、初めてウコンを呑んでいます。あ、ほら言った。共食いだぁって。誰?小学生みたいなこと言ってるのは。それも言うなら共呑みだよ。(~o~) ターメリックはたびたび食べるカレーで充分に摂っているけれど呑んでみた。効果はあるのかどうか、これまで崩れないでいられるからあるのかな。

では、寒い寒いと言っているあなた、鍛えましょう。それから体を温める生姜やニンニクを使って料理をしましょう。生姜紅茶もおススメですよ。私は目下、紅茶・コーヒー類は控えめにしていますが。週末にかけてさらに気温が下がるようです。皆さん、お気をつけて。それでは今夜はこの辺で。暖かくしておやすみください。はい私もエコな猫あんか。(=^・^=)

|

2009年12月14日 (月)

神戸ルミナリエ2009

神戸ルミナリエが今日で最終日を迎えました。今年もきれいですね。ここ数年、行くことが出来ませんでした。今年も行けません。(-"-)  どなたかが撮影して紹介くださった静止画像のスライドショーを見て、「きれいだなぁ」と見入ってしまいました。バッハのアリアとも合っていますね。

各地でライトアップがなされるようになりましたが、そのパイオニア的な存在の神戸ルミナリエですが、もちろんこの灯りは単なる「きれいだなぁ」ではありません。あの大震災での犠牲者の方々の鎮魂と、復興の願いや決意を込めて灯され、始まった“光”の祭典です。東遊園地で燃え続ける「希望の灯り」も写されています。ルミナリエがやってくると、震災の日が近いと感じます。今年で15回目を迎えた神戸ルミナリエ、2009年のテーマは“光の抱擁”です。では、ご覧下さい。

 「神戸ルミナリエ2009」 ↓
http://www.youtube.com/watch?v=hmFDWOUYbws

|

2009年12月13日 (日)

3分の2終了

けさは六時すぎに家を出ました。まだ暗い中を車で駅前へ。前回は始発のバスで駅まで行き、電車に乗ったのですが、始業ギリギリに教室に到着。(-_-;)これではいけないと思って考えました。それよりも早いバスは無いけれど、それよりも早い電車はある。どうすればよいか? 答えは簡単、駅まで車で行けばいいのです。なぜそれに最初から気づかなかったのかというと、駅前の無人の駐車場は昼間や夜に前を通ると、たいてい満車でハナから停められないと諦めていたのです。

しかし、待てよ。時間は早朝。空いてるよな、きっと。思ったとおり前夜から停めているのか、もっと早くに停めたのか、3台が停まっているばかり。楽勝。(^_-)-☆ 便利ですね、24時間の駐車場って。おまけに安い。ほら、ガッタンと車を乗り上げて停め、しばらくすると地面からブレードみたいなのが上がってきて車が動けなくなるアレ。出るときは精算機でお金を払うと、その金具が引っ込んで車が出せるアレです。おかげで一台早い電車に乗れ、余裕で教室に到着しました。(~o~)

昨夜は午前2時半にダッコが騒ぎ出し、くり返しコタツと私の布団に出入りしました。“ガォー、ガォー”と大声で鳴き、とても眠らせてくれそうにありません。時計の針を気にしながら、それでも眠ろうとしましたが、今度はじぃじぃが午前4時頃に帰宅。また起き出して入れてやり、エサなど与えていたら、もうダメですね。あきらめました。まだ鳴っていない目覚まし時計を止め、ケイタイのアラームも止め、起きることにしました。午前5時。(゜_゜)

しかしなんとなく体調はよく、今日は眠らないぞと意気揚々と出かけていきました。えぇ、眠りませんでしたよ。阪急京都線では向かいの女性お二人が、知らない同士なのにバク睡で互いに頭を寄せ合って揺れておられる。私は今日は大丈夫。にこやかに人様の揺れるお姿をみつめていたのです。しかし例によって授業中、3時間目あたりから眠気がきて、またもや睡魔と闘いながらの受講となりました。家では薄いカフェオレを飲んでいたのですが効果ナシ。休み時間には他の人たちのように飲み物を買いに行くのが面倒で、ガムなど噛んで眠気を飛ばしました。(^_-)

京都からの帰りの特急でも運よく座ることができました。こうなると、もういけません。ここまでずっと眠らずにきていたのに、家で少しも眠れない私は、またもや電車での甘い眠りに誘われていったのです。着くたびに駅名が聞こえ、それはまるで子守唄のよう。おまけに降りるのは終点の梅田となれば緊張感はゼロ。甘いステキな眠りを私はまた貪ってバク睡。ふたたびバクスイ野郎になっていたのであります。\(-o-)/ 晩御飯にはカレーをたらふく食べたあと、“坂の上の雲”を観ていたら、また睡魔。ときどきは目覚めて観ようとするも、眠りに堕ちてはそのくり返し。気がつけば終わっていました。やっぱ疲れてる。(-"-)

ともあれ、これで3分の2は終わり、あと3分の1で晴れて全課程修了です。こんなことをツラツラと呑気そうに書くので私は元気だと誤解されるのでせう。実は必死です。ふだん外出しない人間がやむなく外へ出て片道3時間かけて電車に乗って京都まで行き、講義を受けています。終わればトンボ帰りでまた3時間かけて戻ってきます。無事に修了した暁には、ドッと疲れが出るんでしょうね、きっと。感じますね、ひしひしと。おおかたの健常な人々のなかで、私はやはりビョーニンだなあと感じます。今の心境を若者ふうに言うと、マジ、キツイっす。でも今日もなんとか頑張れた。あと少し。かならず貫徹。では今夜はもう寝ます。今日も来てくれてありがとう。おやすみなさい。(^o^)丿 ふぅ、疲れた・・

|

2009年12月12日 (土)

いってまいります

Re_320 これは淀川です。阪急梅田から出発する電車は、京都線も神戸線もまずこの川を渡ります。先週の日曜日、京都からの帰り、もうすぐ梅田に着く直前にケイタイで写しました。

天気がよかったので写真が暗くなりました。なぜだかわかる? オートにしていると被写体が明るすぎた時、それをカバーしようと自動的に画像を暗くするのです。瞬間的に撮ろうと思った時は明るさ調整をするヒマがない。それでこんなふう。まるで悠久のガンジス河のように写っているThe Yodoです。

今日は暖かかったけれど、明日はそうでもないらしい。少し風邪気味ですが大丈夫。とり肉食べました。皆さんも気をつけてくださいね。ハイ、私も。行ってまいります。用意はぜんぶ出来ました。予習もバッチリ。 今夜はチョットでも眠れますように・・・。 それではまた。(^o^)丿  

|

2009年12月10日 (木)

冷たい雨

昼間は小雨でしたが、夜になって本降りになりました。
雨が降ると買物へ。これが私のやり方です。雨の日は混んでなくていい。それになんてったって雨の日はステキ。雨に煙る景色が好き。だから雨が降ると買物に出る。しかも夜から。初冬になると、そろそろ雨が冷たくなってきたね。

先にATMに寄り、メモしたものを順番にカートに入れていく。私はたいてい必要なものをメモして行きます。昔からそう。でなきゃ何を買っていいかわからない。欠けたものを普段からメモしておき、いくつかたまれば出向く。なんとなく出向くことはなく、仕方なく出向く。ほかの用事もかねて雨の日に。なんで雨が好きなのかな。それはなんでコーヒーが好きかと訊かれて困るのと同じくらいに答えられない。子どものときから好きだった。

私は気合が入っているのか体調が維持できています。このままずっと保てますように。それでは今夜はこの辺で。皆さん、風邪をひかないように。おやすみなさい。

|

2009年12月 9日 (水)

冷えるね

師走に入っただけでなんとなくあわただしい毎日です。去年の今頃は何をしていたかなぁと考えると、私は体調がひどく悪かったことを思い出します。秋までのレポート&試験に精根尽き果て、たいそう疲れを出していましたっけ。そして今年。やっぱりガクセイのことで忙しくしています。しかも私には最大の難関のスクーリングのことで!!しかし、それもあと少しで終わります。

今とりかかっているのは言語に関する論文で、英語という言語だけでなく、日本語についても言及されているので面白い。どうやら私は英ブンガクよりも英語そのものが好きなようです。同じ英文を訳すのでも、英文学はとっても時間がかかるけれど、専門的なことについて述べた文章は訳しやすい。そのほうが文章が素直だからです。

というわけで、“ロリータ”には苦労し、それでも30ページ分を訳して備えたけれど、授業ではなんと2日間でたった9ページしか進まなかった。今度の言語についての評論は、先生は7章まで進み、その章からレポートの課題を出されるとか。しかし、前回の授業では1章までしか進めなかった。次回は何としてもたくさん進むと意気込んでおられる先生です。

その御言葉を信じて、ひたすら訳している右近ですが、内容も興味深く、文体も取り立てて難しくないので、今日までにどんどん訳は進み、すでに6章に入っています。難解すぎた“ロリータ”の原文に嫌気がさし、それに内容にも興味なく(右近はまったく“ロ○○ン”ではないし)、苦痛でしかなかったのに比べると、今度は内容にも興味があり、楽に読み進めるものはストレスが溜らない。だから訳しててちっともしんどくならない。思いのほか順調に進み、週の後半は体力づくりにあてられそう。(^_-)-☆

こんな話つまらないね。ほかに何かないかなっと。そうだ、ずっとコタツで訳し続けているんだけれど、きのう、今日とタマネギの苗を植えました。だって枯れてしまうもの、早く植えないと。今頃からのは晩生(おくて)。裏庭のサツマイモの跡地にと思っていたけれど、畝が雨でなくなってしまい、いちから畝を起こすパワーがなく、また今はタマネギにエネルギーを使い果たすこともできず、苦肉の策が“プランターにタマネギを”でした。(^.^) あれ、なんだかこのリズム、私の小説の七五調の題名みたい。でもタマネギじゃ小説にならないや。(゜_゜)

それで、いつか処分しようと2階のベランダに重ねて置いてあるたくさんのプランターを持ってきて土を入れ、庭に植えきれないタマネギを植えました。また猫が引っ掻き回すかもしれないけれど、育つとケッコウ面白い光景かも、です。裏庭にたくさんスペースがあるのに、プランターにタマネギ、なのです。まるでヒヤシンスの球根を育ててる感じになるかなぁ。それよりも育つかなぁ、プランターで。(-"-)

この話もつまらなかったね。ごめん。勉強中は話題に乏しい右近です。でも、小説のこともよく考えてるよ。もうじき書けるなぁと思って。けれどしたいこと、いっぱいあってね。しなければならないこともいっぱいあってね。少しずつ少しずつダ。まずはガクセイを終わること。頑張ります。

今夜は冷えるね。。( ^^) _旦~~ハイ、君にもお茶。
明日は西日本では雨、東日本は晴れるようです。
それではまた。右近でした。

|

2009年12月 8日 (火)

日米開戦の日

今日12月8日は開戦の日です。日本は真珠湾奇襲攻撃を仕掛け、これがあの戦争の始まりとなります。そんな日も意識されず、ほとんど報道されない今の時代、なさけないですね。メディアではわずかNHKだけが昨日から特集を組んでいました。

ここなのです。あの戦争を知ろうとしないことが、戦争に関することだけでなく、今の社会で起きている様々な問題と関係しています。このような社会的な発言はこのところ避けてきた私ですが、日本という国全体が過去に対して無関心で、無責任で、それが人間を軽視したり、命を粗末にする体質として現存し、多くの問題を生んでいると私は考えます。

歴史において過去から学ばなければ、たとえ科学やITは進んでも、人を軽視する世の中は変わりません。戦争を知る世代がどんどん少なくなってきた現在、たとえ戦争を知らなくても、知ろうとするその次の世代、またその次の世代の存在が重要です。そうでなければ、きっとこの国は今よりもっと無秩序な国になってしまいます。そのことを危惧します。

今日はまた、ジョン・レノンの命日でもあります。彼が遺した“Imagine”は夢のようなことを歌っているかのようですが、真理を述べています。日本の310万人の、世界の2000万人のあの戦争の犠牲者とジョンに、そして今このときにも命を終えようとしている人々と、生き物たちに対して手を合わせたいと思います。

あと少しで今日の予定の5ページ目の訳ができます。明日は冷えるそうですよ。皆さん、暖かくしていてくださいね。首、手首、足首。この三箇所を温めて。それでは今夜はこの辺で。

|

2009年12月 7日 (月)

3分の1終了

最終教科の連続3回日帰りスクーリングの第1回目が終わりました。
つまり3分の1が終わったということです。\(-o-)/

前夜は少しでも眠っていこうといつもより早めにベッドに入りましたが、うまい具合に眠くなってきたと思ったら、午前3時半頃にじぃじぃが「にゃにゃにゃにゃにゃん」←(彼は帰ってきたときこんなふうに鳴きます。)と外で言うではありませんか。仕方なく起きて入れてやり、エサなどやっていたらも眠気が吹っ飛んでしまいました。それでもと頑張って眠ろうとしていると、今度は1時間後くらいにダッコが「ガォー、ガォー」と鳴いて起きてきました。この時点で私はもう眠ることを諦めました。

そんなわけで一睡もしないで六時半に家を出ました。日曜ということもあったのでしょうが、さすがにその時間の電車は空いていました。梅田で阪急京都線に乗ったときは行楽の人たちが増えてきましたが、ポカポカと暖かい陽が射す車内で私は眠くなりました。そして不覚にも眠りについてしまったようです。大丈夫。ショルダーバッグは肩にかけたまま、おまけに抱え込んで寝ていました。突然グラリと横に倒れかけて目が覚め、恥ずぅ・・でした。(^^ゞ 

四条烏丸から地下鉄に乗り換えて北大路へ。しかし、時間がギリギリです。駅から学校まではいつもタクシーですが、それでも間に合うかどうかという時間です。しかも初日だから、着けばまず教室確認の紙を受け取りに行って確めないとならないし。おまけにわざわざ正門に行ってくださった運転手さん、通用門よりうんとこさ遠い。その旨つたえると、メーターをそこで止めてグィ~ンと回ってくださった。お蔭でなんとかギリギリセーフ。先生はもう教壇に立っておられましたけれど。(゜_゜)

予習はしていたのでバッチリでした。でも、三時間目にもなると急激に睡魔が襲ってきました。うッ、眠い。なんで昨夜眠くならないで今なんだぁ・・。と思っても、どんどん眠くなるばかり。バッグからお茶のボトルを取り出して飲んでみたり、みんなで音読のときには出来るだけ大きな声で読んで眠気を飛ばすようにしてみたりしました。その甲斐あって、なんとか教室でゆらりゆらりとなることは避けられました。

帰りの電車では坐れた時はすべてバク睡だったことは言うまでもありません。ハイ、しっかりバッグを抱え込み、サングラスをかけてハンチングをかぶって熟睡でした。怪しき哉。(-"-) 駅まではムコが迎えに来てくれ、童謡を聴きながら家に着きました。マゴが生まれてからはチョージョ夫婦の車のBGMはいつも童謡。“めぇ~、めぇ~、もりのこやぎぃ~”という具合です。家に着いたのは午後3時半くらい。

出かける前に納豆御飯を食べただけでしたが、何か食べたいよりも、とりあえずコーーヒー。そうか、貧血気味なので敢えて朝にコーヒーを飲まなかったのがいけなかったかな。やっぱり朝はコーヒーですね。缶コーヒーも甘かったり濃かったりするので休み時間に飲まなかったし。でもやっぱり飲めばよかった。こんどはどこかでかならずコーヒーをはさみませう。眠くならずに受講する必須アイテム。

先に入浴、それから晩御飯を食べて「坂の上の雲」でも見ようとテレビをつけたのはいいけれど、まもなくまた睡魔到来で眠ってしまい、これはいけないと思ってはやばやベッドに入りました。目が覚めると何時かサッパリ分からずに、時計をみると日付が変わって午前零時半。しまった。ブログに登場できなかった。ごめんなさい。 よく眠ったなぁと猫のエサをやったり世話などゴソゴソして2時頃まで起きていたかなぁ。また眠くなって、もう寝ることに。次に目が覚めたら昼近くでした。な、なんとワタクシは、totalで13時間ほども眠ったのでした ふ、2日分も眠ったぁ・・。

おかげでスッキリ、今日は絶好調でした。それで起きてすぐに予習を開始。 だって先生は、今度はもっと早く進みそうだとほのめかしておられましたから。たっぷり眠った私のアタマは冴え渡り、訳もスイスイできました。5ページ分を終わったところで今日の予習を終えました。大変だった学生生活も、この教科でいよいよ最後だとおもうと、チョットだけ名残惜しい気持ちも芽生え、有終の美をめざして精一杯頑張って終わりたいと考える右近であります。頑張ろぉっと。(^_-)-☆

皆さんはいかがお過しでしたか。寒くなってきましたから、お気をつけください。それではまた。(^o^)丿新型インフルエンザのワクチン接種済みでコワイものナシの右近より

|

2009年12月 5日 (土)

また京都

またまた行って来なければなりません。今回からは午後一時前には終わるので楽勝。だと思います。猫番を頼んで出かけます。この冬季スクーリングの頃には、もうダッコはいないのではと、昨春に勉強を始めた時には考えたりもしました。でも彼女は頑張っています。外出してもダッコを想い、どこへ行ってもすっ飛んで帰るのにすっかりなれてしまっている私です。行ってくるね。とり肉?食べたよ。がんばりま~す。(^o^)丿 

|

2009年12月 3日 (木)

今夜はジャズでも

雨の一日でした。いかがお過しでしたか? 私はなんとか2日間の外出疲れがとれました。

You Tube から私は最近よく歌や猫などご紹介していますが、今夜はジャズでも。スタンダードナンバーの“You'd Be So Nice To Come Home To”を、今夜は青江三奈さんでお届けしましょう。ヘレン・メリルほか、今まで多くの人に歌われてきた名曲です。私は女性のハスキーヴォイスが大好きですが、青江三奈さんもすばらしい声の持ち主でした。“ドゥドゥビ ドゥビドゥビドゥビ ドゥヴァー 灯がぁともる~♪” もいいですが、ジャズがとってもステキなんですね。ご覧になればわかりますが、どうですか、うしろのヒマそうなバンドのおっちゃんたち。見とれてませんか、彼女に。色っぽいですね、ステキですね。では今夜にふさわしい一曲を、お聞き下さい。私はすこし勉強します。またね。

 “You'd Be So Nice To Come Home To”↓
http://www.youtube.com/watch?v=wQjX5rOI0tY&feature=related

|

2009年12月 2日 (水)

無事に接種

“持病のある人”は予防接種を受けてきました。行けば持病のある人だらけでした。接種後30分は別室で椅子に坐っていなければならないのですが、これが退屈で退屈で。看護師さんが置いてくださった大きな時計と皆にらめっこ。 しかし見つめていると、時間とはゆっくり進むものですね。ふだんの何倍も時間がたつのが遅い。しまったなぁ。本でも持ってくればよかった。文庫本を読んでいる人を横目でみてそう思いました。しかし時間とは、かならず進むものであります。やっと解放され、帰ってきました。暖かかったので、またホッペりんごちゃん。

ところで、今夕、最近「愛別離苦」へ訪問されてメールをくださった方と初めて話しました。その方が、とても面白いことを仰いました。
「愛別離苦のRyoさんという女性が、水無月右近さんという男性のサイトにリンクをされているのかと思っていました」。!!!

私は爆笑。やはり道行考のこの写真はオトコに見えるのですな。はい、オトコです。しかし、愛別離苦のRyoさん、オンナらしいですな。ハイ、さいです。したがって完全に別人と見えたのですって。(^_^;)喜んでひとしきり笑ったあと答えました。
「私にコンタクトをとられる皆さんは、多かれ少なかれテンネンでいらっしゃる。あなたも例にもれず」。
テンネンの旗印には、やはりテンネンの人がお集まりのようでございます。どうもどうも。いやはや・・。(^^ゞ しかし近頃は性別に頓着は無くなってきたけれど。今は人間として。half坊主として。そればかり。

私にすれば2日連続の外出はすごいこと、ちょっと疲れたかな。ワクチンの影響もあるのか夜になって少しだるいです。晩御飯のあと、コタツで眠ってしまってた。ベッドにもたれかかって。いや、生きてる。大丈夫。寝てただけ。だからこうして書いてる。生きてるよ。でもなんだかチョットしんどいから、きょうはもうベッドに入るよ。あしたからテキストの予習を真剣にしなければ。あしたはお天気が崩れるみたいです。お気をつけて。それではおやすみなさい。「男と女」の右近より←って。ちがうやん。アルバムのタイトルの意味と・・。

|

2009年12月 1日 (火)

暖かかった一日

今日の大阪はとっても暖かかったです。定期的な診察のため、今日は病院へ出向きましたが、昼下がりはポカポカ陽気でした。それで(“なので”なんて絶対に言わないゾ)コートもいらず、おnewのジャケットを着ていきました。きちんと装うとなんだかシャキ~ンとします。やっぱり適度にお洒落はしなければなりませんね。もうどうでもいいや、誰も見てないし、なんてなっちゃいけない。艶は大切。男でも女でも、どちらでもない人も。

今度のテキストは語学関係のもの。私はどちらかといえば英文学より英語でのcommunicationの分野の方が好き。昔からそちらの方が得意だったし、好きだった。だからたぶん楽勝。“ロリータ”があまりに難解でウンザリし、“もうええわ”でした。あ、この言葉、ふつうは合いの手で使うんだけど、まさにこの二年足らずで、英語で詩や小説を読むのは、本当に、もうええわ、と思いました。やっぱり日本語で読み、書くほうがストレスが溜らないし楽しい。あと少しで解放される。嬉しき哉。\(^o^)/←まだ早い。

ところでココログですが、急にどこかが変更になっていて驚くことがあります。ブログ愛別離苦を復活していますから、現在、ブログはまた4つあるのですが、そのうちこのブログと愛別離苦のtop pageが初めしか表示されず「続きを読む」になっていました。小説と、猫&庭のブログはそのまま。なんでこうして分かれてるのかなと考えましたが分かりません。強いて共通項を見つけるならば、テンプレート未使用の方が変わり、使用しているものがそのまま。

ココログで調べると、「続きを読む」の表示を望む声が多く、基本設定をそちらに変えたとか。へぇ、そうなんだ。味気なかったけどね、見たでしょ、皆さん。2アクションでは読む気が失せるんじゃない?私ならめんどくせぇって思って見なくなる。行けばバーンと出てるほうがよっぽど親切だと思うよ。なんでそっちの希望の方が多いんだろうね。なんとなく、隠せるって印象はあるから、そっちの方が好まれるのかなぁ。めんどうなのに。わからないけど。

それで、元のを望む人は再設定をしろとあったので、しました。こっちの方がいいよね。自分の発言は堂々としたいものだし、見る人の立場に立ってもこのほうがいい。そう思うよね、君も。きのうは庭&猫の方も作業中に変更になり、残るは小説だけがまだ全文出てた。今日はどうなっているかな。とにかく読む人が読みやすいように。それを心がけたいね。

私は長年のステロイド服用により皮膚が薄くなり、冬の太陽にさえ、わずかな時間の車の運転でホッペりんごちゃんになってしまいました。あしたも今日みたいな陽気とか。またりんごちゃんになってしまう。日焼け止めを塗らないと。あしたは新型インフルエンザの予防接種に出向かなければならないので。予約カウンターで、いきなり「では、あした」」と言われたものだから。「は、はい・・」(^_^;)。 そう、I have 持病、I am 持病のある人だから。 あと3回京都へ行くので受けておいたほうがいいと思って。普通のインフルエンザでも、とってもひどくなるもの。それでしぶしぶ行ってきます。

私が外でいくらか動ける時期は、だんだん狭められてきましたが、今の時期は比較的大丈夫。車から眺める山々が色づいてきれいだったよ。道路沿いのイチョウもきれいな黄色でうれしくなった。カエデの赤もいいけれど、イチョウの黄色の方がなぜか好き。きれいだよ、きれいだね。運転しながらいつのまにか話しかけてた。 サクラ・ガールの桜の木は葉をぜんぶ落としてしまい、紅葉を見てあげなかったなぁ。ごめん。通るのいつも夜ばかりだからなぁ。いろんなことを考えながら、木と対話して楽しかった。それでは今夜はこの辺で。また今日から“とり肉”復活、晩御飯は、むね肉で親子丼にした右近より

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »