« ニゲラが咲いた | トップページ | 『ハピネス・マサオ』第16話を掲載しました »

2010年5月31日 (月)

命の犠牲に積む命

先頃から宮崎県において家畜の伝染病である口蹄疫により大量の牛が処分されています。今後もまだ当分続くとか。種牛も結局は処分となったようです。私が近頃ニュースを見ないのは、このことが必ず報道されるからです。処分のために牛が引かれていく様子を見るとひどく心が痛み、テレビを切ってしまいます。 

小説にも書きましたが、私は幼いころにトラックに積まれて屠殺場へと送られる牛を見てひどく悲しく思い、以来、肉類を食べることを好みません。とはいえ栄養を摂らなければならないので、生きていたのを殺められて食品となったものを口にしなければならないのは避けがたいことです。私はできれば動物も植物も何も口にしたくはないと考えていますが、生きている以上、食べなければ仕方がありません。

このたびの一件で、大打撃を受けた畜産農家の方々は、大変な状況にあることもお察しします。この国の畜産を預かる人々の社会貢献も大いに認めるところです。手塩にかけた牛たちの処分は口惜しいものだと思います。しかしながら、生きた牛たちが大量に殺されていくことを考えると、私たちも心が痛むのは事実です。食肉とされるにしても殺されるのですが、そこにも哀しいものを感じます。

食べられるにしろ、食べられずに処分されるにしろ殺されるのです。牛にすれば同じことかもしれません。何ごとも起こらなければ私はこの映像を見ることがなく、ふだんから避けて通っているように、特別な痛みではなかったのでしょう。毎日毎日、牛や豚、鶏や馬ほか食用にされる動物について深く想うことを忘れていたでしょう。

私が感じる哀しみとは何か。それは言葉にすれば通常は呆れ返られるばかりの子どもじみたものかもしれません。顰蹙をかうのを怖れずに敢えて言葉にすれば、人間の意のままに命を操られる動物たちの哀しみ というものでしょう。牛のやさしい目は、そのように扱われても逆らうことなく従順に、食べられない処分を無抵抗に受けるのです。牛ばかりではなく、豚も鶏も、すべての食用の生きものたちは、食べられない病気になると、人間のように治すのではなく、処分されてしまう運命にあります。

人間に食べられるにも殺される。食べられなくても殺される。家畜は意思をもたず従順です。その従順な生きものたちの死を口にする私たち。そしておいしいと舌鼓を打つ私たち人間。食べ残したり捨てられたり、その死を充分にありがたみもせず、悼みもせず、感謝もせず、あたりまえのように口にし、病気発生だと知れたとたんに人間の事情ばかりが報道される。こういった現象に、まことに勝手な人間側だけの論理を感じて悲しくなります。

今夜のクローズアップ現代は、中島潔さんという画家のかたの絵が清水寺の一室の襖絵となったことを放映しました。題名は「大漁」です。これは夭折の女流詩人、金子みすずさんの詩からのモティーフだそうです。彼女の詩で有名なイワシについて詠ったものに、中島さんは心に響くものを感じて以来、そのモティーフで描き続けておられるそうです。イワシがたくさん獲れて大いに喜ぶ人間。しかし、海の中では大勢の弔いがおこなわれるのだという短い詩です。

    朝焼小焼だ
    大漁だ
    大羽鰮(いわし)の
    大漁だ。

    浜は祭りの
    ようだけど
    海のなかでは
    何萬(まん)の
    鰮のとむらい
    するだろう。

詩人は皆とは違った視点でイワシを見ています。その目には優しさが満ちています。大漁をただ喜ぶのではなく、イワシの側にたつ目を彼女は持っているのです。そのこまやかな生きものに対する温かさに人は打たれるのでしょう。

飽食の日本。食べもの廃棄率の高い日本。大食いを売り物にしたり、メニューを全部食べるなどと馬鹿げたことをやる人、それを企画する人、喜んで見る人のいる日本。給食、パーティー、飲食店などで廃棄される大量の食べもの・・。私たちは何か間違っていませんか。飽食の国で麻痺してはいませんか。動植物の命を殺めずに私たちは生きられません。しかし、命を犠牲にした動植物の痛みを感じることなく、楽しんだり廃棄したりするばかりで感謝を忘れていることに、犠牲になる命にすまないと感じることなしに、私たち人間はあまりにも勝手ではないかと考えてしまいます。

私たち人間は、ほかの命の犠牲の上に命を積んでいます。そのことを忘れずに、たとえ一瞬でもそれらの動植物や魚介類に感謝する気持ちをもってほしいと思います。中島さんはイワシを悼んだ金子みすずの哀しみを希望に換え、今年「大漁2010」という絵を完成されました。残念ながら、天に昇るような勢いのイワシの大群が描かれた襖絵を見に、京都まで行く体力は私にありません。それはみごとなものですよ。興味のあるかたは行かれてはいかがですか?

休筆後、ふたたび書き始めた「ハピネス・マサオ」は「食」がテーマのひとつです。後半を皆さんにお見せできないかもしれませんが、意欲的に書き進んでいます。久々のWriting Highを感じつつ、資料を読むことと書くことに没頭しています。今日で5月も終わりです。あしたからは水無月。右近が頑張らなければならない月です。うんと書き進みたいと思います。それではまた。

|

« ニゲラが咲いた | トップページ | 『ハピネス・マサオ』第16話を掲載しました »

社会の出来事」カテゴリの記事