« 宮城県 南三陸町へ義援金を送ろう | トップページ | あの日から一ヶ月 »

2011年4月 8日 (金)

『民間物資供給拠点』 遠野からの呼びかけ

求められる救援物資の内容は変化しています。現在の避難生活では日常生活に必要なものが求められています。自治体の募集で断られたようなこまごまとしたものこそ、これから必要となってきます。先日、避難所で何が必要かと問われたご婦人が、些細なものが欲しいのです、たとえば爪切りのようなものが。そう仰っていました。私たちは身の回りにあるものを、当たり前のように使用しています。しかし、着の身着のままで避難したかたがたには、今後はそういったきめ細かい支援物資が必要とされます。

しかしながら、それらがどんな商品で、どこへ送ればいいのか私たちにはわかりません。民間企業や運送会社が独自に動き、被災者の人々の意向に沿ったものを集めて送るといったこともなされていますが、全般的に情報が不足しています。Web上で呼びかけている個人や団体を見つけたときはお知らせいたします。また、企業、団体、NGO、NPO、個人で、物資の呼びかけをしているのをご存じのかたがおられましたらお知らせください。ご連絡は右サイドバーのHP『平成道行考』Topページからどうぞ。よろしくお願いいたします。

◎ 岩手県遠野市 打越さんからの呼びかけ

『支援物資供給拠点』 (民間)

     ・  支援物資のお願い    送付時のお願い

早く余震がおさまりますように。

|

« 宮城県 南三陸町へ義援金を送ろう | トップページ | あの日から一ヶ月 »

東日本大震災」カテゴリの記事