« 花火大会 | トップページ | 今夜は“ミ・アモーレ” 松岡直也 »

2011年8月 2日 (火)

旧『小説ブログ』について

「なでしこジャパン」に国民栄誉賞。ほんとうに元気づけてくれました。
それにしても澤さんはスゴイ。いつ見ても聞いても受け答えは適確で言葉使いも完璧です。技術だけでなく人間として素晴らしい。一流プレイヤーはそうあるべきで、お手本のような素晴らしい女性ですね。

さて今日は『旧小説ブログ』について説明いたします。皆さんに伝えたいことを“ひとりQ&A”の形式で書いてみました。よろしかったらお読みください。

Q1 いきなりブログのひとつが別のものに変わりました。前の「小説ブログ」は消えてしまったのですか?『ハピネス・マサオ』はどうなてしまったのですか?

A1  私はブログを最大4つの運営が可能です。最初に道行考でのブログと愛別離苦のブログの2つが必要になったとき、ひとつ足りないためにレンタルをすることにしました。レンタルは3つでワンセットでした。必要なのはあとひとつだったけれど、せっかく借りているのに無駄にするのもと思い、あれこれ書いてきました。小説ブログもそうでした。

さてここからがAnswerです。ご心配なく、小説ブログは空いている別のブログに移しました。たいていのブログ管理ツールには「読み込み」と「書き出し」機能があります。私もそれを使って瞬時に別のブログに移しました。その空きブログはプロバイダーから与えられた無料のブログで、過去には愛別離苦に使用していました。ちゃんとそこにあります。それにすべての原稿はパソコンに保存してあります。

Q2  今後『ハピネス・マサオ』はどうなるのですか。

A2  執筆中断を余儀なくされたのは昨夏以来の体調不良のためです。私はあの作品に燃えていました。資料もたくさん取り寄せて精読し、意欲的に取り組んでいました。ラストまでの筋書きはほぼ出来ており、そこへ至るまでに戦争や食に関するさまざまなテーマを盛り込んで、若い人にも分かりやすい内容にして伝達したいと考えていました。しかし、ちょうど一年前の急激な体調悪化で継続を断念せざるを得なくなりました。いちばん口惜しいのは私です。

あんなに力を注いでいた作品への意欲は、その後の長期にわたる病気活動期の苦しい時間が萎えさせてしまいました。一日の生活すら不自由な状態では創作に取り組むこともできません。何よりも書くことが好きだったのに、日々を生き暮らすための最低限の家事や雑事、猫の世話などと、ふらふらになって格闘する毎日となりました。それらのことを何もせず、好きなことだけしていられたらどんなに幸せだろうかとベッドの上で考えたものです。しかし私が選択している生活の形態は自活が必須条件です。そのため生活を維持することは創作よりも優先させるべきこととなりました。その苦い現実を受け容れました。いつか書ける日がきっと来る。そう思うことで創作に関して一旦は筆を折ることに甘んじました。あの作品は自分でも好きなもののひとつです。いつかきっと続きを書きたいと思っています。文章は、とくに創作は、無理に書こうとして書けるものではなく、いつか小説の神様が降臨してくださった時には再開できるでしょう。いずれにしても、まず体力をつけることが先決だと思います。

Q3  『ハピネス・・』を移したブログは見ることができるのですか。

A3  申し訳ありませんが現在は更新もなく、皆さまに見ていただける設定にしていません。ハピネスの17話分を移動させただけです。そのブログはIDが別で独立しています。したがって公開限定が可能です。いつか創作をすれば使用するつもりで空けてありました。私は日常のふとしたことから構想が広がり、短編小説の筋書きを頭のなかで組み立てて楽しむことがあります。けれども今のところそれらを文字で具現化するに至りません。しかし私の憧れは小粋な短編、しっとりした短編、何気ないことを描きながら余韻が残るといった短編がさらりと書ければというものです。奇をてらったものではなく、烈しいものではなく、この年齢になってこそ書けるものがあります。そんな小説が書けたらそのブログを使います。

ただし今後は小説に関して一般公開は控えます。身の程をわきまえるようになったのは、ベッドでいろいろ考えた時間がもたらした産物というか収穫です。未熟なものを、これまでよくもまぁ公開してきたものだと今では‘赤面’の心境です。しかし書いたら誰かに見せたいのが人情です。私の書く拙い作品でも読みたいと思ってくださる皆さんには、ご本名での登録で購読していただくつもりです。拙くとも作品は私の宝物です。その行き先を把握しておきたいのは自然なことだとご理解ください。またネット界とはいえ、ご自身を開示していただける方々こそが最も確かな信頼関係が築ける存在だと私は思います。それらの皆さまには、今後も私が書いた創作ものを読んでいただけることでしょう。短編は気軽に楽しく書けて、仕上がるのも早いです。身体への負担も少ないので、近い将来、楽しんで書けるのではないかと予感しています。そう願っています。

今日は涼しい一日でした。明日は近畿では最高気温35度の予想です。暑くなりそうです。
それでは また。

|

« 花火大会 | トップページ | 今夜は“ミ・アモーレ” 松岡直也 »

お知らせ」カテゴリの記事