« ‘木彫りの猫(大型)’東北支援 「右近トーク」バザール品 | トップページ | “アルマズ” ランディ・クロフォード »

2011年10月24日 (月)

被災地への保温ポット・暖房器具大募集!

秋が深まってきました。東北では冷え込みが厳しくなりつつあるようです。
被災地では仮設住宅の防寒対策がなされた所と、いまだ進んでいない所があります。とくに宮城県では国が進めるか自治体かの決定が難航し、ようやく市町村がおこなうことに決まって着手されるとのことです。すべての仮設住宅の工事が終わるのは12月中旬とか。これは大変です。

 このような事情もあり、被災地では暖房器具や保温ポットなどが切望されています。もしも使用していない暖房器具がありましたら、ぜひご支援ください。石油・ガス・電気の種類は問いません。保温ポットは石油ストーブで沸かしたお湯を入れるための、電気ではないものが求められています。もちろん電気ポットを望む方もおられます。いずれでも可能です。

 ☆保温ポットにつきましては格安で、よいものを見つけています。1.5Lのもので1000円ほどです。新品をご協力いただける皆さんには、宮城県にあるその店を紹介いたします。楽天さんより直送が可能です。そのほか使い捨てカイロも重宝されます。激安で販売中のお店を紹介いたします。

 ご協力いただける皆さんは、HP『平成道行考』トップページのポストマークからご連絡ください。送っていただく支援先代表者様の住所を折り返し連絡いたします。尚、送料は右近が負担いたします。(500円切手郵送という形です。送料をお知らせいただければ500円、1000円など500円単位で負担いたします。尚、500円切手は手数料5円でほかの切手やハガキと交換できます。つまり495円分が交換可能ということです。但し、まもなく発売の年賀状との交換は出来ません。)

 ・日本郵便のご利用では集荷に来てもらい、切手でのお支払いが可能です。

 ・ヤマト運輸、佐川急便など宅配業者さんをご利用の場合も切手は送付いたします。

 私たちがあたりまえのようにふだん使っているポットがない、暖房器具がない。その不自由さを想像してみてください。テレビのニュースで見るように、それらが配布される仮設住宅はまだ恵まれているといえます。しかし、そうでない所も多いことを知ってください。これまでいろいろと呼びかけてきましたが、当サイトを通じての支援お申し出は皆無で、これは残念なことだと思っています。Alas!←(嘆きの叫び)

申し上げます。支援したいけれど、私へのご連絡を憚られる皆さん、ここでは私は普通の人間であります。(書く私は多少‘ヘン’かもしれないけれど) 皆さんに吠えも噛みつきも致しませぬゆえに、どうぞ怖がらずにご連絡ください。(^_-)-☆ご協力いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

 私は先週の初めより体調がくずれ、週半ばには最悪になり、土曜日にやっと動けるようになり、昨日より復帰しました。さっそく滞っていた支援の作業をこなしています。わずかの時間でも動けることはありがたいと実感しています。心配してくださった皆さん、ありがとう。回復後しばらくは大丈夫。いろいろ頑張ります。それではまた。よろしく。

 

|

« ‘木彫りの猫(大型)’東北支援 「右近トーク」バザール品 | トップページ | “アルマズ” ランディ・クロフォード »

東日本大震災」カテゴリの記事