« 見えるといいね「獅子座流星群」 | トップページ | 寒い日の右近スープ「茎ワカメ入り中華スープ」 »

2011年11月22日 (火)

「ショウガない」なんて言わないで

寒くなってきましたね。私の部屋は只今14度。湿度は70%です。これは暖房が必要な室温なのかどうかよくわかりませんが、まだ私は使っていません。体感では着込めばそれほど寒さは感じませんが、咽頭が反応します。これで風邪をひくのでしょう。そろそろ暖房でしょうか。今年は石油ストーブがよく売れているそうです。私は以前から使用していますが、これも目がチリチリとして30分ほどで目がつらくなります。ヤカンをかけて蒸気を出すのは私にはいいのですが、パソコンやカメラも置いている部屋に湿気は禁物。むずかしいものです。とりあえずマスクだけは常に着用して自分の息で乾燥と冷えに備えています。

そんな私が心がけているのは体の中から温めることです。昨年、私はキムチなどニンニクやトウガラシを使ったものをたくさん食べるようにしました。意識してよく食べたので、それなりの効果がありました。今年もそれは続けますが、ショウガも積極的に摂りたいと思います。ところがこのショウガ、いざ使おうと思ったときに面倒なものです。さらにベストの状態でショウガがいつもそばにある訳じゃないし、あればいいなと思う飲み物や料理にも、現物がなかったり萎びていると、ついつい省いてしまいます。そこでいつもすぐに利用できるようストックしておくことにしました。ショウガを冷凍してとは誰も知っていることですが、丸のまま冷凍してしまうと、すりおろしにくい、スライスしにくいなどの難点があります。それで考えたのが次の方法です。

Dscn3487_400_2
これはショウガ1個をすりおろし、スプーンすくって並べたものです。この状態で蓋をして冷凍します。すりおろしショウガは利用が多いですね。料理の下ごしらえ、豆腐料理の薬味、スープや料理の香り付け、飲み物に加えてホットドリンクをさらにホットにして身体を温めるなど守備範囲が広いです。すりおろしショウガの小袋も冷凍食品にありますが、10袋で400円くらいします。この方法なら1個分のショウガでこれだけできます。ゴミもでないしエコにもなります。もちろん皮ごとすりおろします。ちなみに、きれいに洗ったショウガは皮を剥く必要はありません。

Dscn3605_400
画像右上が最初の画像のショウガが凍ったものです。チャック袋に入れて保存。出しておけば室温ですぐに解凍できます。そのまま料理に加えても可。手前はもう1個のショウガを千切りにしてそのまま冷凍。こうしておけば、みじん切り用にもザクザクっと切って使えます。(みじん切りにしてから凍らせると水分が入りすぎると思う) すりおろし以外の冷凍したショウガは、凍ったままか半解凍で調理しましょう。こちらも魚の煮付けや炒めものなど何でも使えます。おなじく皮ごとスライスして千切り。私は太めが好みですが、お好みの厚さでスライスして千切りしてください。

ご存知でしょうか。ショウガは冷蔵が苦手です。紙に包んであげても寒がり屋さんのショウガはすぐに萎びたり小さくなってしまいます。そうなると調理をあきらめなければならないこともありますね。買ったものは無駄なく完食。これが作ってくださった生産者の人びとや、運んで下さった流通関係の人々のご苦労に応える一番の恩返し。体温を上げるだけでなく、肝機能も高めてくれるショウガさんに、この冬もおせわになりましょう。画像左奥はお友達のニンニク君。薄皮をむいてこうしておくと使いやすいですね。

画像のショウガは高知県四万十産。高知県は指折りのショウガ生産地です。ニンニクは青森産。こちらも有名ですね。これら‘温め隊’を冷凍室に完備してはいかがですか。料理中に、ショウガ、ショウガっとぉ。冷蔵庫を探したけれど無い。または野菜室の隅で干からびている。そんな時「ショウガないなぁ・・・」と言わないために、買ったショウガやニンニクは、ひと手間かけて冷凍保存しておきましょう。ね、君。

獅子座流星群は見えなかったよ。それからダッコはがんばってる。私も何とかやってます。ありがとう。
今夜は甘酒にすりおろしショウガをいれませう。皆さんも暖かくしてお過ごしください。それではまた。 右近

追記 こんなのもありました。いかがですか。「うまくて生姜ねぇ!! 「ヤマト運輸東北応援企画」福島の美味しいものより

|

« 見えるといいね「獅子座流星群」 | トップページ | 寒い日の右近スープ「茎ワカメ入り中華スープ」 »

右近トーク」カテゴリの記事