« 『真珠湾攻撃』の日から70年 | トップページ | 暖かな一日 »

2011年12月 9日 (金)

「茎ワカメ」の食べ方2種

先日、茎ワカメのスープをご紹介した日に、岩手に住む閲覧者の方から茎ワカメの別の食べ方を教えていただきました。その時に早速つくってみた茎ワカメ2種をご紹介します。私の買った茎ワカメも東北でとれたものでした。!(^^)!

Dscn3685_400
① そばつゆにみりんを少々、千切りのショウガを入れて茎ワカメを漬け込みます。2日ほどで食べられます。教えていただいたのはそのようにするそうですが、私は醤油とみりん、千切りショウガが無くなったところだったので、すりおろしショウガの汁を絞って応用しました。それが左側。

② 味噌漬は、味噌の中にただ漬けこむだけ。とメールにあったのですが、私はこちらも少々みりんを加えました。味噌を混ぜて柔らかくしたところへ茎ワカメを漬け込みます。 こちら味噌ごといただきます。それが右側。茎ワカメは長いまま漬けこむことも可能ですね。

熱いご飯においしいの何のって。もちろん酒の肴にもバッチリでしょう。しかし只今ゆえあって大好きなのに私は‘禁・珈琲、禁・焼酎’の最中ですから、ひたすら御飯をかき込みました。う~ん、おいしいっ!佃煮にしても肉厚の茎ワカメは歯ごたえをしっかり残していましたが、ナマでこうして漬け込むと、さらに食感が楽しめます。とにかくおいしいです。ぜひお試しください。切り方も味付けも、あなたのお好みでご自由に。

右近流のアレンジで、教えていただいたのとは多少異なるかもしれませんが、おいしく食しました。教えてくださってありがとうございます。

只今、室温10度。まだ暖房無し。それほど寒さを感じないのはショウガのお蔭かな。でも手足は冷たく室内でも手袋に帽子にマスク。寒さで早々にしもやけがドッと出来てしまって。膠原病だからなりやすい。(-.-) それと関節痛で左手が使えずちょっと不自由。な’ものだから今夜はこの辺で。風邪には気をつけてくださいね。今週もお疲れさまでした。

|

« 『真珠湾攻撃』の日から70年 | トップページ | 暖かな一日 »

右近トーク」カテゴリの記事