« 今年は超シンプル | トップページ | 活かしきること »

2012年1月 5日 (木)

今日はゆったり

こんばんは。右近です。今日は午後四時頃にようやくベッドから出ることができました。なんだかとっても疲れていたようです。年末からの、いや、先月20日未明のあの激痛以来の疲れがたまっているのでしょうね。スッキリしました。今日は寒いし、ゆったりと休養日にしました。私は年じゅう休養日のようなものだけど。

その時間に食べる一日の最初の食事は何と呼ぶのでしょう。朝食でも昼食でもなく、夕食でも晩御飯でもない。ま、なんでもいいでしょう。とにかく最初の食事が午後四時過ぎで、食べたものをご紹介。それは食パンなのですが、トースターやレンジで焼くのではなく、フライパンで焼くトーストです。では作り方というほどでもないけれど作り方を。

① フライパンを温め、サラダオイルか菜種油など好みの油を少々たらす。

② 食パン1枚をまな板に置き、対角線上を斜めに切って三角形のパン2枚を、元の四角形に復元するようにフライパンに並べる。このとき、2枚の間に1.5~2㎝ほどの溝が出来るように置く。

③ 卵1個を三角の食パンの間にある溝に黄身がはまり込むように割り入れる。(白身ははみ出してかまわない)蓋をして弱火でしばらく焼く。(このときハムやベーコンを、パンのそばで一緒に焼くのもいいね)

④ フライ返しで食パンの角を少し持ち上げ、裏が焼けてカリッとし、白身が固まりかけていたら全体をすくってひっくり返す。卵が2枚の三角パンをつないでいるので返しやすいですよ。(おいしそうな焦げ目が出来ているとGood!)

⑤ また蓋をしてしばらく焼き、パンや卵の焼き具合をみて好みにより火を止める。それぞれの三角のパンの上にバター適量を載せて皿に移す。これでおしまい。焼ける間に用意した飲み物とともに、いっただきま~す。\(^o^)/ 

これは何年か前に、ひとり暮らしの高齢の女性がしていたのをテレビで観て私もやってみました。するとおいしかった。まず、焼いたパンの味がなんとも懐かしい。(昔々、ガスコンロで餅焼き網に載せて焼いた食パンの味に似てる) それにフライパンでは全体がカリッとして、普通のトーストとはちがう香ばしさがあります。食べている時に卵の黄身が流れたら、パンでなすって(もっといい表現ないのぉ?要するにパンを黄身に付けること)食べるとこれも美味。食塩など振って豪快に食べてください。なんでかよく分からないけどおいしいよ、フライパントースト。

家電とは熱を出させるものがW数が大きいですが、トーストを焼くのをガスコンロで代用すれば節電にもなります。いちどやってみてね。私はカフェオレでこれを食べ、プラス昨夜の具だくさんなトン汁もありました。起きぬけには体をぐっと温めなければならないからね。はてさてこれは何食だったのか?ややこしい時間の今日の一食目でした。

今日驚いたこと。大間のまぐろがセリ落とされた値段。5649万円!築地「すしざんまい」の社長さん、頑張ってくださいましたね。うれしいなぁ。香港の社長さん、今年は残念がっておられました。大間の漁師さん、おめでとうございます。大間かぁ。なつかしいなぁ。また行きたいなぁ下北、津軽。

今日皆さんにチョットお知らせしたいこと。私が好きな、猫を描かれる高原鉄男さんのオンラインショップでSaleが始まりました。掲載商品はすべて30%引き。私のおススメはレターセットやブックカバー、ポストカード。ブックカバーはサイズいろいろ。ショルダーバッグも猫が可愛くて欲しいけれど、私にはとうてい似合わない。 

Saleは土曜日までです。レターセットは大きさが異なるのでサイズを確かめてくださいね。大きいサイズはかなり立派です。また、猫だけでなく、ボストンテリアっていういのかな。じぃじぃみたいな白黒でパグみたいなお顔のワンちゃん。そんなのもあります。興味のある方はお訪ねください。犬猫愛好者必見。彼の描く素朴な犬猫が好きです。楽しいよ。じゃ、またね。寒の入りです。暖かくしてくださいよ。

◎ 鉄男オンラインショップ  

|

« 今年は超シンプル | トップページ | 活かしきること »

右近トーク」カテゴリの記事