« 今日はゆったり | トップページ | クリスマスローズ »

2012年1月 6日 (金)

活かしきること

今日は起床午後二時半。眠りについたのは午前六時半。近頃はタップリ八時間は眠らないとやれない。それも自然に目覚める状態でなければ不調だ。たとえば猫にいつもより早い時間に起こされ、もうこのまま起きていようと何か始めてもだるくて調子が悪い。私にかぎらず膠原病をもつ人たちは、夕方くらいに体調がよくなり動きやすいと書かれている。ふぅむ、それなら普通の時間に起きて家事などしてもはかどるまい。早く起きても遅く起きても夕方の五時頃からようやく体が動くのだから、私の夜型のライフスタイルは効率的だと考える。午前中に出かけなければならないとき以外、この生活で支障はない。そのときは眠らずに出向くことが多く、病院での検査など青い顔で必死で出かけていくことになる。困ることはこれくらい。

さてこの『右近トーク』ですが、年末にはかつてないアクセス数で驚きました。おせちでしょうか。おせちも通常の料理も、他にWeb siteはワンサとあるというのに、ココまで来られた皆さま、ありがとう。うまくいきましたか?

このブログはトップページ冒頭に書いているように、元はと言えばHP『平成道行考』の単なる私の無駄話の1ページに過ぎなかったのですが、発信も10年目に入り、当初の傾向から大きく変化してきました。現在は更新していない本家のHPよりこちらが人様に知られ、年末のおせちもそうですが、情報を求めている人たちが訪れることがふえました。私があまりに何でもかんでもココでやるものですから、さまざまな方々がお越しのようです。昨日はスペイン語圏の方もおひとり来られたようでした。

しかし私は特にコレといっためずらしい情報を持ちえず、全般的に自身の知っていること、経験からのことなどを掲載するに過ぎません。きのうのフライパントーストもそうですが、こんなつまらない事なんてと思いながら掲載しています。食に関しては、誰かもおいしいと思ってくれるかな、効率的だし。という軽い気持ちで小さな事柄を綴っています。

けれど私にも発信したいことはあります。それが情報と言えるかどうか分かりませんが、私が心がけている「活かす」ことです。食材を活かす、不用になったものを活かすなどの事柄です。今の世の中では簡単に捨てられる食材やモノ。それらが暮らしの中で工夫によって活かされたとき、私は無上の喜びを感じます。そうしてあげれば食材やモノも喜んでいることでしょう。

では、今日はこんなモノが活かせるという例を3つ。

・新品の服に品質やサイズを書いたタグが糸で止められています。その小さな安全ピン

→(洗濯の小物ハンガーの洗濯バサミがよくはずれてしまいます。金具が外れるからです。直してもまた外れます。この小さな安全ピンならハンガーの枠にぶら下げても、絶対に外れません。でも最近は糸に安全ピンではなく、ポリで留められていますね。書類を留めるクリップでも代用できます。ひとつふたつ外れたからと小物ハンガーを買い替えないで直そうね。枠が劣化して割れない限り使いましょ。)

・野菜が入っているネット

→(大小さまざまなネットがありますが、小さなものはそのまま鉢底ネットに。玉ねぎなどの大きなものは鉢底石を入れて口を閉じ、鉢やプランターの底に置く。こうすると土と混ざらず使い回しがしやすいです。鉢底石専用のネットも売っているけれど、野菜用ネットでも代用できますよ、ガーデナーさんたち。)

・使い終わった日本茶のティーバッグ

→(初めて日本茶のティーバッグを使いましたが使用後に捨てづらく、干してみました。カラカラに乾いたものの封を切ると粉茶の緑茶。小物容器に入れてためておき、茶がゆ、お茶チャーハン、洗顔などに利用しています。洗顔は泡だてた石鹸などの中へひと匙入れると、お顔はツルツルになりますゾ。高い石鹸を買わなくてもいいね。)

私は病気をもち、それが波及していろいろ体に不都合が出てきました。いろいろと不自由なことがふえています。過ごすのも家の中と庭だけになりました。ところがだるさも強くなり、肩・腕・手指が動きにくくなる一方で、今ほど家事や雑事を楽しんでやっていることは無かったと感じています。追われてするのではなく、動ける短い時間の中で、自分だけの暮らしをあれこれ楽しみながら工夫する。そして食材やモノを活かすことが出来た時、喜びを感じるのです。ただし私はいわゆる慳貪(けんどん=ケチ)ではないと思いますよ。人におごることも、手料理でもてなすことも、人に何かプレゼントするのも大好きだからです。それらのことと私の日常生活を質素に維持することは別ものなのです。

つまり私は人様に何かをして差し上げたいのと同じくらい、自分ひとりの生活で何かを活かして工夫し、楽しむことが好きなのでしょう。特に食材。それは命をいただくことなので、無駄なく活かして活かして活かしきるのであります。モノも然り。とことん再利用法を考えたくなるのです。世間でいうところのグルメにはまったく興味なく、モノをバッサリ捨てるやり方にも眉をひそめます。しかしながら、こんな私の発信することが情報になるのなら、大いに発信いたしましょう。きっと共感してくださる皆さんがおられるのではと思います。

ところで皆さん、黒豆はうまくいきましたか。私は大成功。昨年よりも黒く美しく仕上がりました。やはりサビ釘は10本必要と納得。今日もいただきました。以下が本日の画像です。器は義母から受け継いだ年代物で(義母は存命です)、キキョウ形に口が広がった小鉢。10個ほどあります。義母もかならずこの小鉢に黒豆を盛りましたね。箸入れは折り紙で私が折りました。美味なり丹波黒。

Dscn3849_400

|

« 今日はゆったり | トップページ | クリスマスローズ »

右近トーク」カテゴリの記事