« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月25日 (水)

お知らせ

ご訪問ありがとう。あいにく体調が定まらず更新ができません。また元気になればお会いしましょう。 右近

|

2012年4月17日 (火)

水仙たちの縦列ダンス

Img_1231_512
庭の方で声が聞こえた。ガラス越しに声のする方を見た。まわっている。

あらあら~おやおや~それからどんどこしょ~♪ わ~いわ~い にこにこぷ~ん♪

円形の小さな花壇で水仙たちが縦列ダンスをしてまわっていた。

歌いながらぐるぐると、楽しそうにまわっているのだ。しかし真剣そのもの。

先頭のダンスリーダーの掛け声でそれは始まり、そしてリーダーの声で止まる。

「みんなちゃんとできてるのぉ?わたし先頭だから見えないけれど」

「できてま~す」とみんなの白い声、黄色い声。

ほんとうは誰かがたいてい乱れていた。早すぎたり遅すぎたりと揃わない。

「よくできました。では、もう一度やります。パーティーはもうすぐです。がんばりましょう!」

リーダーはまた声をかける。「はーい」とみんな返事し、歌いながらまわりはじめた。

可笑しさをこらえて僕は見ていた。こんど彼女たちに鏡をプレゼントしよう。

一番背が高いこの花壇の先生は縦列ダンスを左から厳しい表情で見つめていた。

がんばれ‘はなばな水仙ガールズ’。 Practice makes ‘Perfect’.

|

2012年4月15日 (日)

あらあら~おやおや~♪

Img_1222_512

円形の小さな花壇に毎年このようにムスカリが咲き、中央に水仙が咲きます。大きなr喇叭水仙は見栄えがします。最初はいちばん大きな水仙一輪(左から4つめ)だけでしたが、このように年ごとにふえてきました。まるで「にこにこぷん」の‘はなばなガールズ’みたいです。後ろの葉っぱは蕗(フキ)です。自然に生えてこれも年々勢力を増し、陣地を広げています。それで水仙たちは蕗の対策をそろそろ考えなければとみんなで話しあっているようです。このままじゃ蕗たちに侵略されてしまうわ。そうね。どうしましょう。困ったわ。なんて。あらあら。おやおや。

こちらへのみお越しの植物に興味のない皆さんにも花のうるおいを。あなたの心がカラカラに乾いてしまわないように。花や生きものに心がいく余裕があなたに生まれますように。

☆東北の皆さん、そちらも暖かくなってきたということです。よかった。\(^o^)/
桜前線は北上中です。もうじきそちらの桜が咲きますね。私も心待ちにしています。
私は週の初めから風邪に苦しんでいましたが、ほぼ回復しました。ご安心ください。

お豆腐つながりの皆様には本日メール便でお知らせを送りました。届きましたらお読みください。今後のことなどお伝えしています。私が一括注文をすることなどです。いつも皆さんにはおいしいお豆腐と喜んでいただき私もうれしいです。それらのお声を会社側にもお伝えすることを、ただいま私は企んでいるところです。どんな方法がいいでしょうか。その際にはぜひともご協力お願いいたします。

先日、宮古の86歳になるおばあちゃまが電話で御礼を言ってくださいました。
「これはこれは、お豆腐屋さんですか。ありがとうございます」
「は、はい。あ、いえ、そのぉ、こちらこそありがとうございます」
大豆だいすき人間の私としては‘お豆腐屋さん’の称号は大歓迎。ありがとうございます。おばあちゃん好きだなぁ。私はおばあちゃんっ子だったから。

さぁ歌いましょう。あらあら~おやおや~、それからどんどこしょ~♪皆さん、どんどこしょ~っと一週間をお元気で。はい、私もぼちぼちいきましょか。はい、抑えめで。

|

2012年4月11日 (水)

宮古市 高浜からありがとう

宮古市高浜から届きました。新鮮な牡蠣と切り昆布。どちらも好物です。撮影後、さっそく氷水に浸かっている袋から牡蠣を取り出し、ひと粒パクリ。おいしい!潮の香りと味がしました。(^^)v

Dscn4291_400
さてどうやって食べようかと思案。風邪をひいて体調を崩してしまい、寝込んでいるので簡単な調理法でいただくことにしました。牡蠣のお味噌汁です。私は唾液が少なく、水分を多く必要とするため汁ものはたいてい小さめの丼でたっぷりいただきます。

Dscn4296_400_2
サイの目に切ったお豆腐と牡蠣。いただいた切り昆布も火を止める直前に加えました。おいしそうでしょ。♪信州の麦みそとのコラボで牡蠣のお味噌汁はとってもGooでした。風邪も治ってしまいそう。Sさん、ありがとうございました。ちなみに今夜の献立は、このお味噌汁、サバのみりん漬の焼いたの、かき菜のおひたし(ダブル‘カキ’だ)、それに玄米粥でした。こういうご飯がいちばん好き。簡単・おいしい・healthy。これくらいなら作れる状態であることに感謝。

料理若葉マークさんへ

牡蠣を料理するときは火の通し過ぎに注意。 このお味噌汁の作り方の場合、まずサイの目のお豆腐に火が通れば味噌を溶き入れます。豆腐や味噌も煮立てると風味をそこなうため絶対に沸騰させず、温度が高くなってきたら牡蠣をひと粒ずつ入れていきます。揚げ物をする要領で、鍋のきわあたりの温度が高いところを選んでいれるといいよ。牡蠣はひと粒でもおいしく食べたいので、食べきれる量だけ入れましょう。牡蠣の身がぷっくりしてきたら、ナマ切り昆布を加えて火を止め、出来上がり。昆布じゃなく青みを入れる時もこのタイミングでね。(^_-)-☆

新鮮な牡蠣と、関西のスーパーではあまり見かけないナマの切り昆布をくださったSさんは、津波に襲われ、かろうじて建っていた自宅を修理して暮らしておられます。ご主人の船は二艘とも流されて漁が出来ないそうです。船の製作は順番待ちで230番以上も後とか、今年中に番がまわってくるかどうかということでした。Sさんが従事していた牡蠣の仕事も出来なくなり、ようやくプレハブの作業小屋を建て、少しずつ仲間14人で牡蠣の仕事を始めているそうです。

Sさんとは支援サイトで知り合いました。お孫さんもおられる60代の方です。高齢のお母様や近所の方々の多くが仮設住宅で暮らしておられる状態です。そんな話を電話でしてくださるSさんの明るくたくましい元気なお声に思います。これこそ“東北の底ぢから”だと。底力。この言葉、漢字で書くよりひらがなの方がいい。地学の勉強で地軸か地底をが見えそうな漢字表記より、やまと言葉まじりで“底ぢから”と書いた方が、しなって強い何かが感じられます。私には。

今日は11日。犠牲者の方々の月の命日です。ベッドの上でお経をあげます。
昼間、こちらは激しい降りになりました。今はやみました。ずっとひかなかった風邪をひき、寝ています。暖かくなったのでマスクをサボっていたことを反省。乾いて風邪をひいたのでしょう。皆さんもお気をつけください。(^_-)

※ 『石割桜』は盛岡のお菓子なんですね。盛岡といえば、先日、私は『壬生義士伝』を再度借りて観たばかりです。あの映画が好きなもので。中井貴一さんが盛岡出身の武士を好演しています。浅田二郎氏による実在の人物をモデルにした物語です。公開された頃、高く評価された映画でした。その盛岡のお菓子なのですね。教えてくださりありがとう。ただいま仏様にお供え中です。何でもまず仏様と神様が先。(^.^) 

|

2012年4月10日 (火)

岩手からありがとう

Dscn4289_512
『石割桜』『かもめの卵』、そして『銀河鉄道の夜』を陸前高田からありがとう。

私が知っていたのは『かもめの卵』だけ。賢治のお酒があるのですね。嬉しい。

『石割桜』。力強そうな名前です。桜はほんとうに強い木です。どんなお菓子かな。

岩手の風がここまで運んでくれた品々を、味わって大事にいただきます。ありがとう。

                                          良

|

2012年4月 9日 (月)

『青空文庫』を縦書きで読む方法

青空文庫をよく利用される皆さんへ

簡単に縦書きで読める方法を掲載しています。興味のある方は『小説倶楽部』へどうぞ。

◎青空文庫を縦書きで読む方法 

|

2012年4月 8日 (日)

“Cleopatra's Dream” Bud Powell

今日はお釈迦様が生まれた日。キリスト様が生まれた日くらいに扱ってさしあげたいものですね。 
今日は花まつり。お誕生日おめでとうございます。軽快なjazzでもお聴きください、お釈迦様。

◎ “Cleopatra's Dream”  Bud Powell   “クレオパトラの夢” バド・パウェル

(YouTube  by jazzforinterplay    Thanks!)

|

2012年4月 7日 (土)

“Spring Is Here” Bill Evans Trio

今年の春は寒いです。しかしウグイスが啼くから春は来ている。南にはもうとっくに来ているの?北にも、もうすぐ。

 “Spring is here” Bill Evans Trio 

 (YouTube by helluvagun    Thanks!)

|

2012年4月 2日 (月)

ちょっと反省。だけど右近だし。

右近とは、そもそも言いたい放題の奴でして、ひさびさに炸裂してしまいました。こういうことはもともと『水無月右近のひとり言』でやっていたのであります。そういう種類のことをここでやったことは反省。だけど右近だから言いたい放題でかまわない。なぜかこれまで一度もクレームは戴かない。反論もない。(^_-) 道元は過激な言葉を吐くなと諭しています。したがって私はそれを守ろうとしてきたのですが、被災地の実情を知れば知るほど腹立たしいことが出てくるものだから。あんなに国じゅうが心を痛めたのに世間の熱の冷め方とか、幸せすぎておかしくなっちゃってる世の中とか。でも、ここではもうやらないよ。(^_-)-☆ ここからの支援についての呼びかけも手ごたえがなくて空しいのでやめました。徒労感ほど疲弊させられるものはありません。それで私は現実の世界での関わりのみで被災地の皆さんの支援をしたいと思います。現在はそうなっています。それが私に合った形だとわかりました。東北の皆さんとの関わりは楽しく、私の方が励まされます。被災地の皆さんには今後も時々ここから呼びかけます。

私はようやく手が動くようになったので、長い文が打てるようになりました。夕食の後片付けも出来るようになりました。指の感覚が戻り、茶碗やカップを落として割ることもなくなりました。しかしながら普通の人のような生活は依然、できません。ベッド滞在時間は多少は短くなりました。現在は20時間ほどでしょうか。1時間ずつ縮めていけたらと思っています。冬の3ヵ月、夏の3ヵ月で合計6ヵ月。つまり半年は動けない状態になってきているので、動ける4・5・6月は頑張って動こうと思います。するべきことが山積です。庭も家の中も支援活動も。冬の間、弱り切っていたので、この春、どこまで回復できるのか興味あるところです。薬の増量をせずに頑張ってみたいと思います。効けば副作用もかならずあります。だから。

この二日間は穏やかな天候で、私の桜もつぼみを膨らませました。しかし明日は大荒れの天気とか。皆さま気をつけてくださいね。頭上に注意。傘はさしても吹き飛ぶよ。滑らない靴をはいて出かけよよう。

四月です。庭はシーズン・イン。すぐに疲れるので小刻みに庭仕事を頑張ります。ときどき庭blogへは出向きます。私が一番やすらげるblogだし。それに一番‘素’で喋ってる場所だと思う。(猫や花だといってもそれだけではなく、自然体でいろいろ語っています。超常連様御用達のblogです) もちろん発信することがあるときはトークにも出てきます。その時はよろしく。けれど本音を言うとね、こちらだけお越しの皆さんは、何を求めて来られるのか私には分からないのですよ。ほんとうに。ま、そんなことはどうでもいいとして。それでは皆さん、お元気にお過ごしください。はい、なるべく私も元気でいたいと思います。小説?もちろん降りてきたときは書く。の・か・な・ぁ。書きたいときには書くでしょう。あれは楽しいことだから。 ではこの辺で。 (^o^)丿              右近

|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »