« 『脱ステロイド』 その2 | トップページ | 経過報告 »

2012年9月30日 (日)

『脱ステロイド』その3

こんばんは、右近です。なのかな。良です。の方がいいかな。ま、どちらでも。
たくさんの皆さんがお越し下さったようです。ご訪問ありがとうございます。
また強い台風17号が来て、ただいま近畿・東海・関東地方の太平洋岸へ向かっています。昼間、庭仕事をしていたら、ときどき雨が降ってきました。私の住む所では本日の昼ごろにはかなりの暴風雨になりそうです。

私はまだ『脱ステロイド』で引っ張ろうとしています。昨日は副作用から脱したいということについて具体例をあげてお伝えしました。今日は別の角度から離脱を望む理由について述べてみます。面白くないと思いますが、よろしかったらお読みください。

突然ですが、私たちは「夢」という言葉をよく耳にします。そして使います。しかしその「夢」には実現不可能なことも含まれています。いくら努力しても叶わない夢です。そういった夢は、それこそ「夢」の「夢」かもしれません。しかしながら人は抱いた夢に向かって努力をし続けます。そして叶った瞬間に、それまで大切に抱いていた夢は現実になって色あせ、新たな夢を抱くのです。なんだか胡散臭い青春論者みたいな始まりになってしまいましたね。

ではストレートに。私は長い間、ステロイド剤に頼って生きてきました。これから離れるのは夢であったともすでに言いました。けれども進みこそすれ現状より良くなることはない病気との共存には、ステロイド無しであり得ないと思っていました。離脱したい。けれども無理だろう。それが本心でした。同病の人たちには外分泌系統が破壊される以外に内蔵障害が起きない人もいます。そういう人たちはステロイド剤を服用しないでいる場合も多いです。しかし私の病気は全身性の疾患で、特に易疲労は乾燥症状よりも日常生活の妨げになるものです。そんな私にとって、ステロイド剤は強い味方として長い間ともに在りました。

離れることは無理かもしれない。とうてい無理だろう。絶対に無理だよ。という気持ちは常にありました。無理かどうかは別として、脱することから意識がそれることもありませんでした。つまり「強い願望」として私の心の底に動くことなく定住していたのが『脱ステロイド』でした。夢とは言いかえれば強い願望ということです。この強い願望は消えることなく静かに小さな火を燃やし続けていたのでしょうね。ならば一度やってみよう。なぜなら、この夢に挑戦しなければ、死ぬときまで私はステロイドを必要として暮らしていくことになります。最近の維持量は発病時の10分の1まで減量していたので、服用を続けたとしても大きな問題は起こらないとも主治医の先生は話してくださいました。けれど辞めてみますかとも尋ねてくださいました。これまでは勇気がなくてすぐに返事ができず、延び延びになっているうちに夏季や冬季になり、きつい諸症状が出てしまうと頼らなければやっていけないといった気持ちになり、踏み切ることが出来ませんでした。

では、なぜ今度は踏み切れたのか。それは夢に挑戦してみたいと強く思うようになったからです。哀しいかな私たちの年齢になると、何かに挑戦しようという気持ちは希薄になります。もちろんそうでない方々も多いですが、一般論としてはそうでしょう。平凡な生活をしている中で、また体力が衰える中で、私も何かに挑戦など考えられないことでした。したいことは山ほどあれど、高ぶる気持ちの裏には「どうせ出来っこないよ。だってこんなに弱い身体で」という所へ行きついてはあきらめるのです。ベッドでみたいくつもの夢は、たちまち泡のようにむなしく消えていきました。そんな私に出来る挑戦が、この『脱ステロイド』でした。成功するしないは別として、体力を要するもろもろの挑戦が不可能ならば、私独自の挑戦もいいじゃないか。それこそが誰にも出来る挑戦ではなく、ステロイド服用者にしかない出来ない特権だと思うと、これを楽しまない手は無いと考えました。

今ひとつ。私はこの一年半の間、自分なりのささやかな支援活動を続けてきました。その中で、あの大災害など起こらず、何ごとも無ければ決して知りあうことのなかった人たちと出会ってきました。今も出会いは続いています。それらの人々と会いたい気持ちは募ります。どうぞ東北へ来て下さいと口々に言ってくださいます。行きたいです。いつか行きます。そう答えながら、行けないかもしれないという気持ちが大きいことは否定できないことでした。行きたいです。とても行きたいです。もしも羽があったら飛んでいくのにという英語の仮定法過去の文のようなことをいつも考えていました。では、行くためにはどうすればいいのか?今よりも丈夫になることが大前提です。私の病気は完治をみないものです。したがって、病気持ちだけれども今より丈夫にならなければ、自分の旅の荷物さえ持てません。ならばどうすればいいのだろう。何から始めればいいのだろう。

探し求めて出てきた答えは、きちんと丈夫になろう、今よりも。というものでした。そろそろ人生のまとめに入らなければならない世代の者は、夢を叶えるための時間がしだいに短くなっていきます。あと何年が自分に残されているのか分からないけれど、毎日をきちんと生きて、きちんと人と関わろう、そしてきちんとあの世へ行きたいものだと考えます。それで『脱ステロイド』なのです。実行するには今だと思いました。また冬が来ると、ひるんでしまいます。気候のいい今がスタートの時です。不安もありますが、やれるような気がしています。いつか完全に離れることが出来たとき、病気が治ったわけではないのに、きっと病気に勝ったような気持ちになれるのではないかと、それこそ夢のようなことを夢みている私です。

もしも健康であったなら、私はとっくに東北へ出向いているでしょう。今頃は住んでいたかもしれません。引退して時間がたっぷりあるというのに、病弱でそれが出来ないもどかしさに苛立ちました。すぐにでもこの目で東北を見てみたい。そして大いに感じ、大いに考えたい。大部分の国民に、もう忘れ去られようとしている被災地。かの地への熱い思いが、実はこの『脱ステロイド』と大きな関係があるのです。震災・津波以後、私は東北の人たちに、どれだけの力強さと優しさを感じてきたでしょう。どれだけ多くのことを学んだでしょう。私はきっと、東北へ行く。その熱い想いが『脱ステロイド』の強力な原動力となっていることを最後に皆さんにお伝えし、この『脱ステロイド』シリーズを締めくくりたいと思います。この「夢」かならずや叶えてみせます、と申し上げておきましょう。賽は投げられました。やるしかありません。長くなりました。読んでくださってありがとう。頑張ってみます。

台風が来るたびに思います。特に南西諸島や沖縄、南九州に住む皆さん、くりかえし訪れる台風に耐えてきた皆さん、あなた方を私はとても凄いなと思っています。南北に縦長のこの日本、北と南の皆さんは自然の過酷さに耐えておられて尊敬の念でいっぱいですよ。そして全国の進路にあたっている皆さん、どうぞお気をつけください。おやすみなさい。

|

« 『脱ステロイド』 その2 | トップページ | 経過報告 »

右近トーク」カテゴリの記事