« 『脱ステロイド』その3 | トップページ | 経過報告 »

2012年10月 5日 (金)

経過報告

脱ステロイド初日から15日が過ぎました。
予想通り、目覚めて後、強い倦怠感に襲われる日が続いています。夕方くらいまでだるさで動くことが出来ません。睡眠は足りていても、突然、眠気にも襲われます。陽が沈む頃、ようやく楽になってくるので、その頃に動き始めます。服用中の時も多くの膠原病の皆さん同様に倦怠感が改善されるのは夕方でしたが、だるさの程度は服用無しの今、段違いにheavyです。そのだるさは目を閉じていても襲い続けてやわらぎません。ですからあきらめて堪えるしかありません。そんなとき、まるで地獄へ堕ちていく犍陀多(カンダタ)のような気分になります。芥川龍之介『蜘蛛の糸』の主人公です。こんな感覚なのかなぁ、堕ちていくのは。ワタシ何か悪いことしたっけか?なんて。(-_-)

しかし数日間の苦しい日が続いた後に穏やかな日が訪れます。あれれ、今日は動ける。そう感じた日は急いで庭仕事や家事をします。倦怠感はいつまた襲ってくるかわからないので、とにかく急いで用事を済ませます。元気な日でさえまとまった時間は動けないため、何度も横になっては休み、またガバッと起きて動き出します。その元気な日に料理をします。何種類も作れるだけ作っておきます。そうすると、動けない日にも安心です。やっぱり自分で作ったものが一番おいしい。ちなみに体重は、ふえてはいませんが減ってもいません。ご安心を。(^.^)

こんなふうに今は毎日を過ごしています。身体が完全に慣れるまで、どれくらいかかるのか想像がつきませんが、頑張れるような気がしてきました。足が地に着いていないような感覚、フーッとした感覚、乾き過ぎた目がピリピリ痛む感覚など、不都合なことが盛りだくさんですが、決めたことです。頑張って続けます。だるさで動けない時は、これまでのように無理に動こうとせず、仕方ないか・・と、軽減するまで自分を甘やかしてベッドにいることにしています。それよりほか仕方が無いもの。うむ。(-_-)

このような状態なので、ただいま片付けや支援活動などが出来ません。具合のいい日はなるべく庭に出るようにしています。私の庭にも秋の気配が感じられます。桜の木は葉が黄色くなってきました。先月末からギンモクセイが発するステキな香りを風が運んでいます。夏の前から咲いている白桔梗は咲き続けています。毎年咲くメンバーのほかに、新たに加わった植物もいくつかあります。畑では、結局、今年も植えたサツマイモが順調に育っています。酷暑の間は少ししか写真を撮ることができませんでしたが、いくらかは撮りました。カラスたちの子育てや、カラスファミリーの結束の強さを間近に見て驚嘆しましたよ。体調のいい日、それらを別ブログに掲載していきたいと思います。(^.^)

今後、こちらのブログへは体調が安定するまで出てくることがほとんど無いか、もしくは全く無いと思います。久々に近況などお知らせをと先月末に出てまいりましたが、本来、私のごく個人的なことなどここで語るほどのことでなく、どうでもよろしかろうと考えるからです。個人的などうでもよいことや日々の暮らしなどは以後、庭でぶつぶつと独り言ち(ひとりごち)ようと思います。庭は私にとって最も心地いい居場所です。よろしかったら、そちらへお越しください。今月の一日からわたしの猫と庭の更新を始めました。冷やし中華は始めていません。ただしアジは干しました。

それでは皆さま、お元気に毎日をお過ごしください。はい、私も。ありがとう。     右近

|

« 『脱ステロイド』その3 | トップページ | 経過報告 »

右近トーク」カテゴリの記事