« 秋の夜長はピアノ曲 “feel piano” | トップページ | ご報告 »

2012年11月27日 (火)

『ムダなし簡単‘かき玉汁’』

Dscn4920_400

寒くなりましたね。これからの時期は温かい汁ものが欠かせません。私は唾液が少ないので、食事の際に汁ものが欠かせません。おつゆ椀一杯では足りないので、このように中くらいの丼鉢でいただきます。昨日は「かき玉汁」でした。しかしこのかき玉汁は普通の作りかたではありません。無駄がなく簡単です。これも‘何でも食べよう’‘もったいない’の見地から私が考案したものです。

私は浅漬けが好きで常に冷蔵庫にあります。白菜、キャベツ、人参、きゅうりなど、その日にある野菜なんでも漬けます。と言ってもネットショップで人気の高価な‘浅漬け○○’など持っていません。あるのは重石(おもし)だけです。これで充分。チョット待って。かき玉汁の話じゃないの?はい、そうです。しかしココから入らなければならないのです。ワケあって。

浅漬けをつくる途中で水が上がってきますね。塩分を含んだこの水を捨てるたびに、何か利用法はないかと以前より気にかかっていました。「そうだ!」ひらめきましたね。汁ものや煮物に使えると考えたのです。それでこんな「かき玉汁」を作りましたよ。昆布の出汁(だし)や野菜の味と塩分を含んだこの漬物の水は、ぜひ使わなくては。そう思いました。そこで早速実行しました。以下がその作り方です。

◎『ムダなし簡単‘かき玉汁’』の作りかた (普通の汁椀で約3杯分)

1. 浅漬けで造りで不要になった汁を鍋にあける。(この浅漬けは白菜2枚、人参5センチ、きゅうり1本でした ) 汁ものを作る量まで水を足す。 (次の‘2’から始めても大いに可)

2. だし昆布を5ミリ幅くらいにハサミで切りながら鍋に落とす。昆布は、この水の量では5㎝角くらい。切り落とせば鍋に火を入れる。弱火。

3. ココで私のオリジナル品を加えました。もちろん無くてもかまいません。
それは乾燥させたエノキ茸です。私は常にストックしてあり、よくこれ使います。とってもいい味をだしてくれますよ。長さは全体を3等分くらいに、これもハサミで切り入れます。

4. もうすぐ沸騰するくらいになれば、カツオパック小袋の1袋分を加える。味見をし、風味づけに醤油を少々加えて味を調える。ここで再び味見をしておく。そして沸騰したところへ水溶き片栗粉を適宜加える。(混ぜながら少しずつ。冬はとろみがある方が冷めにくいのでおススメ)

5. とろみがついた汁が煮立っているところへ卵を入れていく。ここでは1個分。卵は溶き過ぎないこと。(白身を切りすぎない) 鍋の中の温度の高い部分をめがけ、高い位置から細い線で円を描くように注ぎ入れていく。ドッと入ってしまう人は菜箸を伝わせて卵液を加えましょ。(^_-) 卵が硬くなり過ぎないうちに火を止める。器に入れ、ネギの小口切りを置いて出来上がり。

私は火を止める寸前に、以前にご紹介したショウガを加えました。すりおろしてスプーン1杯くらいずつ凍らせた例のショウガです。これはホントに便利ですよ。料理に汁ものに、甘酒に紅茶に、食材に下味をつける時なども重宝します。

こうして出来たのが画像の‘かき玉汁’です。どうですか。まったくムダが出ませんよ。出汁をとったあとの昆布やカツオは、‘カツオ昆布の佃煮’のようなものに利用しますが、今は少量の使用なので、使用済み昆布&カツオを凍らせて貯めるといったことをしなければなりません。これなら使用済み少量の昆布やカツオを出さず、ムダ無く即座に胃の中へ。漬物づくりの塩分まで利用したので実に合理的かつ経済的です。かき玉汁には塩は不要でした。やさしい味のおいしい‘かき玉汁’でしたよ。どうぞお試しあれ。

噛むことの重要性はご承知でしょう。噛むことは脳を活性化させます。私のように唾液の少ない者には唾液の分泌量がふえることも利点です。さらに、痩せたい人には噛むことで肥満中枢に刺激を与え、食欲を抑える効果もあるとのことです。それらの点からも昆布や乾燥エノキをカミカミすることはとてもいいことだと思います。この乾燥エノキ、簡単です。いつもの買い物で1袋多く買い、石づきを取って適当に裂き、快晴の日にザルなどに入れて干すだけです。乾燥エノキを私は焼酎のアテにもします。スルメにも劣らない味わいです。スルメは好きですが、翌日に胃にこたえます。エノキならそうなりません。噛めば噛むほど味が出て、汁ものに利用した時はシャキシャキとした食感も心地よく、乾燥エノキは右近の必須アイテムです。

私はなんと言いますか、モノを活かしきることに燃えるのであります。引退後はヒマになったので考え放題。これが脳にもいいように思います。常に考えてるもの。(-_-) はい。相変らずその後も脱ステロイドに頑張っています。寒くなって若干こたえるなぁと感じることもありますが継続中です。三ヵ月続けられたら成功と自身では考えています。引き続き頑張ります。

よく降りましたね。庭のパンジーはそれでも元気いっぱい。雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ、雪ニモ・・・のパンジー・ビオラです。このところ庭ブログの更新が滞っています。ごめんなさい。また出来る時は更新に努めます。

また寒くなるそうです。今日のニュースで北海道や青森の映像に唖然としました。凄いなぁ。猛吹雪。(-_-) 全国の皆さま、世界のどこかからご訪問の皆さま、どうぞお元気にお過ごしください。それではまた。    右近

|

« 秋の夜長はピアノ曲 “feel piano” | トップページ | ご報告 »

右近トーク」カテゴリの記事