« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

サヨナラ 2012年

2012年もまもなく終わります。
今日は昼過ぎに小雪が舞いました。大阪ではかなり寒い所にある右近庵。今日が初雪でした。北の地に住む皆さん、日本海側に住む皆さんには、なんだそんなものというちっぽけな雪でしょう。しかし此処では大晦日に雪が舞うことはまれで、しばし料理の手を止めて風に舞い踊る雪を眺めていました。

私はひとり静かに大晦日の夜を迎えました。正確に言えば猫たちとともに。今日は猫たちにも大盤振る舞い。缶詰のフードやらイワシやら、おいしいものをたっぷり与えました。かれらは私の日常生活において大切なパートナーですからね。むろん今日が何の日やら分かってなどいないでしょう。今夜はご馳走だな、にゃんにゃん。それくらいのことでしょう。それで充分。おいしいモノをもらうと、にゃんにゃん言いながら食べるトラ美の喜びが伝わってきましたよ。

クリスマスをひとりで過ごす人を「クリぼっち」と言うと先日書きました。では大晦日をひとりで過ごす人を何と言うのかな。「晦日」とは月の最後の日のことで、中でも12月のつごもり(月の終わりの日)を大晦日と言います。大つごもりとも言いますね。樋口一葉の作品にもある一年の終わりのことです。さぁ、何と呼びましょうか。そこの「おひとりさん」、いい呼び方を考えてください。おおみそぼっち、みそぼっち、大つごぼっち、つごぼっち・・・。う~ん、どれがいいかなぁ。言いやすさからは‘みそぼっち’か‘つごぼっち’ではないでしょうか。

つまらぬことを喋ってしまいました。と言いますのは、通常は世間の人が家族と集う時に、以前、よくメールをいただき、大晦日、元日、お盆、、クリスマスなど、こんな時期になぜと驚いたことがあったからです。たいてい内容は今でなくてもというたわいないものでした。それらのメールに何かを感じ、すぐに返信をしました。つい考えてしまいましたね。この人はひとりなんだ、寂しいんだ・・と。今は制限させていただいていることもあり、メールそのものをどなたからも頂きませんが、その頃のことをふと思います。それらの人たちのことを思い出す時、孤独を感じる人が居たら大丈夫ですと間接的に伝えるよう心がけてきました。それは孤独を愛する私の任務のひとつだと考えています。全国のみそぼっちさん、つごぼっちさん、大丈夫。ひとりが基本、人間は皆ひとり。ひとらは楽し、心地よし。(^_-)-☆

打ちながらほとんど観ていない紅白歌合戦。観ていないなら他を観るか切ればいいのになぜかつけてる。そういう人は多いのではないでしょうか。BSプレミアムの映画を録画にしてまでNHK総合をつけることの意味。集団が多い歌手たちは誰が誰やらわからないのに、なぜつけるのかと自問してみました。分かりました。私は伝統的なおせち料理を今でも作るように、大晦日といえば昔からテレビは紅白歌合戦だったからでしょう。昔は南極からや富士山の観測所からの中継が必ずありましたね。時間も午後九時からでした。様変わりはしましたが、私は古き自分の生活に忠実であろうとしているのではないでしょうか。そう思いましたね。楽しみにしているのは石川さゆりサンくらいなものですが。天城越え。楽しみですね。

ところで皆さん、おせち料理はうまくいきましたか?お疲れ様でした。私もバッチリ出来ましたよ。楽しかったですね。おせちを作りながら出る野菜の普通は捨てられるような所をつかっての一品料理なども作り、焼酎のアテにして楽しみました。雨のため外周りの清掃が出来なくなった分、料理に体力と時間をまわすことが出来た感じです。しかし昨日、私はピンチだったのです。腰痛が起きてしまって。目覚めた時にうわっと思い、夕方までは湿布を貼り、温めて寝ていました。このところ灯油とか食材の買い物で重いものばかり持っていましたからね。それがついに来たのでしょう。幸い改善され、そろりそろり動くことが出来ました。ダメですねぇ。来年の目標のトップには‘体力向上’を持ってきましょう。それが第一です。しかし今年の最後の方に脱ステロイドに成功するという、私にとっては画期的な出来ごとがありました。でも油断大敵。寒くなると要注意です。頑張りますぞ。おっと、だらだらと無駄話をしてしまいました。

ここでお伝えしたことがあります。それは『愛別離苦』の皆さんにです。この場を借りてお伝えします。

『愛別離苦』の皆さまへ

ご無沙汰しています。その後、お元気でお過ごしでしょうか。
今年も間もなく終わりますが、皆様の2012年は、どんな一年だったでしょうか。
悲しみの中におられたあの頃よりも、お幸せであったことを願います。

あれからも私は皆さんのことをいつも想っていました。毎日、仏壇のお水をお取り替えする時に、ふと皆さんのことを想うのです。皆様の悲しみは癒えたでしょうか。あの時よりも楽になられ、お幸せに暮らしておられるでしょうか。そのことを私は毎日のように考えています。皆様と知り合えたあの頃、私も悲しみの中に居ました。思い返せば、いくらか先に死別を経験しただけで、あるいはサイトを開いているだけで、私は自分の中の悲しみに区切りをつけることが完全には出来ていなかったように思います。たしかに前へ進もうという意識は持っていました。しかし喪失の悲しみや、もろもろの感情から完全に解き放たれていた訳ではなかったのでしょう。そのように頼りない私でしたが、皆様と悲しみを共有し、お慰めしたいという気持ちは強くありました。ところが悲しみの皆様すべてのお気持ちをまとめることが出来ず、そのまま連絡を取り合わない状態になってしまいました。申し訳ありませんでした。

また、皆様と連絡を取り合わなかった年月の間に私は体調をひどく悪化させてしまったり、人間関係に疲弊するなどして再び自分の殻に閉じこもった時間を過ごすこととなりました。この『右近トーク』も8ヶ月ほど更新が出来ませんでした。体力の衰えに、日々の暮らしを維持するのがやっとの苦しい試練の時がしばらくの間続きました。このまま人知れず、すべてのHPやブログをこっそり閉じ、人様との関わりを最小限度のものとし、静かに植物と猫たちとだけ暮らしていこうと考えました。その間にも皆様のことを忘れたことはありません。お仏壇のお水をお取り替えする生活があるかぎり、皆様のことは忘れようがないのだと私は分かりました。それにもかかわらずメール連絡すら控え、沈黙を続けてしまったことを大変に申し訳なく思っています。ようやく身体は回復してきたとはいえ、人様と関わることに躊躇し勇気が無かったのです。皆様とのことではない他のことでの嫌な出来事に、どんな小さなことでもじきに響くほどに私の身体は意思とは別に大きく反応して体調が崩れるようになってしまっているからです。

昨年の東日本大震災の一ヶ月後、自分に出来ることは何かと考え抜いた末にこのブログに復帰しました。そして私なりのささやかな活動を続けてきました。それにより、あの忌まわしい災害が起きなければ知りえなかった人々とつながることを新たに経験しました。発生後から一年間、無我夢中で手探りの孤独な活動をしましたが、同時に無力感も味わいました。いまだ苦しい状況にある被災地の皆さんを思うにつけ、出向くこともできない私は何も出来ないもどかしさも感じ続けました。現在も細々と活動を続けていますが、今後の方向性を模索している状態です。被災地の皆さんを想う時、とりわけ大事な人を失くした人たちに心を痛めました。それらの皆さんの悲しみは、お察しするに余りあるものでした。今なおその悲しみとともに毎日を暮らす人たちが東北におられることを考えると苦しくなります。今後はそんな方々のために何が出来るかを考えたいと思っています。

災害による理不尽な死も病死も避けて通れなかった別れです。『愛別離苦』にお越しの皆さんも突然の死であった方々がほとんどでした。私もそうでした。私の場合、あれから8年余りが過ぎ、今やっと立ち直ったと胸を張って言うことが出来ます。皆様が今でも此処へお越しかどうか分かりませんが、あの時のことのお詫びを申し上げたいとずっと思っていました。私は来年の年賀状にこんな言葉をプリントしました。
「孫が三人になりました。ワイルド飼いの猫五匹と、のんびり暮らす毎日です。そこはかとなく幸せです。」
皆様も、あの頃よりお幸せであることを切に願っています。どうぞ新しい年をお健やかにお幸せにお暮らしください。
そして、よろしかったらご近況などお暇なおりにお聞かせください。私は元気になりました。   

                                            『愛別離苦』 Ryo

さぁ、歌合戦も終わりに近づきました。蛍の光です。
今年一年、『右近トーク』にお越しくださいました皆さん、ありがとうございました。
来年が皆様や世界中の人々に幸せをもたらす年となりますよう祈念してご挨拶といたします。どうぞよき年をお迎えください。

                                                           2012 12 .31    右近

|

2012年12月30日 (日)

煮しめ・栗きんとん

あいにくの雨です。日本列島はすっぽり雨雲に覆われ、各地すべてに傘マーク。今日、買い物の予定だった皆さん、買い物中の皆さんは大変ですね。

さて、今年も残すところあと2日。今日は私が最もすきな‘お煮しめ’を2種ご紹介。私は自分なりの方法で長い間やってきましたが、以下の先生方の方法もあります。煮しめはふだんの食事にも作るような料理です。しかし、おせち料理となると作るのも気が引きしまります。

まずは数々のスープでおなじみの辰巳先生の煮しめです。椎茸から始まり、それぞれの素材の味を別の素材に活かして煮る方法です。理にかなった調理方法です。私もやってみたことがありますよ。いろどりが欲しい場合は、きぬさやなど青物を補ってみてはいかがでしょうか。自然素材に徹する先生ならではのやさしい味に仕上がります。料理を頑張る皆さんは今日が勝負。頑張ってください。はい、私も。

◎ 『煮しめ』 (煮しめしいたけ) 辰巳芳子先生 

次に鈴木登紀子先生の『いり鶏』です。こちらはすべての具材を一緒に煮てしまう筑前煮風のお煮しめです。晩御飯のおかずによく調理するひと品に近いものです。いわばカジュアルおせちです。鶏肉の味が全体に回るので食べ応えのある仕上がりになります。若い人には肉類も入っているこの方法がおススメです。

◎ 『いり鶏』 (筑前煮風の煮しめ) 鈴木登紀子先生 

『みんなのきょうの料理』にはプロ・アマの皆さんの料理が満載です。お好きなメニューをプリントアウトし、クリアケースに入れて台所で参考にされると便利です。そこへ行けば料理好きの皆さんが多く居ることにうれしくなります。料理は愛情。あなたの大切な人たちへの。そして誰よりも大切なあなたへの愛。お若いあなたも、ご自身のために、まず健康でいられるよう一年の最初にいただくおせち料理を頑張って作ってみてください。(^.^)

◎ 『栗きんとん』の作り方 滝口操先生 (現在は、お嬢様がご遺志を継いでおられます)

最後に。栗きんとんは昨年のこの時期に掲載した滝口操先生の作り方の記事があります。リンクしておきます。こちらも作ってみてくださいね。下の方へスクロールしてくださると、あります。毎年、変わりばえのしないことを喋っていますね私は。しかしまた一年生き延びることが出来ました。感謝。(・_・) 

さて、私も頑張りますか。只今、午後2時半。きのう夜中にやっていた映画を朝まで観てしまい、今日は寝坊をしました。遅めの活動開始です。しかし面白かったなぁ、『チャタレー夫人の恋人』。シルビア・クリステル、きれいでした。衝撃的でしたね『エマニエル夫人』。残念です。どうぞ安らかに。

それでは皆さん、頑張りましょう!はい、私も。(^_-)  それでは、またあした。

|

2012年12月29日 (土)

伊達巻

ここ数年前から作り始めたのが伊達巻。それまでは買っていました。作るのは難しいと思っていたからです。ところが作ってみたら簡単に出来ることがわかりました。もちろん買ったものもおいしいです。しかしこれも甘みが強すぎるものが多いですね。おせち料理というのは、作り置くために味は濃いめです。塩や砂糖は日もちをよくする働きがありますからね。

実はたった今、私は伊達巻を焼いていたところです。2本ばかり焼いて、そうそう更新しなくちゃと中断してノートPCの前に来ました。私が今日、参考にしたのは以下のレシピです。一般の方からの投稿です。焼いてみました。お菓子を焼いているみたいないい香りがしました。(^.^)

◎ 伊達巻 

Dscn5067_400
これがたった今、焼いたばかりの出来たてホヤホヤのミニ伊達巻。右の方は湯気が立っているためぼやけて見えます。この2本を焼くのに、はんぺん1枚、卵4個、砂糖小さじ1あるいは大さじ1(甘いのが好きな人は大さじ1) です。買うよりもずっとリーズナブルですよ。はんぺんは1枚100円です。甘さも自分の好みに出来ますし。

焼く時にちょっとしたコツがあります。私は幅の広い卵焼き器を持っていないので、普通ので焼きます。フツフツとなり、ふくらんできたら返す用意です。右利きの人は左手で卵焼き器の柄を持ち、横長に置き換えます。そして、あればお好み焼き用の大きめの‘てこ’(‘こて’と呼ぶ人も。大阪人ならたいてい持ってるアレ) で右側からすくいあげて一気に返します。(もちろん普通のフライ返し、ターナーでOK) 左利きの人はこれの逆バージョンで返してください。好みの色に焼き上げたら巻き簾(まきす)の上に載せ、くるくると巻いてゴムバンドで止めて冷まします。これで完成。(^^)v 

はんぺんは、ちぎってフードプロセッサーに入れて撹拌、卵や砂糖も加えてさらに撹拌します。私は最近買ったマジックブレットで一瞬に撹拌できました。そういった器具は便利ですが、無くても出来ますよ。($・・)/~~~ はんぺんはボウルの中で押さえるようにして潰すといいですね。それから卵と砂糖を加えてマドラー(あわ立て器)で混ぜればいいです。

巻きすは私も手巻きずし用のものしかなく、それを使用しています。14センチ×18センチの小さなものです。卵焼き器も細長だからそれでちょうどいいのです。大きな巻きすがある人は、フライパンで焼いて四角く切り落として巻いては如何でしょう。切り落としたところはつまみ食い。(^_-) ザルそば用のすのこがある人は、それでも代用できます。あるモノを利用して作ってください。それから、この伊達巻も冷凍保存が可能です。解凍後も品質は落ちません。お好きな方はたくさん作ってはどうでしょう。女性に人気の一品です。

堀江ひろ子先生の『スピード伊達巻』もご紹介しておきます。

わぉ、もうこんな時間。もうすぐ日付が変わります。ではアプロード。
それでは今夜はこれで台所へ戻ります。もっと焼ぁこぉっと。♪ あぁ、料理は楽しいなぁ。\(^o^)/

 『みんなのきょうの料理』  土井先生の『黒豆』、ランキング1位です。(^.^) 

 

|

2012年12月28日 (金)

いざ、おせち!まずは黒豆・ブリ幽庵

こんばんは。右近です。
多くのお客様がお越しくださっていますね。なんでかな。お休みに入った皆さんでしょうか。アクセス数がふえるのは料理や音楽などですが、私は今年はおせちについてまだ語っておりませぬが、この現象は如何に?ありがとうございます。

私は昨日、スーパーのハシゴをしてきました。どこのスーパーで思うものが手に入るかと見回りながら買い物をしてきました。小さな町のことです。きのうあたりはまだ人もそれほど多くなく、楽に買い物ができました。しかし正月用の鯛や鰤(ブリ)などが並ぶには少し早かったようでした。幸いにも一軒のスーパーでいい鰤を見つけて買ってきました。再度あしたは出かけ、いい鯛があれば買ってきましょうか。私は母とよく市場へお正月用の食糧買い出しに行きました。大きな市場では暮れになると活気に満ちあふれていましたね。今はもっぱらスーパーでの買い出しになりましたが、この時期になると、空気の冷たさや年末の慌ただしさの中に、ふと母と出かけた暮れの買い出しをよく思い出します。うちは大家族でしたから、買う量も相当なもので、それは重いものでした。母は力が強かったので、私などいくらも持てず、居てもあまり役に立たなかったでしょうに。けれど私を連れて行くのが常でした。一緒に連れて行きたかったのでしょうか。なつかしいですね。

あれ。話がそれました。そうそう、きのうスーパーへ買い出しに行った話の続きです。ひとりになってから、年末の買い物は12月に入っれば生鮮以外のものを少しずつ買いそろえています。力だけはあった荷物持ちが居なくなったので、私がひとりで一度に持てる量しか買えないからです。今年もそうしました。それが身についてきたのか、紙に書き出した品々の項目から、まだ買っていない物を買い足すといったことが身に就いてきました。今年は早くからクチナシの実も丹波黒の大粒の黒豆も買い、売り切れで慌てることもありませんでした。まだ買っていないのは、葉もの野菜やサラダ用の野菜など。中華風キュウリの酢漬けをするのにタカの爪も買わないと。それからクラゲの酢のものも作りたいので塩クラゲも。若い人たち用に、中華風のオードブルを作ろうと思っていますよ。肉団子やから揚げ、それにエビのチリソースと酢のものなど。

話が迷走していますね。私はうれしいので何だかhighですね。なんでhighって、いよいよおせち作りが始められるからです。料理はとっても楽しいもの。\(^o^)/ 掃除も片付けも思うように出来ませんでしたが、年賀状は何とか済ませました。今年の年賀状は時間をかけて一枚ずつ丁寧に長めの文を書きました。書いていて昔のその人を思い浮かべ、ほのぼのとした気持ちになりました。書きたいと思う人だけに絞ることがとても心地いいと証明されまた。‘来たら出す’グループがやたら多いのが今年の方針で、未プリントのまま年賀はがきを置いています。生徒たちは来てから返事。だって一応センセイですぞ。貰ってからおもむろに出そうと思います。受け取ってから出すのは、かれらが書いていることに答えられるのも利点です。またまた話が大きくそれました。

で、本題。いよいよ私は今からおせち作りを始めます。ただいま幽庵焼きをするのに、鰤さんたちは幽庵の液に浸かっていただいています。西日本では、お正月の魚が鰤です。ですからこれは必須です。柚子もきのう買っておいたので今年のトップバッター料理です。いつもは間際に焼きましたが、全体の手順が楽なように早くに済ませます。それは調理済みの魚は解凍して軽く焼き直しても味が落ちないからです。私はNHKの『今日の料理』をよく観ますが、Webページも活用します。この鰤の幽庵焼きはおせち料理の常連なので、私は作り方が身についています、やってみよう!と思う人のために村田先生のページをご紹介しましょう。

◎ 「鰤(ブリ)の幽庵焼き」 

私はガスコンロで焼きますが、村田先生はフライパンで焼く方法です。後片付けはフライパンの方が楽ですね。私は少し焦げた皮もが好きなのでガスコンロで皮をこんがりと焼きます。どちらでもいいですね。

その他に今夜に料理するのは肉団子の甘酢、里芋やホタテなど煮て冷凍出来るものを煮る。(人参やレンコン、きぬさやなどは冷凍に不向きなので直前に。椎茸はすでに出来ている。もどし汁は煮ものに使うので最初に煮る) あしたは栗きんとん、なんとこれは自分で育てたサツマイモで作りますよ。伊達巻も焼きます。黒豆は今夜から仕込みんます。一度煮立たせたあと、ひと晩眠らせます。黒豆はいつものように土井善晴先生の方法。簡単で失敗がありません。以下にご紹介。黒豆も冷凍して解凍しても味や食感が落ちません。ですから早めに取り掛かれます。多く作って冷凍保存すれば、お正月後にも楽しめます。(^^)v

◎ 「黒豆」 

昨年も書いたと思いますが、これはお父様からの直伝だそうです。簡単で失敗なし。出来たものは値段が高く、甘すぎたりもします。ご自分で甘さはお好みにして煮てはいかがですか?土井先生のこの方法なら、初心者の皆さんでも失敗なくおいしい黒豆が作れますよ。重曹を用意してくださいね。もちろん食用です。少しだけ使用します。重曹(タンサン)には豆をやわらかくする働きがあります。お菓子やパン作り、野菜のあく抜きにも使えますからご用意くださいね。あれば、さびくぎを10本ほど。無ければ来年から入れてください。一年間でためておきましょう。(・_・)

冷えてきました。ガスの前に行って暖まりましょ。さ、つ~くろっと。♪ 皆さんもおせち作り頑張ってくださいね。それでは今夜はこの辺で。(^o^)丿 いざ、おせち! がんばっぺし!

|

2012年12月26日 (水)

ありがとうございます。

『Y』 様へ

昨夜、ポストに封筒を見つけました。
お手紙と可愛い卓上カレンダーを、ありがとうございました。

あの頃よりも落ち着かれた由、大変うれしく思います。
お嬢様も飛躍的な快復を遂げられた御様子、心よりお喜びいたします。

あの時は失礼と思いつつ、当方の使わなくなった品を送付いたしましたが、
お役立ていただきまして私の方こそ感謝の気持ちでいっぱいでした。

長い間、お嬢様くらいの年齢の子どもたちと関わってきたせいか、お嬢様が
まるで自分の生徒のように感じられ、何かお役に立ちたいと考えました。

あれから時々、困難の中をあなたはどうなさっておられるのだろうと考えました。
しかしながら支援サイトの人間としての立場を守り、連絡は差し控えました。

この度、お嬢様が学校へ通うまでになられたことは、私にとりましても大きな
喜びであり、力強い希望を感じさせられるものです。本当にうれしいです。

また、このブログへは時々お越しだとか。そういえば茨城県からのアクセスは
たしかにあります。あなたもご訪問くださっていたのですね。ありがとうございます。

支援サイトからはすでに退会されたご様子、私からのメール連絡は不可です。
それでお品拝受を早急にお知らせするため、この場を借りて御礼を申し上げました。

東日本大震災で被災された皆様には、今なお私たちの想像を超える御苦労や悲しみが
おありのこととお察しいたします。その中での私どもへのお気遣いに深く感謝いたします。

今年はいちだんと寒さが厳しい年の瀬、新年となるようです。どうかお嬢様はじめ
ご家族の皆さまにおかれましては、ご自愛なさいましてお過ごしください。

いずれ改めまして御礼状をお送りいたします。
ありがとうございました。とり急ぎ拝受の御礼まで。

                            安孫子 良      2012.12.26

|

2012年12月24日 (月)

Happy Christmas!

寒いですね。こんばんは。

クリスマス・イヴです。皆さんはいかがお過ごしでしたか。あるいはお過ごし中ですか。ご家族と、友達と、恋人と、それとも、あなたも‘クリぼっち’さんですか? さっきNHKの‘ニュース9’で知ったばかりの言葉をさっそく使ってみました。クリスマスをひとりで過ごす人を『クリぼっち』というのだそうです。ほぉぉ。面白いですねぇ。ふむふむ。クリぼっちさん、この指と~まれっ!うわっ、そんなに居るの? ならクリぼっちじゃないね。此処に仲間がいっぱいおられますよ。(^^)v はい。今日は同じく、クリぼっち右近です。(^_-) 

クリスマス。これは欧米はじめキリスト教文化の国々では一年で最大の宗教行事です。わが国では仏教徒の方が多いのですが、なぜか国じゅうでクリスマス。クリスチャンの皆さんを除けばおもにクリスマス商戦なわけですが、これを避けて通るのは難しい。それほど定着してしまっている季節イベントのひとつになっています。プレゼントが乱舞する、ケーキが飛ぶように売れる。経済効果アリ。一家団欒がある、友達や恋人と楽しい時間が過ごせる。親睦や絆が深まります。これらはとてもよきことゆえモノ申すつもりなどありませぬ。いえ、ひとつだけありまする。それは釈尊、つまりお釈迦様のお生まれになった四月八日の‘花祭り’も国じゅうで祝えないものかというjことです。お釈迦様にまつわる商品を結び付けての商戦でもかまいません。ほら、節分の巻き寿司のように。カラダにいい甘茶を飲もう!でも、仏壇を花でいっぱいしよう!でも何でもかまいません。いま少し華やかにお釈迦様の生誕を祝う日となれば嬉しいと私などは思うのであります。全国のお坊さんたち、仏教徒の皆さん、蜂起せよ!どうかご一考ください。期待していますよ。なんて。(笑)

とはいえ私だってケーキは食べました。チキンだって食べました。あてがわれたものは、ありがたく残さずに戴きます。昨日のことですが。ちびっこたちと楽しく過ごしました。愉快ですね、かれらは。(^.^) いやはや、ちびっこたちは、まっこと疲れを知りません。ふぅ。(-_-) ということでありまして、例年どおりイヴの今日は年賀状作成をしています。今年は依頼された年賀状作成を早くに済ませ、何だかひと通り作業が終わったような気分でいましたが、私のものはまだでした。(・_・) 昨年、大きく減らしたのでいくぶんは楽ですが、それでも確実にくださる方々には出さなければなりません。毎年スパッと辞めようと考えては踏み切れずにいます。先方も同感ではないかと思いつつ、やはり今年も取り掛かりましたね。私が年賀状を辞めたいと思う理由のひとつに、私があの世に行った場合、娘か誰かが喪中欠礼のハガキなんぞを出すことになります。忙しい娘たちにそんな手間をかけたくないし、今まで年賀状をやりとりしている超長い年月会っていない、けれども若い頃にはそれなりに仲がよかった人、お世話になった人、好人物だったと思う人たちに、私が居なくなったことを知らせることになりまする。わたくしめが逝きましたぞよと知らせること。それが不要なことかと考えるのです。そんなことは人様にわざわざ知らせることではなく、またそれによって人様を煩わせることではなく、平素より「風の便りに任せるべし」だと思っているからであります。それで年賀状はもう・・と考える次第であります。皆さんは如何お考えでしょうか。

あれま。クリスマス・イヴにこんな話をば。たいへん失礼いたしました。つまり私にとって24日あたりは年賀状を早くしろっ!と急かされるような日なのであります。この年末は、とりあえず今までどおりに作成することにしました。イヴにとんだ話をいたしました。このトーク、わたくしめが思いつくまま気の向くままに喋る場ゆえお許しを。では、皆さんとクリスマスの曲を聴きましょう。やはりこれですね。この曲は何といってもリズムがいい。歌詞付きで投稿されている動画をご紹介。‘Wham!’とは‘バタン!’のような擬音のことですが、彼らの紹介文も出てきます。一緒に歌いましょう。和訳はよくお世話になっている英語塾の先生のサイトからお借りしました。ご両人様に御礼を申し上げます。ありがとうございます。ではLet's sing together!♪ Last Christmas I gave you my heart~♪  踊りたくなりますね、この曲。年賀状を中断してひと踊りしましょうか。どなたかお相手を。   しばらく寒さが続きます。皆さん、お気をつけて。(^o^)丿

◎ “Last Christmas”  Wham!  (YouTube by Eiji Kazamaさん)

◎  和訳 (‘eigo21’様より)   

|

2012年12月23日 (日)

ビリケンBEATLES

Dscn5023_512
これは『ビリケンBEATLES』です。ビリケンさんたちがBEATLESに扮している人形です。通天閣の展望台にあるガラスケースに陳列されていました。他にも有名な人物に扮したビリケン人形がいろいろ並んでいました。ガラスケースの中心あたりに隙間があり、そこから‘お賽銭’を入れるようです。各段には小銭が積もっていました。(コンデジで撮影。ガラスに映った私の影も写ってしまいました。)

Dscn5027_512

以前は木製でしたが、現在はこんなビリケンさんです。触られすぎて足の裏が大きく彫られたようにくぼんでいましたが、これならそんなことは無いのでしょうか。でも、すでに触られ過ぎて黒くなっていましたね。幸運の神様ということで、大阪では絶大なる人気のビリケンさんです。ビリケンさんの説明は以下にあります。

◎ビリケン広場 

今年はスカイツリーの開業で大いに盛り上がりましたね。そのお蔭でツリー効果が全国に波及しました。大阪では今年、この通天閣が設立100周年を迎えました。展望台の内部も金ぴかに塗り替えられて大いに盛り上がりました。私が訪れたのは先週の寒い日でした。被災地からお越しの方々を案内いたしました。南海電車の窓から眺めるばかりで私にも昇るのは久々の通天閣。とっても楽しかったです。(^.^)

◎通天閣オフィシャルサイト 

寒波襲来で冷え込んでいます。降雪地域の皆さん、お気をつけて。どなた様も暖かくして、よき週末をお過ごしください。

|

2012年12月19日 (水)

ご報告

ご無沙汰しています。寒くなりましたが、お元気でいらっしゃいますか。

さて今日はご報告があります。9月から挑戦を始めた「脱ステロイド」ですが、3ケ月めになりました。成功のめやすを3ケ月と自分で決めていましたが、その日になりました。つまり成功したと考えています。(^^)v  はい、ありがとうございます。何とかやっていますよ。と言いますか、ステロイド依存中よりも元気になっているように思います。『ムダ無し簡単かき玉汁』から更新していなかったので、心配してくださった皆さんもおられるかもしれません。大丈夫です。ありがとう。元気です。

以前よりも身体が動くので、今までできなかったことを少しずつしています。そのためにこちらへ出てくることができませんでした。それと、しばらく間があくと恥ずかしくて此処へ出てくるのに勇気を要し、さらに間があいてしまうということで申し訳ありませんでした。私は平凡な暮らしをし、そのありがたさや小さな幸せを感じている毎日です。体力に自信がなくて閉じこもっていた長い年月の反動か、近頃はお洒落などして大阪市内まで出かけることもあります。生活時間帯も早く回転させ、午前中から動きだしていますよ。もう出来ないと思っていたことも、やれば出来るものだと嬉しく思い、感謝の気持ちでいっぱいの日々です。

国内外では相変らず様々な出来事が起こっています。私は現役を引退した身ですが、政治、経済、社会問題、震災復興など多くの事柄について毎日考え続けています。投票前から圧倒的な勝利を伝えられていた自民党には、与党として諸問題の改善を望みます。民主党についてのコメントは此処では避けておきます。まずは野田さん他、民主党の皆さんご苦労様でした。さて安倍自民に望むことは震災復興はもちろん第一、そのほか景気回復や諸問題の迅速な改善・向上です。それから隣国との関係改善への尽力を期待したいですね。中国や韓国との互恵関係なくしては、この国にもアジア全体にも、また世界経済にも良い影響はありません。今の時代、右も左も無いのですが、出自からも過去からもとかく極右と言われてしまう安倍さんが、どういう手腕で隣国との関係改善を図るのか大いに期待したいところです。両国ともトップが交代しました。わが国もトップの交代です。自民党は変わったと彼は演説で言い続けました。どんな風に変わったのか、お手並み拝見といきましょう。そして同じく難病指定患者の立場から、お身体にはくれぐれもお気をつけて「おきばりやす」と申し上げておきましょう。

ほんとうに寒くなりました。あしたはもっと冷え込むそうです。皆さん、お気をつけて。(^o^)丿

|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »