« ‘苺’の産地 宮城・亘理の『もういっこ』 | トップページ | 冬物衣類(‘L’サイズ以上) 緊急募集! »

2013年2月 5日 (火)

雪道に気をつけて

明日はまた、関東・甲信・中国・東北・近畿で積雪とのことです。先月の大雪では首都圏で事故や転倒する人が続出しました。それ以来、タイヤチェーンや雪に強い履物を準備する人が多くいたということです。まだ準備をしていない人はどうするのかな。ちょっと私は考えてみましたよ。

まず歩き方です。雪道を転ばないで歩くには、靴底の全面で着地することだと言われています。つま先からでも踵からでもなく、足の裏ぜんぶをつけて一歩を踏み出すといいようです。足裏の全面で着地したら、ゆっくりと体重を前へ移動し、次の一歩を同じ要領で踏みだし、また足裏全面で着地します。これをくりかえして焦らずに前へ進みます。

次に履物の工夫です。これだけ予報で雪だと言っても高いヒールのブーツを履いて出かける若いお嬢さんや、雪でもカッコいい皮靴を履いてさっそうと歩くお父サン、お兄サンたちが必ずおられます。雪の日はカッコより安全に歩くことです。しかし滑らない靴なんて持ってないという人も多いかと思います。登山用のアイゼンは普通は持ってないし、‘コロバンド’(「転ばんどぉ!」の意味?)なんていう便利なグッズもあるみたいですが、普通は持ってない。そこで身の周りのもので、今からでも準備できるものを考えてみました。(ヒマだから)

☆ 麻の荷造りひも・シュロのひも・細いロープ・ポリの撚った太めの荷造りひもなどを利用する。

土踏まずより前の部分、つまり足の甲あたりから靴底にかけて、これらのひもをグルグルと巻きます。滑らないためには雪やアイスバーン状態の路面に、摩擦の抵抗を加えることです。これらのひもは滑りやすい雪道に抵抗を与えてあなたの歩行を守ってくれます。(と信じます)

☆ 滑り止めのイボイボがついた軍手を利用する。

使い古したものでもよいが、ちょっともったいないが新品を使うと、なお抵抗力があってよい。指の部分が邪魔になるので折り込んでおくか、使い古しならイボイボの部分を靴底の形に切り、上記のいずれかのひもでくくりつけると、よりいっそう滑りにくい。

以上、今からでも出来る準備でした。(さっきから実験をしていました。ヒマ人だから)

そんなカッコ悪いことやってらんない、カッコわりぃ。だって?何を仰る。転ぶ方がよっぽどカッコ悪いのであります。それに危険なのであります。何も準備できず、ちょっと早めに家を出ればいいんだ、なんて言ってるアナタ。せめて麻ひもだけポケットに入れてお出かけください。それが無ければ布製のひもか古ハンカチ、ひざ下ストッキングなど靴に巻いて結べるものなら何でもOK。(^_-)-☆ 私は雪靴を持っているし、今は雪の日に出かけることも無いけれど。

それから車の皆さん、ダメですよ。冬にはチェーンは積んでおかないと。あたりまえ。常識。(^_-) 多くのタクシーや商用車の方々が積んでいないのにはちょっとした驚きでした。自家用車の方も冬は積んでおきましょう。

私の住む所ではよく雪が降ります。先月の雪の時もしばらく残っていましたね。雪が降ると庭の植物が心配になります。覆いをかけておこうかと思っていたら、先程から雨が降り始めています。朝になると真っ白。なんてことのないよう願っています。だって植物が可哀そう。強くて平気なコたちばかりだけれど、やっぱり植物だって冷たいのはキライ。でも雪になりそう。

今日は夕方に、野菜が切れたから買い物に出ました。困りましたね。来てますね。花粉&PM 2.5。(-_-) 節分の前あたりに急に強い花粉症の症状が出て、ボーッとして頭が重く、目がショボショボになりました。鼻水は出ないのですが、頭重感、肩こりなどで何も出来ず困っています。雨で少しマシになったと思いきや、今日はまた、買い物に出ただけでいきなり目に来て頭も痛くなってしまって・・。花粉だけでなく、近畿地方にすでに飛来している微粒子のせいもあるようです。困ったな。今年はひどくなりそう・・。皆さんも気をつけてくださいね。

では転ばないように雪道を歩いてください。読者さんが多いTokyoites、雪に不慣れな東京人たちっ。
あぁ、こんなことを関西人が。北国の人たちは片腹いたいわ、だろうな。ねっ北国人の皆さんっ。札幌では雪まつり。行ってみたいなぁ。毎年思うよ。

あぁ、アタマいたい。肩こった。ボーッとする。困った困った。(-_-;) 
それでは今日はこの辺で。おやすみなさい。ウサギ目の右近でした。

|

« ‘苺’の産地 宮城・亘理の『もういっこ』 | トップページ | 冬物衣類(‘L’サイズ以上) 緊急募集! »

右近トーク」カテゴリの記事