« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月20日 (日)

大船渡からの立派なサンマ

Dscn5711_512_2

Wさんから大船渡のサンマが送られてきました。とっても立派な大ぶりのサンマです。
届いてすぐ、暮れなずむ小雨の庭で写真撮影を始めると、庭猫たちが「あら、なぁに?何だかいいニオイがするんだけど」と近づいてきました。ダメだよ、小春ちゃん、トラ美ちゃん。あとで頭と骨をあげるからね。サンマたちは氷水の中でちょっと寒そう。「おや。ここはいったいどこなんだ?眠っているまにこんな所へ来てしまったけれど・・・」と訝しげ。指を海水に浸してなめてみたら、ちょっとしょっぱい。これが東北の海の味か・・・。感慨深いものがありました。
ようこそ大阪へ。ようこそ右近庵の庭へ。遠路はるばるありがとう。

ふだんはスーパーでしか買い物が出来ない暮らしで、このような新鮮で大きなサンマにめぐりあう機会はほとんどありません。鮮度と大きさにビックリです。いつもはアジ派でサンマは食べない愛猫じぃじぃも、クンクンするので彼が好きな‘ワタ’を少し与えました。美味しそうに食べました。腎不全が進み、食欲がなくやせっぽちの彼も大船渡からのサンマを少々味わいました。私は晩御飯に2匹もいただきましたよ。日本酒にもよく合います、サンマの塩焼き。とってもおいしくて感激しました。

Dscn5710_512
こちらのサンマは大船渡の山岸冷蔵さんからの直送です。サイズは「大」。8匹から注文できるそうです。画像では分かりにくいですが、本当に大きなサンマです。水揚げされたその日に全国へ発送されます。山岸冷蔵さんは震災直後、難を逃れた冷凍サンマを、惜しげもなく皆さんにふるまわれたそうです。立派ですね。

各地の都市部で東北からのサンマを焼いて皆さんにふるまう光景をテレビでよく観ます。美味しそうだなぁと思って指をくわえて画面を見つめていました。きっとそれらのサンマと大きさも美味しさも同じだと思います。食後の今もずっと美味しさの感動が続いていますよ。

今年は猛暑でサンマの南下が遅れたようです。脂ものって今がまさに味わいどきです。全国の皆さん、水揚げ後すぐに直送される大船渡からの美味しいサンマをぜひ味わってみてください。感動、感激、間違いナシです。
あぁ、おいしかった。ありがとうございます、Wさん、山岸さん。美味しく頂きました。\(^o^)/サンマさんたち、命をありがとう。

◎ 大船渡・山岸冷蔵さんの電話番号は次です。0192-29-3511

 

|

2013年10月10日 (木)

バラが咲いた

Img_2351_512

アプリコットネクターというツル薔薇です。いい香りがします。やさしい色をしているでしょ。

昨年12月に植えた大株5つのひとつです。この株だけ春に咲かなかったので、あきらめていたけれど、咲いてうれしいです。しかし再びの暑さでバラたちも戸惑っているようです。ちなみに大阪の最高気温は本日31.9度。あしたも予想は30度。なかなか涼しくなりません。扇風機をもう少し出しておけばよかったな。「冷やし中華再開しました」の看板もを出さないと。

再開と言えば、ご報告。私はステロイドを再開しました。動けない、目が使えないでは何も出来ないので仕方なく。それで今日は出てくることができました。約一年間の「ステロイド“0”生活」に終止符です。いえ、敗北ではありません。(あいかわらず強がりダ) 白いチビ丸の必要性を認識できたので、有意義な一年だったと思います。そう、いつもプラス思考。今後は徐々に体力をつけていきたいと思っています。あぁ、動けること、目が使えることは素晴らしい。庭へも出られるし、こうしてデジイチを持って写真も撮れるしね。しかし暑いなぁ・・・。ホントに10月なん?

|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »