« 2013年12月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年1月

2014年1月29日 (水)

お知らせ

皆様へ

先日お知らせしたとおり、私はただいま出てくることができません。

なぜか多くの皆さんがお越しくださっているようですが、当分の間、私は出てくることができません。

だからどうかお越しにならないでください。しばらく更新はありません。

それでもと仰る方は過去の記事でもお読みください。2006年くらいまでさかのぼれます。

過去記事の見方はバックナンバー最下段をクリックします。すると右上に≪≫が表示され、そこから過去記事へと行けまする。

あるいはHP『平成道行考』で恋愛詩でもお読みくだされ。青い頃のものですが。作者は今の私ではないですが。2つのHPはうっかりしているまにドメインが更新されてしまい、まだ開店しています。詩がお好きな方は『愛別離苦』にも掲載しています。どれもこれも青いものですが。

とにかく私は出てくることができませぬ。よろしくお願いいたします。 

                                            店主敬白

|

2014年1月13日 (月)

お元気にお過ごしください

三連休も今日で終わりです。如何お過ごしでしたでしょうか。
私の愛猫の具合はさらに悪くなり、世話の疲れからか私もひどい風邪をひき、只今サンタンたる状態です。
そんな訳で当ブログの更新はしばらく出来ないと思います。ごめんなさい。
一年で最も寒い時期です。皆さん、どうかお気をつけください。それでは、またいつか。右近  (^o^)丿

|

2014年1月 8日 (水)

『なめとんか』 たかじん

みぃんな おまはんが復帰するんずっと待ってたんや。

それを何やねん。サッサと逝てまうて、そらないで。

今日は一日じゅう雨ふりや。

あんたのこと、大阪じゅうが泣いてるんや。

なめとんか。勝手に逝きくさって。

なめとんか。おい、たかじん。

カッコよすぎやろ。あんたの生き方。

やさしすぎやろ。あんたのハート。


大阪でポールの歌が聴けてよかったなぁ。

もうジョンとジョージにそっちで会うたん?

ほんまにありがとう。おおきにな。

おつかれさん。ゆっくり休んでか。

◎『なめとんか』 やしきたかじん  (YouTube by Keis Echoさん Thanks!)

|

2014年1月 2日 (木)

『夢で逢えたら』 (大瀧詠一 作詞作曲) 2種

◎ 「サーカス」の歌で   (YouTube by Masahiro Kawanishiさん Thanks!)

  英語バージョンで    (YouTube by Mr.Moonlightさん Thanks!)

|

2014年1月 1日 (水)

年頭のご挨拶&“雨のウエンズデイ” 追悼 大瀧詠一

2014年になりました。昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。

大晦日には出てくることができず、申し訳ありませんでした。とても多くの皆様のご訪問を今日になって知りました。恒例の大晦日のご挨拶ができず、ごめんなさい。

ところで前回、私は放映中の番組に対し、あんなのは関西風お好み焼きではないと噛みついたりしていました。あの日は愛猫JJが比較的元気だったので、私のテンションは高めだったようです。その後JJはまた具合が悪くなり、この数日間というもの、かかりっきりでした。今は少し落ち着きましたが、どうなることかと思うほど弱ってしまい焦りました。それを心配する私も疲れからかめまいが起きるなどしてフラフラし、これまたどうなることかと思うほど憔悴してしまいました。現在は猫と飼い主は少し快復したので御挨拶に出てきました。期待した静脈からの輸液効果は、わずか2日間ほどでした。お正月には病院は休みだし、年始の開院まで大丈夫だろうかとずいぶん心配しましたが、食欲のない彼への私の根気強く熱心な給餌と、懸命の輸液注射で何とかピンチを脱しました。新年早々、また猫の話で申し訳ありません。頑張ります。

さて、大晦日のNHKニュースで衝撃が走りました。大瀧詠一さんが亡くなりました。嘘でしょ。
残念、残念、あぁ残念。彼のアルバム“A Long Vacation”は今まで何回聴いてきたことでしょう。もちろん持っています。だいじなアルバムのひとつです。季節ごとに聴きたい曲が誰にもありますが、サザン同様、夏には必ず聴きたくなるのが彼の曲です。あぁ、残念。悲しいです。

彼の曲と言えば最も知られているのが‘君は天然色’かと思います。もちろんそれも素晴らしいです。あのアルバムは、すべてが素晴らしい曲ばかりだけれど、中でも好きなのが‘雨のウェンズデイ’。今日は新年の最初の日で水曜日。私の住む所では小雨が降りました。元日ではありますが、彼のこの歌を聴きながら、今日は追悼したいと思います。私たちが背中を追ってきた世代の、豊かな才能の持ち主が、またひとり居なくなってしまいました。とても寂しく思います。一緒に聴いてください。この曲の投稿者さんは、このアルバムのほかの曲もアプロードしています。よろしかったらそれらも聴いてください。彼は一線から引いた後も、多くの歌手やアーティストに楽曲を提供していましたよ。あぁ残念。ほんとに残念。悲しいな・・。

◎ ‘雨のウェンズデイ’ 大滝詠一 1982年5月発売 (YouTube by youraykimi2さん Thanks!)

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年8月 »