« アメブロ 『カフェモカのブログ』 運営者様への警告文 | トップページ | 退院いたしました »

2014年9月 9日 (火)

『透けてゆく人』の販売について

皆さん、こんにちは。
前回、前々回の記事についてのお知らせが未だできず申し訳ありません。
文章にしてお知らせする予定ですが、体調が悪くまだ書くことが出来ません。
今しばらくお待ちください。

今日は『透けてゆく人』についての取り急ぎのお知らせです。過去に出版した私が最初に書いた小説です。これが今、アマゾンの中古市場で高値になっています。正価を上回る価格の出品もあり驚いています。何がウケているのか私の知らないところでミニブレイクしているのを知り誠にビックリです。どこまで高値になっていくのかとタジタジしています。

この本に関しては2ヵ月ほど前にアマゾンから連絡があり、何者かの通報により違反しているので、その注文を取り消したとのこと。何のことか皆目わからず詳しく読んでみると、消費税が変わり、税抜き表示になったことによって私が定めた正価(税込み価格)にさらに消費税が加算されると規定に反するといったことのようでした。そのことよりも、本の値段がえらく上がっているとこの時に初めて知り、驚きましたが、今日、本の買い物をし、再びのぞいてみるとさらに高値に!ナニコレ…。

実を言えば、「オフィス右近」といった店名で新品を出品してはいたものの、当の私が出品していることすら忘れていたのであります。「あ、そう言えば出していたな」と思い出し、さっそく販売中止にしようと撤退しました。なぜならあの本はすでに在庫寡少で誰にでも売りたいと思わないからです。そもそも書店に在庫が無くなり、買いたい人が買えなくなっているのではと出品したのです。しかし中古市場が活発になり、そろそろ引っ込めてもいいなと何度か思い出しては多忙であったり体調がすぐれなかったりで、ついつい放ってしまいました。折りもよく、これを機にアマゾンでの販売を辞めることにしました。実際、私の手元にあるのは最後の20冊ほどです。これは惜しいですよ。すぐに古書として売ってしまう人よりは、大事にしてくださる人にお届けしないとね。(もちろん売れても得にも何にもならない仕組みでの出版です。全部売れても大半は出版社においしい汁を吸われています。哀しい哉シロウトもの書き!いや、道楽でケッコウけっこう)

通報したのは恐らくこういう面倒なこともいとわずマメに行動するお暇な常連嫌がらせストーカー様か、数十円のことにイカる誠に心の狭い業者様のいずれかでしょう。どちらにしても、今回の盗用居直り&知らなかったとうそぶくお方と同様に、ろくでもないお方とお見受けし、歯牙にもかけずにここは大事な私の初作を死守しようと確保しました。価格を訂正してアマゾンに再出品を続けることは可能でしたが、中古市場で需要・供給がうまくなされているならそれでよし。特にメリットがあるわけでなし、販売を辞めました。(ホントもう誰にでも売ろうとは思わない。あと少ししかないんだもん。こちらだって買う人を選んでもいいかなと。大切にして欲しいもんね) きっと通報者はアマゾンから引き揚げたことを、してやったりと喜んだでしょうが、おあいにく様って感じです。むしろ大事な初作本のことを思い出させてくれてありがとうと御礼を言いたいです。遅くなりましたがそのお方に今頃のご報告。尚、『言葉屋』は若干余裕があり、そのまま出品しておきます。

それでお知らせです。
残部数寡少の『透けてゆく人』のご購入を希望される皆さんは、私に直接お知らせください。新品です。『平成道行考』もしくは『右近トーク』にご訪問の皆様にだけお分けいたします。ご希望のご連絡は以下のアドレスからよろしくお願いします。(『言葉屋』も購入可能です) もちろん<送料無料 税不要 本の価格のみ> ご希望なら‘ひと言’も書かせていただきます。売り上げは支援活動に当てますよ。

beat65◎aol.jp  (◎を@に変えて送信してください)

現在、眼がまったくダメで、まとまった時間をパソコンに向かえません。
指関節も動きづらくて打つ力も弱ってて。だから少し待ってくださいね。
例の件もあちこち回復したら右近がそのうちにご報告すると思います。

それではまた。
あぁ、霧の中に居たいきぶん…           

                       今日は「本」のことだから 安孫子 良     

     錦織クン、準優勝おめでとう

 お疲れ様でした   キミは私たちの誇りです  ありがとう          

|

« アメブロ 『カフェモカのブログ』 運営者様への警告文 | トップページ | 退院いたしました »

お知らせ」カテゴリの記事