« 三陸サンマは『山岸冷蔵さん』がお得です | トップページ | 大船渡から届いたサンマ2014 »

2014年9月23日 (火)

病院でお世話になった皆様へ

先日は大変お世話になりました。
退院して今日で五日目になります。少しずつよくなっています。ありがとうございました。

入院中の前半は苦痛のため大人しかった思います。徐々に痛みが和らいでくると、皆さんとお喋りをして楽しいひとときを過ごしました。入れ替わり立ち替わり、いろいろな看護師さんが訪れてくださり、それぞれに短いお喋り聞かせてくださいましたね。お蔭で退屈な入院生活を楽しく過ごすことができました。

入院すると、ドクターや看護師さん、医療関係のすべての皆さんのお仕事は、本当に大変だなぁと思います。入院生活の後半はいくぶん元気になってきた私は、やたら自分から話しかけて迷惑をおかけしました。これはふだん、私は人様と話す機会をほとんど持たないため、会話をすることじたいが楽しくて仕方なかったからでしょう。また、素人モノ書きとしての人間観察もあったかもしれません。皆さん、たいへん興味深いお話をありがとうございました。いきなり「書く人ですね」と言って私をビックリさせた人、私がテンネンを発揮してしまい、一緒に大笑いをした人、相撲好きの私に豪栄道の情報を得てから部屋を訪れてくださった人などなど、看護師さんたちとのふれあいは素晴らしい思い出になりました。

2002年から2003年にかけて、この病院を舞台に小説を書いたことがあるんですよ。
何気なく私が口にした言葉は、皆さんを少なからず驚かせてしまいました。しかしほとんどの皆さんは当時の古い病院をご存じなく、ずいぶん長くこの病院に通っているものだとあらためて思いました。しかも本の準主役が看護師さんを目指すんですよ。こう言うと皆さんが「読みたいです!」と。初めて書いたもので青くて恥ずかしいですと尻ごみしても、とにかく読みたいと仰います。分かりましたと私。師長さんに許可を頂いて何冊かお持ちいたしましょう。ご希望の方は回し読みでもしてください。そのうちお届けいたします。

最後になりましたが、先生、ありがとうございました。
ロングヘアーでお若い女性ドクター。黒いフレームのメガネもとってもお似合いでカッコいいです。先生が百田尚樹サンに凝っておられると聞き、私も読んでみようと2冊の本を取り寄せました。次回の診察日までに読んでおきます。かなり辛い状態でしたが、そんなに大変なものだと知らずに訪れた外来で、「即入院」には驚きました。しかし適切な治療をすぐに受けたお蔭で大事に至りませんでした。感謝しています。これからも患者さんたちのために頑張ってください。ありがとうございました。来週、伺います。

Img_2931_512
退院した日、庭にアプリコットネクターという薄いオレンジのバラが咲いていました。

その隣では黄色いバラが今にも咲きそうになっていました。そして翌日ひらきました。

少しも手をかけてやらないバラたちが「おかえりなさい」と迎えてくれました。

君たちは、いつもあとまわしになってごめん。それでも咲いてくれてありがとう。

|

« 三陸サンマは『山岸冷蔵さん』がお得です | トップページ | 大船渡から届いたサンマ2014 »

右近トーク」カテゴリの記事