« もう少しお待ちください | トップページ | にぎやかな虫たち »

2014年10月17日 (金)

秋ですね

こんばんは。皆さん、お元気でいらっしゃいますか。

朝夕は肌寒さを感じて上着を重ねる気候となりました。右近庵でも秋が深まりつつあります。

ついこの間までコオロギが鳴いていたのに、気付けばもうまったく聞こえてきません。やかましいくらい鳴いていましたがね。それに混じってカエルも負けじと夜も鳴いていましたけれど。

このコオロギ、鳴き方で気温が分かるとか。気温によって鳴く回数が決まっているそうです。日本科学協会さまのこちらのページにもあります。なかなか興味深いですね。ちなみに15℃以下になると鳴かなくなるとのこと。どおりでもう鳴かないはずです。

    コオロギは温度計

山のそばの右近庵では夜間に気温がグッと下がり、ひたすら静寂といった風情です。

北の皆さん、もう冬でしょうか。南の皆さん、ほんとうに台風ばかりで大変ですね。

全国津々浦々、全世界至るところでお暮らしの皆さん、あなたが平穏でお過ごしになれますように。

私はもうじき書けそうな気がしています。

あ、でも言うとすぐダメになるから、おくちチャック。(^_-)

それではまた。

右近

追記 

上記の記事を書いた後、外へ出てみました。鈴を転がすようなコオロギの大合唱はありませんが、他の虫たちや強い種類のコオロギでしょうか、かすかにその声も聞こえます。裏庭の下の草むらかな。土手かな。刈り入れ後の田んぼかな。それとも山ぎわかな。元気な虫たちが鳴いていましたよ。キリギリス、率先して鳴いてがんばっているようです。

『麦わら帽子と赤とんぼ』さまより鳴く虫の図鑑’をお借りいたしました。
この中の誰かが鳴いているのですね。みんなガンバレ~。\(^o^)/

|

« もう少しお待ちください | トップページ | にぎやかな虫たち »

右近トーク」カテゴリの記事