« “Oh, Paul…” with tears | トップページ | もう猫を駅長さんになどしないでね (猫の代弁) »

2015年4月24日 (金)

和訳できない“Let it be”

皆さんこんばんは。
東京ドームでの初日は大いに盛り上がったようですね。行かれた皆さん、楽しまれたでしょう。よかったですね。私はPaulが国内に居る時、「どこでもドア」が欲しいなといつも思います。

さて、今夜は“Let it be”の和訳について少々。この名曲は後世まで世界中で愛され続けるPaulの代表作です。2013年同様に彼は歌ってくれました。バックスクリーンには東北の画像が映し出され、その上をゆるやかに、ひとつの灯りが舞っていました。それはおそらく悲しみの灯り、悼む灯り、癒す灯り、そして希望の灯りなのでしょう。Paulの応援うれしいですね。

Img_3319_512_2

ところでこの“Let it be”、なかなかピッタリの日本語にめぐり会ったことがありません。おおかたは「あるがままに」「なすがままに」や、アナ雪でおなじみの「ありのままに」などに訳されています。私はどれも少し違うと思っています。だいたい、あるがままにとか、なすがままにとはどういうことなのか私には掴めない言葉です。言いかえれば自然体でということなのかな。それなら尚更この訳に適さないと思いますよ。日本語ではタイトルは「レット・イット・ビィ」と呼ばれるのはいいとして、歌詞の中では「あるがままに」なんて訳されているものね。違うなぁ。何か違うよなぁ。

じゃ、右近は何て訳すの?ということになりますね。そ、それがですねぇ、この英語は日本語にならないというのが私の意見なのです。とかく和訳しようとする際に、私たちはその言葉の長さに準じて日本語に訳す傾向にありますね。ですから短いこの英語に対して短い日本語の訳を無理に当てはめているように思います。元来、英語と日本語の言語体系は全く異なるので、同じくらいの長さで訳そうということに無理があるのだと私は考えます。

何でもいいけど、だからどう訳すの?ですね。はい、分かりました。残念ながら私は短い言葉での訳は不可能だと常々考えていたので「訳せません」としか言えないかなぁ…。でも解説ならできます。Let はこの場合、使役の「~させる」の意味です。beはご存じb動詞で、「その状態のまま」という意味合いです。つまり、この場合は、たしかに「苦難、困難、試練に該当するもの」を「その状態のまま」に置いておこうといった意味を持つのは事実です。

しかしそれをそのまま訳したのでは、さっぱり意味が分からなくなります。「苦難に出逢ったとき」にマリア様がそばに来て「あるがままに」と囁いた、では私にはチンプンカンプンです。だからどう訳すのよぉ?ですね。はい、私の結論はこれです。この3語の英語は、この曲において決して「あるがままに」ではないと思います。つまりこの名曲のタイトル及び歌詞の中に在る言葉は、日本語での歌詞みたくは訳せないというのが私の意見です。困難に出逢った時、聖母マリア様がやって来て、智慧の言葉を耳元で囁くという後には、どんな日本語も持ってくることが出来ないと思うからです。強いて持って来るならば、とても長いものになると思います。たとえば以下です。

「今は苦しみのとき この困難に立ち向かい じっと堪えましょう 今はひたすら堪えましょう そうすればきっとまた会える日が来るから いつか越えられる日が来るから」

これくらいの長く重い意味があると私は思います。「あるがままに」や「なすがままに」と簡単な言葉で伝えきれないものがあります。いつだったか私と同じようなことを語っておられる英語塾の先生をネット上で見つけた時、やっぱそうですよねと嬉しかったことがありました。その先生も日本語に出来ないと言っておられましたから。というわけで、英語のままがいちばんいいというのが右近的結論です。それにしてもこれは名曲です。それでは不滅の名曲をお楽しみください。

“Let it be”  Paul McCartney (You Tube  by worldmusichannnelさん Thanks!)

|

« “Oh, Paul…” with tears | トップページ | もう猫を駅長さんになどしないでね (猫の代弁) »

右近トーク」カテゴリの記事