« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月27日 (日)

不用品は捨てずに有効活用を <赤すぐネット「古着deワクチン」>

「断捨離」に始まり、今やモノを捨てるのを熱心に指導する人たちが後から後から出てくる。
捨てるなとは言わない。この私も少しずつモノ処分をしている。しかしテレビで観るような何でも「これはゴミ」と捨てるわけにはいかない。不要なものを求めている人たちが日本に世界にいくらでも居るからだ。指導する女性たちは、これは捨てるモノと捨てないモノに仕分けさせるが、捨てるモノに仕分けられたモノたちは私の眼には大いに有効活用できるものだと見える。「もったいない」と教えられてきた世代だから仕方が無い。

モノ処分して心地よくなることは私も体感している。だが欲望のままに買い増やしたものをアッサリゴミとして捨てるなら、有効活用をしてはどうか。若干の費用がかかるが、それでも私は有効に活かす道を探し続けてきた。同じような番組が氾濫する中、なぜ有効活用しないのか、何も無くなり気持ちよくなった場所で、人間は絶対にまたモノを増やさないのだろうか。そんな疑問が「モノ捨てプロ」たちの明るい笑顔を見ていると浮かんでくる。

今日はリクルートの赤すぐネットさんが展開している古着活用を発信したい。こちらでは衣類、雑貨、靴、アクセサリー類などファッション関連の寄付が出来る。それでワクチンの支援ができるのだ。送料は不要、おまけに赤すぐネットさんでの買い物券1000円分がいただける。段ボール箱を自分で用意すれば負担は少ない。捨てるならぜひぜひ寄付を。衣類を処分する皆さん、チョット待った。その衣類、有効に活かされますぞ。捨てるなかれ、豊かな国の皆さん方。

あまりの「捨てましょうブーム」にもの申す。不用品には活用できる道を探してあげよう。モノにも命があり、心もあるのだから。自分のそばに居た使えるモノは、要らないからとサッサとゴミとせず、最後まで活かす道を見つけてあげるべし。右近的モノ処分術なり。

◎『古着deワクチン』 

続きを読む "不用品は捨てずに有効活用を <赤すぐネット「古着deワクチン」>"

|

2015年12月23日 (水)

亡き人に流し続けるBeatles

Hello Goodbye (1967/11/24) 

先週の土曜日に葬儀を終え、故人は荼毘に付された。
残された者には悲しみと疲労感が色濃く残っている。
皆一様に惜別の情が募り、受容に時間がかかると思われる。

11月頃のことだった。
神戸に見舞った帰途、いつものように私の車ではBeatlesが流れていた。“Hello Goodbye”が流れた時、ふいに涙が込み上げ、こぼれそうになった。それまでは、この何でもない恋の歌に大きく揺さぶられたことは無かったが、単純な歌詞が私の心に突き刺さった。

You say goodbye and I say hello,
Hello,hello,I don't know why you say goodbye,
I say hello,
Hello,hello.I don't know why you say goodbye,
I say hello.

君はサヨナラと言う 僕はコンニチワと言う
なぜ君がサヨナラと言うのか分からないよ
僕はコンニチワと言っているというのにさ

終わりを告げる人、なぜ逝くのか理不尽だと訴える私。普段は心地よく聴いていた恋人たちの言葉が『永遠の別離』(とわのわかれ)を思わせた。
思い起こせば私は見舞いの往復、たいてい道中で目に涙がいっぱいだった。涙腺が破壊され、涙液が殆ど無い筈の私の目は涙で潤っていた。泣いているつもりではなかったが、遠からず逝く人を想い、ひとりでに泣けていたのだ。

私は今、Beatlesを流し続けている。故人と共に聴きながら偲んでいる 。
葬儀の日、誰が依頼したのか会場にBeatlesナンバーのBGMが流れ続けた。
亡きがらに向かって私は言った。よかったね、Beatlesに送られて。
私にとってこの喪失は、人との死別で最も悲しいものとなった。

|

2015年12月18日 (金)

暖かくしてお過ごしください

ご無沙汰しています。寒くなりましたね。

ちっとも出てこないのに来て下さってありがとう。
具合が悪かったのですが、やっと活動できるようになりました。
今日は神戸でした。先ほど帰ってきました。

忙しいです。
忙中閑あり ならぬ 忙中忙あり です。

頑張ります。
皆さんも風邪ひかないようにして頑張ってください。

右近

|

« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »