« ボクはアルパカ ‘神戸どうぶつ王国’ | トップページ | “Almaz” Janet Kay »

2016年2月26日 (金)

「フキノトウのてん天ぷら」 

Dscn8103_512

昨夜の夕飯のひと品は「フキノトウの天ぷら」でした。もちろん右近庵のフキノトウです。
火曜日(23日)に所用があって右近庵へ行きました。フキノトウは近所のお世話になっている方に時々収穫して召し上がっていただいていました。ピークは過ぎたようですが、いくつかまだありましたから収穫して発送する衣装ケースの隅に入れて翌日神戸着。きのう食べたという訳です。今年はもう諦めていたんだけれど、確定申告の書類を取りにやら、車検の期日が迫っていたのでその事やらで急きょ帰り、フキノトウも味わえました。美味しかったな。塩と天つゆと両方でたくさぁんいただきました。(^^♪

先月に一度帰った時は複雑な思いで早々に帰神しましたが、今回はそうでもなくよかったです。複雑な思いとはですか。かれこれ20年目になりますからね右近庵も。様々な思いがあるのです。愛着もあるし、悲しい出来事もあって孤独な時間を過ごしてきた場所ですからね。その後、世間とひとりで闘ってきたことなども含めてね。さしあたりマイナス感情としては隣家の嫌がらせが、また春から始まるんじゃないかとか、その向かいのご老人もまたピンポンダッシュを再開するんじゃないかとか…。これら熟年の方々、しっかりしてくださいね。

プラス感情としては猫と植物。小春がひとり庭で日向ぼっこをしていたので、呼ぶと喜んで走ってきてね。この猫は近隣では一世を風靡した勢力を誇るトラトラ一族の最後の一匹なんです。(小春だけトラ柄じゃなくサビ猫だけど) あぁ、猫。猫・猫・猫!!=^_^=いろんな猫に私は助けられてきたなぁなんて。それから何といっても植物たちです。みんな放って庭をあとにしたのに、クリスマスローズは花盛り。冬の間、何もしてあげていないのに、みごとな花をたくさんつけてて。なんかウルウルでした。水仙も伸びてきて間もなく最初の子が来週にも咲くんだろうなって。その前で眠るJJも「おかえり」と言ってくれてるし。私は右近庵でいかに猫と植物に支えられていたかがよくわかりました。小春にはたくさんエサをあげて、「もうすぐ帰ってくるね」とあと少しの別れを伝えてきました。いきなり天空に住まされたはるかちゃんも土が恋しいだろうし、地面を歩かせてあげたいな。そろそろ帰りますか。

神戸での滞在も二か月近くになりました。美味しいものもそこそこ食べたし、こちらでかかりつけにする病院や歯医者さんも決まったし、寒さも一段落しそうなので戻ろうと思います。私も土が恋しくなりました。(ワタシは何の動物かな) しかし都会と自然と両方を楽しめるなんて贅沢な話だなと神様に感謝しています。そんなわけでこの週末は右近庵への帰宅準備をいたします。次回の更新はおそらく右近庵からになると思います。

近畿では土日は気温が上がります。まだ寒さが厳しい地域の皆さん、春が待たれますね。今しばらく頑張ってください。本日、天空の隠れ家では快晴なるも風強し。さざ波の立つ海を勇ましく船が行き交います。時おりの汽笛は風の音とともにここではBGM。
それでは皆さん、ごきげんよう。    右近   (ただいま午後2時40分。珍しく昼間の更新です。)

 

|

« ボクはアルパカ ‘神戸どうぶつ王国’ | トップページ | “Almaz” Janet Kay »

料理」カテゴリの記事