« 仰天“大横綱 白鵬”春場所千秋楽 結びの一番(その1) | トップページ | 桜に春雨&「火花」など »

2016年3月30日 (水)

私が白鵬にキビシイ理由(ワケ)など

お元気にお過ごしですか?皆さんの所の桜はどんな様子ですか。
右近庵の桜はただいま二分から三分咲きくらいです。

白鵬のことで持ちきりだった2日間から出遅れて、きのう投稿しましたね。
黙っているワケがないと思っていた皆さん、それはね、あまりに腹が立って無茶苦茶書いてしまうかもって考えたからです。相撲の後半は風邪をひいたり体調がすぐれず私はベッドにいました。ベッドでノートから投稿しようとしましたが辞めました。文を書くのは冷静でなければならないからです。それで当日は辞めたのです。ハゲシくなってしまうかもしれなかったので。依然、体調はスッキリせず、まだベッドでグズグズしています。コレ風邪かなぁ。花粉かなぁ。頭いてててて。

ところで皆さん、私は白鵬を叩いていると思うでしょ?そうではなくて応援しているのですよ。だって邦人横綱が居ない中、大相撲の屋台骨をずっと支えてくれた白鵬の功績は大きいです。たしかに大横綱です。何処にも拾われず、やせっぽちの少年はモンゴルへ帰るしかなかった時、竹葉山さんに拾われて今の白鵬があるのです。立派な横綱になるまで私はずっと彼を応援し続けてきました。勿論なってからもずっと。

しかし徐々に白鵬はヘンになって来たのです。特にここ数年前からは体力の衰えや、しんどいことに記録とか数字にばかり頭にあるようで、そのうえ「偉大なる父」を尊敬もし愛しながら、日本の偉大なる力士たちを超えることだけでなく、父と並ぶ、父を超えるといった呪縛が彼を悩ませてきたように見えます。超える超えないかは二の次でいい。結果でいい。力士とは、横綱とは、記録を作るとか何かを目指すとかいうものではなく、いかに強くて美しい横綱かが問われる存在です。つまりその日の一番一番を完璧なものにして、あとに続く力士たちの手本となり、横綱である「今」をいかに充実させるかが重要なのだと思いますよ。焦るな白鵬。横綱には何がいちばん大切かをよく考えて欲しい。貴方は賢い人なのだから。

記録や何勝などを煽るマスコミもよくないね。そんなことより今日の一番に客は酔わせて欲しい。惚れ惚れさせて欲しい。根っからの相撲ファンはそちらに重きを置くのであります。あれ、相撲となるとまたいつの間にか熱くなってる。熱いですよ相撲には昔から。熱くなるものはいくつかあって、相撲もその一つ。相撲を愛しているから、愛しすぎているからキビシ~イ右近なのです。わかりましたか。

出遅れたこの件です。しかしやっぱり語らずにはいられない。きのう一回で書ききれなかったのでまだ続きます。しかし今日はすることがあり、明日はチョット用事があって隠れ家へ。はい、神戸へ行ってきます。また風邪気味だし花粉症もあるけれど、頑張って行ってきます。そう、日帰りのつもり。はるかちゃん&こはるちゃんの仲が良くない“サビーズ”も帰りを待ってるだろうしね。(二匹のサビ猫をサビーズと呼んでるよ) 1ヶ月ぶりの神戸、嬉しい。頑張って行ってくるね。それでは皆さん、ごきげんよう。(^.^)/ 

|

« 仰天“大横綱 白鵬”春場所千秋楽 結びの一番(その1) | トップページ | 桜に春雨&「火花」など »

右近トーク」カテゴリの記事