« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

オバマさんの広島来訪に思うこと

こんばんは。いつもご訪問ありがとうございます。
右近庵の裏にある池や水田ではカエルたちがにぎやかになってきました。カエルも不思議がいっぱいで、全く鳴かない日もあれば、いっせいに鳴いている賑やかな日もあります。ただいま深夜ですが、今日は夜中に鳴いているグループが居るようです。時々リーダーらしきカエルの大きな声も聞こえます。牛ガエルは今年はまだ聞こえません。涼しげでのどかな右近庵です。

オバマさん、本当に演説が上手ですね。冒頭、まるであのリンカーン大統領のゲティスバーグにおける有名な演説を彷彿とさせる、聴衆を惹きつけるような言葉から始まりました。それから内容をしっかり聴かなければと耳を傾け、最後の部分、またまた感動的で胸に迫るものがありました。目を閉じて聴いているとある種の心地よさが感じられました。うん、お上手。彼はきっと人を惹きつける演説とは何かを熟知しているのでしょう。結局、核兵器縮小や廃絶に関して具体的な提案が無かったのは残念でしたが、おおかたの被爆した皆さんが言われるように、ここは広島に来てくださったことを大いに評価しましょう。

ただ、核廃絶は自分が生きている間は無理かもしれないと、やや後ろ向きの発言もありました。そうでしょうね。例の‘黒いバッグ’は広島にヘリで降り立ったときにも屈強なガードマンらしき人が大事に提げていましたね。あの頑丈なバッグはオバマさんがゴルフに行く時もそばにあるといいます。世界中、何処へ行く時もあのバッグは彼と共に移動しているのです。もし他国が核兵器で攻撃したら即座に指令を出し、アメリカから核兵器が発射されるという‘黒いバッグ’です。何だか演説と矛盾するようです。しかしそれが現実であり、唯一の被爆国の国民が強く願う核廃絶の夢は何十年、あるいは何百年もかかるかもしれません。オバマさんだけでなく、いま存在している世界中の人々が生きている間は叶わない願いかもしれません。もちろんオバマさんも私たちも核廃絶を願っているのだけれど。

あるアメリカ人女性が語っているのをテレビで観たことがあります。あなたがた日本人はあれだけのことをされても怒らず、耐えてきた素晴らしい国民だと。いいえ、まだ完全には許せないですよ。まだ怒っていますよ。広島・長崎で被爆して犠牲になった人々、後遺症で亡くなった人々、今も苦しんでいる人々、大切な人を失って悲しみが癒えない人々がたくさん居ます。ではなぜ怒らないのか。彼らは静かに怒っています。私だってずっと怒ってきました。今だって怒っています。でも、きっと被爆して苦しみを抱えてきた人々はあまりの怒りから、悲しみから、もう二度とこんなことは嫌だ、自分たちだけで充分だと未来の人々のことを思う気持ちが大きくなってきたのだと思います。今でも溜息をつかれることも、涙にくれることも多々あるのだと思います。しかし70年という長い年月が、憎しみや悲しみを、「もう二度とこんなことがあってはいけない」に変えていったのでしょう。

私も手ばなしでオバマさんの広島訪問を喜べない部分はまだありました。特に嫌だったのは、原爆により戦争を終わらせ、それ以上の戦争犠牲者を出さずに済んだというアメリカの一方的な自己満足が主流だった頃のことです。自国の兵士をそれ以上死なせなかったとしても、敵国の民間人なら30万という死者を出してもいいのかという点です。犠牲者には子どもや学生、そして女性たちが多く含まれていました。何の罪も無い民間人です。多くは国策による「一億火の玉」で、兵隊に出て男が居ない町で懸命に活動をして暮らしていた人々です。あの三輪車は三歳の男の子が乗っていたものです。あのお弁当箱には母親が心を込めて育てた野菜のおかずが入っていたそうです。

あぁ、また腹が立ってきました。日本人が原爆についてアメリカ人に尋ねると、きまって退役軍人たちから“Remember PearlHarbor!”という言葉とともの怒りをあらわに返します。太平洋戦争が勃発したあの日本軍による真珠湾奇襲攻撃について言うのでした。たしかに先にルール違反をしたのは日本です。勝ち目の無い無謀な戦争に軍部が突入していったことが始まりです。戦況が悪化してからも兵士や国民に真実を告げずに兵糧もなく、武器も無く、最後にはやせ衰えた身体、で日本刀一本で“天皇陛下万歳!!”と叫んで切り込み、死んでいった多くの兵士たち。あるいは、いよいよこれしかないと軍部が考え出したとんでもない作戦、特攻隊。こんなことを考える当時の日本はどうなのか。白旗を揚げずに最後まで闘う。この考えが原爆へと続く道につながったことは否定できません。たしかに降伏をしなければ、日本で唯一、悲惨な地上戦が繰り広げられ多くの犠牲者が出た沖縄と同様に、もっと多くの犠牲者が本土で出たに違いありません。アメリカ人兵士も多くの命を失ったでしょう。ペリリュー島などでの激戦で、日本兵はアメリカ兵を怖れさせたといいます。命を顧みずに向かってくるからです。アメリカもそれ以上もつれたくなく、早く戦争を終わらせたかったのでしょう。

でも、でもです。だからエノラ・ゲイですか?だから原子爆弾なのですか?広島だけでなく、なぜ3日後に長崎もなのですか?他国なら、他国の人間なら、どんなにひどい目に会おうとかまわないのですか?許せないのはそこなのです。原子爆弾はアメリカが研究開発に力を入れてきたもので、試したくて使いたくて仕方がなかったのです。アメリカの研究班や兵士たちは落とした瞬間、歓喜の渦だったといいます。更に許せないのは救助よりも直後の破壊力の調査や、治療よりも人間の身体に与える害を綿密に調べて記録したり、人を人とも思わないことをアメリカ軍がおこなったことです。さらに原爆の破壊状況や人体に与えた被害を長い間、アメリカ国民にはいっさいを伏せてきたことです。それらの点で私は良心なきアメリカという国をとても憎みました。アメリカ人が徐々に実際の被害を知り始めたのはここ最近の事です。彼らは学校で原爆の悲劇について学ぶ機会がなかったのです。今でも全く知らない人も多いと言います。幸いにも今は日本を訪れる観光客がふえ、アメリカ人だけでなく世界中の人が広島を訪れて原爆の恐ろしさ、悲惨さを知り始めました。これはいいことです。アメリカの若い世代においても原爆投下は正しいことではなかったという認識がふえてきたことも嬉しいことです。

またイカってしまいましたね私は。白鵬のイカり疲れがようやくとれたのにね。(笑)
過去のことをどちらが悪いと言いあってもなんにもなりません。現在、そして未来に向けて核兵器の使用があってはいけないという全世界共通の願いをかなえるためには、世界中の人が広島・長崎を訪問してくださることです。そして悲惨さを知ってもらうことです。それに広島にも長崎にも名所がたくさんあり、美味しいものもいっぱいあります。原爆を知ってもらい、被爆地だけでなく観光地として楽しんでもらえたらいいですね。もみじ饅頭だいすき。カステラだいすき。

でもオバマさんよくやってくれたと思います。4羽の鶴も可愛らしい。(^.^) 資料館も事前に充分に資料に目を通し、下調べバッチリだったに違いありません。結論として戦争はいけないということです。気がかりなのは日本の若い層に広島・長崎に原爆が落ちた日を知らない人たちがふえている事実です。平和ボケしてはいけませんね、私たち日本人。国じゅうで大人が戦争を原爆を語り、子どもや孫まで伝えていかなければなりません。本当にね。

カエルから穏やかに始まった本日のトーク。実は今夜は、「室内で5000歩実行中」という話をしようと思って出てきたのですよ。私は雑談を始めると、どの方向へ行くか分からない。生徒たちにはそこが面白いとよく言われました。でも今日は真面目な話になりました。一日5000歩の話はまた今度。それでは皆さん、ご機嫌よう。       

                                 体内年齢33歳の右近より  

|

2016年5月26日 (木)

オバマさんやら万歩計やらいろいろなこと

喋らないのに来て下さってありがとう。でも何も喋らないよ。
相撲? もう喋らないよ。イカり疲れたよ。(-.-)稀勢の里には来場所を期待しよ。(^_-)

ただいま午前11時を回ったところ。さっきまで晴れてたけど曇ってきたね。
ひと雨くるみたい。みんなの所はお天気どうかな。

出てこないときは具合が悪いか忙しいか、具合は悪いけど忙しいか、のどれか。今は文書作成がいくつかあって忙しい。今日はそこそこ体調はいい方かな。雨の前のチョット涼しい風、これが好き。梅雨が近いんだなと感じるよ。

伊勢志摩サミットで大阪まで厳戒態勢の様子。通天閣やUSJでも荷物検査で、お客さんはビックリ。あべのハルカスは、なんと臨時休業なんだって。スゴイね。

ところでオバマさん、資料館にぜひ訪れてくださいね。日本人は誰も貴方に卵をぶつけたり罵ったりしませんから。謝罪よりも見てほしい、知って欲しいということです。想像を絶する苦しみ、痛み、悲しみで往った14万の人々と、今もそれらと生きている人々と対面してください。貴方はトルーマンではないのだから誰も貴方を責めません。大統領ではなく、ひとりのアメリカ人、いや、ひとりの人間として知ってください。‘投下は正しかった派’に気を使うお気持ちはわかりますが、今はもうそれは狭小な考えです。それも多数の観光客の訪問などで人々が実態を知るにつれ、世論も変化しつつあるとか。とにかく知ってください。それに尽きると思います。原爆資料館を含む広島への来訪は、貴方の残す功績として、貴方の国の大半の人々が称える日が来ると思います。任期はまもなく終了します。広島で新たな歴史を刻み、アメリカの大統領来訪の足跡を残してください。それが私たちの願いです。

最後に真面目なことを喋りましたね。。喋らないよって言ったのに。うん、喋ったね。
今日も元気に過ごしてください。私は身体が動く日はとても幸せだと感じます。
今日は歩数計が届いたのでさっそく身につけています。ただいま580歩。家の中だけで、何歩までいくのか楽しみ。そうだ、今日から電動walker&runnerを再開しようかな。頑張らないと。みんなもガンバレ~。\(^o^)/それでは皆さん、ごきげんよう。   

             雨が降りそうなのに鶯やらいろいろな鳥が鳴いている右近庵より  

|

2016年5月20日 (金)

残念!稀勢の里

今日の白鵬対稀勢の里は残念ながら‘大横綱’が勝ちました。(この‘大横綱’という呼び方、政治家を揶揄して‘大先生’と呼ぶ感覚になりつつありますね私の中で) 善戦しましたが、経験の差から対応力の速さは大横綱にかなわない稀勢の里でした。大横綱をヒヤリとさせる場面もあったのですが残念。

相撲好きの著名人たちが白鵬に関して発言していますね。その中で能町みね子さんのご意見をご紹介しましょう。元男性だったみね子女史、現在は女性として活躍されていますね。彼女は大の相撲好き。大横綱のことも上品に、ゆるやかに批判されています。相撲界では横綱を批判するのは御法度なのか、コメントできる立場にある元横綱の北の富士さん、それからテンネンで有名な舞の海さんのお二人は、それなりの発言をされていますね。あとの親方衆や解説の元力士もその件にはふれずにいます。アナウンサーも同様です。NHKときたら相手が流血や脳しんとう起させるような暴力相撲でも‘気迫の相撲で圧倒的な強さ’と表現してるんだもん。なんだかなぁ…。「NHKなんで!」かな。(-.-)

しかしながらこれだけ非難されても改めない暴力相撲を舞の海さんは、自信がないからそのようなことをするようになったのだと一刀両断。まさにそのとおりだと思いますよ。あ、いけない。また喋りすぎ。能町さんのコメント紹介でした。あ、それから、私の風邪はよくなりまして少し動けています。ちょっと動いては横になりという感じで一日を過ごしています。持病のだるさは365日あるからね。相撲もあと二日。しっかり観たいと思います。小兵力士、みんなイイね。宇良、石浦、北播磨の小兵トリオはいつだって力いっぱい。さわやかですね。皆さんも応援してね。それでは能町さんのコメントです。読んで下さい。能町さん、お借りいたしま~す。それでは皆さん、ごきげんよう。よき週末をお過ごしください。

☆白鵬に関する能町みね子さんのコメント

|

2016年5月17日 (火)

両国のファンも怒っていますね

昨日はたくさんの皆さんがお越しになったようです。いつもの三倍ほどのご訪問でした。

今日、今から白鵬が土俵に上がるという時、場内から「横綱相撲を取れよ!」という大きな声が一喝。前日、得意の「かち上げ相撲」で一勝を得た大横綱に対する叱責の声。今場所も複数回この‘得意技’で勝っているが、そういう日には場内ではブーイングが起きた。それでもまたやる白鵬サン。その神経たたるや呆れてしまう。東京のファンもかなり怒っている。そうですよ、皆でイカりましょう。高いお金を払って力相撲を観に行くのだからね。

先場所の千秋楽、とんでもない相撲に大阪のファンは表彰式も見ないで客の大半が会場をあとにした。ガラ~ンとした場内で表彰される白鵬に厳しい声が飛んだ。その声にビクッとした白鵬の表情が大写しになった。‘優勝インタビュー’の際、白鵬は涙ぐんだ。それにいくらかの拍手が起きた。つらかったということを泣きながら述べる大横綱に、優しい日本人は赦してしまう人もたしかに居た。しかし、しかしだ。あれは自身の行為を恥じての涙ではなかったのだ。だから性懲りも無く同じことをまたやってはファンを失望させている。もう大横綱に騙されるのはやめよう。得意技‘張り手&顔面かち上げ’は今後もたびたび出るだろう。力士たち、今後はいつもあの‘得意技’が出るかもしれないとの覚悟で立ち合いを。彼はとりわけ日本人力士に憎しみ込めて得意技を見舞うので、その手には乗らないぞという意識を持って臨むべきか。‘かち上げ’来るかもな…と思って臨んで欲しいな。

‘かち上げ横綱’のことはネット上でもかなり厳しい意見が多く見られる。舞の海さんも北の富士さんも、するべきでないと解説のさなかに言っていたが、なぜか八角理事長はいつも白鵬を擁護し、今回もそのような発言をしている。八角さん、それではあなたの兄貴分である九重さん(元・千代の富士)は、何と仰せですかな。そのまた師匠の北の富士さんと同じ意見ですよ。故・北の湖理事長は、いけないことはいけないと叱責していましたね。‘猫だまし’の一件も、横綱が猫だましなどもってのほかだと一喝しましたね。唯一きちんと叱ったのが北の湖理事長でした。ところが八角さんは何だか大横綱に頭が上がらないようです。世間の声があなたには届いていないのでしょうか。そんなことはないでしょう。

現役時代のあなたの(北勝海)取り口も私はあまり好きではありませんでした。時々、立ち合いに変化も見せ、好ましくない取り口がありましたね。あなたの師匠、そのまた師匠は大好きでしたけれどもね。しっかりして下さいよ新理事長さん。相撲人気を維持するためには横綱は横綱相撲を取れぃ!と大横綱にハッパをかけないといけないのでは?その方があなたの株は上がり、増え続ける相撲ファンも喜びますよ。外国人観光客もふえている昨今、客席には外国の方々のお顔も多く見られます。横綱がつまらない相撲を見せては申し訳ないですよ。力士たちは国籍に関係なく、土俵の上では日本の国技を背負っているのですから、全力士が精一杯の力相撲を見せて欲しいものです。いい勝負も多くあるのに、ひと場所に何度か使う姑息で卑怯な取り口は、大横綱の業績を汚します。横綱はすべてにおいて先頭に立つべき存在で皆の手本になるべきです。八角理事長さん、不幸にも白鵬は叱ってくれよきる恐い師匠に恵まれませんでした。それが白鵬という横綱の不運であり不幸なのです。ですからあなたが少しなりともその役を果たさなければいけないと思います。

稀勢の里、今日もいい勝負でしたね琴奨菊戦。先場所から別人みたいに精神力が強くなり相撲も強い。いいなぁ。初優勝して欲しいなぁ。だけど白鵬戦では頭から突っ込まないでね。‘張り手&かち上げ’を食らわないで下さいよ。ほんと優勝して欲しい。宇良もよかったね。いやぁ、いいよ宇良。小さな体で力いっぱい溌剌相撲。それに比べて大横綱は、こころなしか目つきや人相もいくぶん悪くなられて…。心は顔に出ますからね。

今日はきのうよりさらに体調よくなくて、おまけに風邪までひいてしまってひどい頭痛です。それなのにまたボヤきました。あぁ、いでででで。これはちょっと薬が必要。 (*_*; 薬を飲んで、もう寝るね。おやすみなさい。 

|

2016年5月16日 (月)

恥を知れ『かちあげ横綱』白鵬

夏場所が始まり、ベッドから楽しんでいます。と言いたいところですが、例によって『恥知らずの大横綱』が連日みっともない手口で勝ち星を重ねています。もちろん白鵬サンのことです。相変わらずの張り手にかち上げと、横綱とは思えない取り口に、ネット上ではすでに数年前から相撲ファンの間で非難ゴウゴウです。

これまでいったい何人の力士がこれを食らったのだろうか。危険極まりなく、観るものを不快にさせるだけの相撲。それにもかかわらず相撲界には誰も意見する人が居ない。しっかりしろ日本相撲協会。『大横綱』は相撲を劣悪なものに変えていっているのを知らない筈はない。左手で張り手を食わして驚かせ、すかさず右ひじで相手の口、鼻のあたり、つまり顔面に強烈なかち上げを見舞うといった、相撲でも何でもないただの暴力を黙認し続けるているのはなぜか。かち上げが反則ではないにしても危険すぎ、観る者を馬鹿にしているではないか。日本の相撲を舐めるのはやめろ。そんな暴力的な相撲はかつて誰も得意技にしていない。

これを食らっていつかは当たり所が悪くて大怪我をしたり、再起不能になってしまう力士も出るのではないかとそれが一番心配だ。今日も勢関にかち上げを見舞い、脳しんとうを起こしたようにくず折れた。相撲にならずに恥知らずの横綱が一瞬にして勝った。力士たちよ、立ち上がれ。皆でこの危険で姑息な勝ち方をするとんでもない横綱に対する手を考えよ。でもあなた方は同じ手を使ってはならない。恥ずかしい力士になってはいけない。だから防御方法を皆で考え、この卑怯な横綱を弱体化させ、引退へと追い込んでいけ。私もこの件を協会に意見してみましょう。(かつて私はある過ちを指摘し、改善された経験がありますぞ。エヘン) 

稀勢の里、ガンバレ。今場所はなかなかいい。目をシバシバしなくなったし、感情も乱さない。どーしたの?いいぞ、いいぞ。早く横綱になって正々堂々の横綱相撲を見せつけてやれ。これぞ正統派という横綱相撲を私たちに見せてほしい。勝ち星や記録だけしか頭になく、ひたすら横綱とは思えない取り口を続けてほくそ笑む横綱は歴代でこの人間しかいない。恥を知れ。まだ目が覚めないこの人間に私は何も希望を見出せなくなった。願いはひとつ。一刻も早く土俵を去っていただきたい。日本古来の『横綱』の精神をを汚す相撲を続けるならば早く引退を。その日が来るのが、ほんに私は待ち遠しい。

白鵬さん、もう貴方は横綱じゃない。大鵬さんの鵬の字が泣いていますよ。どこが伝説の鳥、「鵬」なのですか。貴方はどうかしていますよ。あぁ、情けない。貴方は不幸ですね。『囚われ』から解放されることはもう無いのでしょう。哀れですね貴方は本当に。今の貴方はそう、まさに裸の王様。面と向かって指摘する人が居ない恥ずかしい裸の王様。でもみんな分かっている。分かっていないのは貴方だけ。あぁ、恥ずかしい。

ごめんなさい皆さん。体調よくないのに怒ってしまいました。あまりの立腹に、これ以上書けません。熊本地震の本震から一ケ月の日ですが相撲を語ってしまいました。それでは皆さん、ごきげんよう。  怒れる右近より  (え?元気やんって? いや、そうでもない。調子わるい時ほど相撲の存在は大きいからね、私にとって。ったくもう…)

|

2016年5月10日 (火)

雨ですね

全国的に雨模様となっています。梅雨の様に雨が続いていますね。
雨が降ると被災地の皆様が心配になります。

日頃はご訪問ありがとうございます。
皆さんにはお変りなくお過ごしでしょうか。

私は体調が安定せず、思うように動けない日々です。
来月で発病から20年。それを思うと仕方が無いことかな。
むしろ、まだひとりで頑張れてることに感謝しなければ。

もう少し元気になれば出てきます。
やらなければならないこともたくさん待ってるし。
それでは皆さん、ごきげんよう。

                             右近

|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »