« 雨ですね | トップページ | 両国のファンも怒っていますね »

2016年5月16日 (月)

恥を知れ『かちあげ横綱』白鵬

夏場所が始まり、ベッドから楽しんでいます。と言いたいところですが、例によって『恥知らずの大横綱』が連日みっともない手口で勝ち星を重ねています。もちろん白鵬サンのことです。相変わらずの張り手にかち上げと、横綱とは思えない取り口に、ネット上ではすでに数年前から相撲ファンの間で非難ゴウゴウです。

これまでいったい何人の力士がこれを食らったのだろうか。危険極まりなく、観るものを不快にさせるだけの相撲。それにもかかわらず相撲界には誰も意見する人が居ない。しっかりしろ日本相撲協会。『大横綱』は相撲を劣悪なものに変えていっているのを知らない筈はない。左手で張り手を食わして驚かせ、すかさず右ひじで相手の口、鼻のあたり、つまり顔面に強烈なかち上げを見舞うといった、相撲でも何でもないただの暴力を黙認し続けるているのはなぜか。かち上げが反則ではないにしても危険すぎ、観る者を馬鹿にしているではないか。日本の相撲を舐めるのはやめろ。そんな暴力的な相撲はかつて誰も得意技にしていない。

これを食らっていつかは当たり所が悪くて大怪我をしたり、再起不能になってしまう力士も出るのではないかとそれが一番心配だ。今日も勢関にかち上げを見舞い、脳しんとうを起こしたようにくず折れた。相撲にならずに恥知らずの横綱が一瞬にして勝った。力士たちよ、立ち上がれ。皆でこの危険で姑息な勝ち方をするとんでもない横綱に対する手を考えよ。でもあなた方は同じ手を使ってはならない。恥ずかしい力士になってはいけない。だから防御方法を皆で考え、この卑怯な横綱を弱体化させ、引退へと追い込んでいけ。私もこの件を協会に意見してみましょう。(かつて私はある過ちを指摘し、改善された経験がありますぞ。エヘン) 

稀勢の里、ガンバレ。今場所はなかなかいい。目をシバシバしなくなったし、感情も乱さない。どーしたの?いいぞ、いいぞ。早く横綱になって正々堂々の横綱相撲を見せつけてやれ。これぞ正統派という横綱相撲を私たちに見せてほしい。勝ち星や記録だけしか頭になく、ひたすら横綱とは思えない取り口を続けてほくそ笑む横綱は歴代でこの人間しかいない。恥を知れ。まだ目が覚めないこの人間に私は何も希望を見出せなくなった。願いはひとつ。一刻も早く土俵を去っていただきたい。日本古来の『横綱』の精神をを汚す相撲を続けるならば早く引退を。その日が来るのが、ほんに私は待ち遠しい。

白鵬さん、もう貴方は横綱じゃない。大鵬さんの鵬の字が泣いていますよ。どこが伝説の鳥、「鵬」なのですか。貴方はどうかしていますよ。あぁ、情けない。貴方は不幸ですね。『囚われ』から解放されることはもう無いのでしょう。哀れですね貴方は本当に。今の貴方はそう、まさに裸の王様。面と向かって指摘する人が居ない恥ずかしい裸の王様。でもみんな分かっている。分かっていないのは貴方だけ。あぁ、恥ずかしい。

ごめんなさい皆さん。体調よくないのに怒ってしまいました。あまりの立腹に、これ以上書けません。熊本地震の本震から一ケ月の日ですが相撲を語ってしまいました。それでは皆さん、ごきげんよう。  怒れる右近より  (え?元気やんって? いや、そうでもない。調子わるい時ほど相撲の存在は大きいからね、私にとって。ったくもう…)

|

« 雨ですね | トップページ | 両国のファンも怒っていますね »

相撲」カテゴリの記事