« “かちあげ横綱白鵬”得意技かちあげで自滅 | トップページ | 嗚呼、稀勢の里 »

2016年7月18日 (月)

2横綱がそろって黒星

連休お疲れさまでした。連休もお仕事だった皆様、さらにお疲れさまでした。

さて今日は波乱の大相撲でした。白鵬、日馬富士の2横綱が共に負けるという結果でした。白鵬対勢は怪我だらけの勢を考えると勝ちは白鵬かと皆が観ていただろう。今日は‘必殺かかちあげ’はせずにぶつかるも、途中、引いて身体を離したのは横綱の方。また張られたりかちあげられるかと勢は目をシバシバさせ、それでも果敢に応戦。するとどういう訳か横綱はみずからバランスを崩してそのまま転がってしまうという結末。転ぶ時、右肩を思いきり打ったように見えましたが、例によってどこも痛くないと涼しい顔で引きあげましたね。足の親指が返ってしまったとの弁ですが、そちらも怪我があるのかどうか。勢、やりました。金星です。あっぱれ。\(^o^)/

続いて日馬富士と嘉風が対戦。嘉風は先日に切った目の上を気にもせず、果敢に横綱に応戦しましたね。この対戦も体が離れたあと、足をス滑らせたのか横綱が前にばったりと手をついて負け。嘉風は金星をまたひとつふやしました。インタビューでお岩さん状態の目について聞かれると、大丈夫です、土俵で相撲がとれるだけで幸せですと答えていました。いい力士ですねぇ。うん。いいよ嘉風。いつも彼は精一杯の力相撲を見せてくれます。だから人気があるのですね。\(^o^)/  今日は宇良対石浦戦もよかったなぁ。

ところで私は白鵬がどんな時に左で張って右肘で顔面に強烈なかちあげを見舞うか記録し始めています。過去に負けたことのある力士、好調な力士、それから何となくいけ好かない力士もいるのかもしれません。その他の要素としては解説の親方やゲストが誰であるかによってもあの卑劣な流血顔面かちあげをおこなう日が選ばれているようです。自身の親方である宮城野さんが解説の時、しませんでした。また、境川親方が正面の解説の日にも親方の部屋の力士である妙義龍にはしませんでしたね。それらが偶然かどうかわかりませんが、関係あるならよけいに卑劣なやり方だと思います。

宮城野さんは白鵬にとって恩人なのに、少しも尊敬しているように見えません。親方には悪いですが白鵬は、威厳のない親方だと捉えているのだと思います。そこに白鵬の横暴さがあらわになってきた要因があるのだと思います。つまり白鵬には怖い人が居ないのです。ですから横綱が立ち合いで変化を見せる、下の力士たちを流血や脳しんとうを起こさせるほどのかちあげをしても一向に恥じないのです。勝ちたい一心で何でもするのはダメだと叱って諭す存在が白鵬には居ないことが大きな不幸なのです。だから美しい大横綱になれないのです。ほとんどの観衆は卑怯な手を使っても、日が変われば、そして目の前に横綱を見ると忘れて声援を送っています。私は違います。また嫌な手を使うのじゃないかと観たくない気がするのです。そんな気持ちで観戦する横綱なんて居なかったなぁ。そういう意味では横綱の掟破りで彼は、ある意味偉大な横綱なのかもしれません。

白鵬さん、右肘のサポーターは‘かちあげ’をしすぎて傷めているのではないですか。もうあれはやめて、いつも美しい横綱相撲を見せてください。自信の無い時ほど貴方は汚い手を使います。それは貴方の尊敬する双葉山や大鵬さんに、それかた唯一苦言を呈した北の湖さんに恥じることだと肝に銘じてください。そうすれば貴方が朝青竜に我武者羅に向かっていった頃のように、みんなが貴方を応援すると思いますよ。今日は今まで見たことのない転び方でしたね。あちこち不都合があるのではと思います。しかし横綱です。汚い手を使わずに向かって来る力士たちと大相撲をとってください。

西日本では梅雨が明けました。蒸し暑さが和らぎ、夏らしい一日でした。
今週もお元気でお過ごしください。それでは皆さん、ごきげんよう。     

|

« “かちあげ横綱白鵬”得意技かちあげで自滅 | トップページ | 嗚呼、稀勢の里 »

相撲」カテゴリの記事