« ‘Mr.Tambourine Man’ Bob Dylanやら‘レイノー’やら | トップページ | 依然、不調なり »

2016年10月24日 (月)

「らしい」ね、ディラン

こんばんは。夜になると一枚はおらなければなりません。秋ですね。
さて、ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランが未だ連絡をしてこないと怒っているスェーデン・アカデミーのコメント。言葉を足して回避しようとした模様。「でもそれが彼だ」とかナントカ。分かっているなら最初からそういう非難する言葉は控えるべきでしたね。

そもそも芸術家というのは変わり者ばかり。ノーベル賞をあげるぞと言われても、もろ手を挙げて喜ぶ人たちばかりじゃないと思いますよ。特に文学系には変わり者が多いです。ボブも詩人として評価されたわけだから変わり者。それに詩人なんて超shyでしょ。戸惑っているのか、そんな賞をもらう自分と格闘しているのか、とにかく混乱、当惑、葛藤の真っ只中かもしれません。ライヴなら心からの笑顔だけれど、どんな顔して受賞すればいいんだよなんて、今けっこう彼はツライ状態かもしれません。

そこが彼の魅力だって分からないのかなぁ。他の分野の賞と違って極めて繊細な人に贈る賞だから、スッと「ありがとうございます」とは言えない人も居ると思わなきゃ。傲慢なんて、それこそアカデミーの方が傲慢だと思いますよ。賞なんてみんな「くれてやる」じゃなくてどうぞ貰って下さい、でしょ。いろいろミュージシャンを思いうかべてみると、あの人もスッとは出てこないだろうと思われる人はたくさん居るもの。このニュースを観て私は「らしいね、ディラン」と言って微笑んでしまいました。もちろんひとり言。はるかちゃん=^_^=は聞いていたけれど。

秋は過ごしやすいけれど体調維持が難しい季節です。お気をつけください。
涙液や唾液が激減してツライです。(*_*; それでは皆さん、ごきげんよう。

|

« ‘Mr.Tambourine Man’ Bob Dylanやら‘レイノー’やら | トップページ | 依然、不調なり »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「らしい」ね、ディラン:

« ‘Mr.Tambourine Man’ Bob Dylanやら‘レイノー’やら | トップページ | 依然、不調なり »